トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:12/31

**
▲▽どうするどうなる中年童貞!▽▲

※ 【コラム】「日本のせい」ではなく、日本を畏怖させる外交を
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/30/2015123001044.html

 人を脅さなきゃ気が済まない人々なのね。

>筆者はしばしば、日本の首相が予定外で来韓し、元慰安婦の女性たちが暮らし
ている京畿道の「ナヌムの家」を訪れ、頭を下げて謝罪する姿を想像していた。

 こんなこと総理大臣がやれば、次は、日王が土下座するニダ!w、にエスカ
レートするのは解り切っている。日本は『助けない、教えない、関わらない』の
非韓三原則を教科書の片隅にひっそりと載せることをそろそろ考えなきゃなね。
 相手をするからつけ上がるんだから。合意が韓国内の世論の反対で潰れたら、
また一層日韓関係は悪化し、次の修復という名の土下座のハードルはさらに高くなる。

※ 自衛官応募高校生が急減 中部方面隊、19%減
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201512/0008686001.shtml

 この話は、全体の倍率で見なきゃならないんですね。で倍率的にはクリアして
いるんだけど、一定の質の人材を集めるには、それなりの倍率の中から選抜しな
ければならない。それを考えると、危険ラインにあるとは言えるでしょう。だか
ら、募集の現場はかなり必死だろうと思います。
 一方で、景気が良くなれば、公務員人気が一段落するのは当たり前のことで、
マスゴミさんは、応募が減ってザマァw、だろうけれど、国全体にしてみれば、
明るい兆しと言えるでしょう。

※ 日本で「中年童貞」増加か 「深刻な社会問題に発展」と指摘も
http://news.livedoor.com/article/detail/11004005/

 この問題は、実はもの凄く深刻な問題なのね。日本の人口問題を考える上で言
えば、同性婚問題より遥かに深刻な問題です。だって中年童貞にせよ中年処女に
せよ、同性愛とは桁が全然違うでしょう。
 当然、未経験であるが故に婚期が遅れ、結果として子供を作ることが出来ない
夫婦も増えるわけです。
 恐らく一つには、現代の性風俗が、組織暴力排除や宗教的背景もあって、まる
でビクトリア朝時代みたいな窮屈さを持ちつつある。その唯一のはけ口たるAV
なんて、所詮バーチャルに過ぎないわけでしょう。都市化が進んで若者の隠れ家
が減り、女が男に求める条件も、あり得ないほど高くなったしで。
 早晩、国が、童貞対策処女対策を審議会を作って大まじめに議論せざるを得な
い日が来るでしょう。

 もちろん唯一の解決策は、夜這いの復活しかないわけですが(^_^;)、それはそ
れで今更難しいから、学校教育を180度展開して、「不純異性交遊促進運動」
でもするしかない。ソープとかの割引きチケットをキャンパスでばらまけば、少
しは改善するんだろうか。
 いずれにせよ、ことは極めて深刻で、われわれはこの問題に大まじめに取り組
んで、解決策を考えるべきだと思います。

※ 陸自が極秘に邦人「救出」訓練 安保関連法成立を受け、武器使用方法に重点
http://news.livedoor.com/article/detail/11014800/

 自衛隊にそのノウハウは無いから、米軍からコーチを招いてのことでしょうね。

※ 北海道・旭岳で雪崩、“巻き込まれた人”情報で捜索
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/tbs-20151231-49717/1.htm

 今時、ビーコンなんて安いのに、なんでその程度の備えもなく山スキーとかす
るんだろう。

※ 生徒から「片腕の人の授業は、気持ち悪いので聞きたくない」との声が出たと
のこと、職場から連絡があった。その生徒より、その発言を平然と伝えてくる職
場の方に腹が立った。
http://togetter.com/li/918993

 このお方の政治信条はともかく、職場ということは、みんな教育者だろうに、
それをまんま伝えてくるという姿勢はちと信じられない。

※ 米人気ドラマ「グリー」出演のマーク・サリング 児童ポルノ所持容疑で逮捕
http://news.livedoor.com/article/detail/11012343/
*米人気コメディアン、ビル・コスビー容疑者を訴追 女性暴行容疑で司法当局
http://www.sankei.com/world/news/151231/wor1512310014-n1.html

