トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:8/2

**
▲▽タレント文化人の末路▽▲

 日垣先生たら、私とは何の縁故も無いなんて、なんて薄情な!? ファンとして
悲しすぎる(>_<)。まあ、縁故は無いが怨恨はあるってか(^_^;)。というか、
誰かエア女子や似非ファン抜きでFacebook に籠もる方法を教えてあげる親切な
読者とかいないのか。あれじゃツイ言ったーより酷いじゃないか。

 でナツメ社の件ですが、会社の方に、メールや電話が相次いでいるようなので、
ひとまずご遠慮して下さい。今回は、それを呼びかけたいので、ブログにも記事
を掲載します。会社として、アウトラインだけは把握できたようなので。「会社
として、それを許諾した覚えは無い」というのが、月曜時点での反応らしいです。
 ただ、どうも状況を完全に理解しているとは言い難い