 アメリカ社会というか、アメリカの芸能界も、薬物には恐ろしく寛容なのに、
性犯罪はもう駄目なのね。

※ 本紙政治部記者が選ぶ政治家オブザイヤーは? ワーストはダントツであの人…
http://www.sankei.com/premium/news/151231/prm1512310021-n1.html

 よし! それでこそ産経だ!w。

※ 来年の世界経済成長、期待はずれに=IMF専務理事
http://jp.reuters.com/article/imf-lagarde-idJPKBN0UD0RS20151230

 中国は当分在庫調整が続くだろうから、あまり明るい材料はないでしょうね。

※ 「社員うつ病に…」とブログに書いた社労士、会員資格停止に。それに対する反応集。
http://togetter.com/li/919129

 今後はブラック・コンサルとして荒稼ぎだろうな。

※ いやらしい?銚子電鉄に電飾車両 予算30万円で手作業
http://www.asahi.com/articles/ASHDS5JQBHDSUEHF00K.html?iref=sptop_6_05

 意味が分からない。何をやりたかったんだろう。

※ 前夜の満腹後重量77.1キロ

 水曜。年賀状をなんとか夕方までにプリントし終える。いつものように文面な
し。電車に乗り、18時直前に、川崎駅東口の郵便局本局(結構歩く)に辿り着
いて投函。その後、いつものコミケ流れのオフ。何処かで見た人が奧に座ってい
るなぁ、と思っていたら、青井邦夫さんだった。トム・ハンクスの「ブリッジ・
オブ・スパイ」とリドリー・スコット監督&マット・デイモンの「オデッセイ」
は非常に出来が良いという話なので、皆さんも行きましょう! 前者は新春2週
目から、後者は2月の頭に封切りです。個人的にも、来年の前半は、「オデッセ
イ」が最高の期待度です。オデッセイの方は、プロメテウスはどうよ? とファ
ンの一部から囁かれていたリドリー・スコットが、完全復活したと北米でも高評
価です。

※ さて、この一年、国内的には、安保法制に揺れた一年でした。そして安保法
制の影に隠れて、アベノミクスの失速が明確になった年後半でした。
 安保法制に関しては、今後は自衛隊の問題です。米軍と供に戦場へ向かう自衛
隊の体制をどう整えるか。
 より大きな問題は、経済です。3%消費増税して、また2%でしょう。という
ことは、単純な話、サラリーが最低5%は増えないと、税収は増えても景気は良
くらならないということでしょう。所が、賃上げの5%は果てしなく遠い。実際
には、社会保障関係も上がっているから、リーマン的実感から言えば、最低10
%の賃上げが無ければ、とてもこの負担増ではやっていなけない。
 来年は間違いなく夏に衆参同時選挙がやって来ます。私は、安倍総理が、再び
増税の延期を決断してくれることを願っています。その決断は一方で、アベノミ
クスの失敗を自ら認めることになるだろうけれど、ならいつなら上げられんだ?
 という問題より、これ以上の景気の腰折れを防ぐことの方が最優先です。

 海外に目を向けると、オバマ政権のレームダック状況は更に進むでしょう。ロ
シアのシリア作戦が成功するか、それとも泥沼化するかの正念場でもあります。
 南沙は、このままフェードアウトするでしょう。アメリカがまず紛争の拡大化
を望んでいない。中国は着々と施設を強化するだろうけれど、アメリカは見ない
振りをし続けることで、フェードアウトされるのだと思います。

* 年末最後、公務員の皆様に感謝する日です。今日、大雪山系で捜索に当たっ
ている自衛隊、警察、消防の皆様、尖閣沖で警備に当たる海保隊員、緊急病棟や
ICUで患者さんを見守るナース&医師の皆様。介護施設で深夜勤務に就く介護
士の皆様。今宵も私たちの社会のために尽くし、街や集落の平和を見守る全ての
人々に、感謝を申し上げます。
 来年のメルマガ&ブログのスタートは、例年通り、3日からになります。今年
もお世話になりました。良い新年をお迎え下さい。

※ 有料版おまけ エンジニアの夢

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17047人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    24200人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7053人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事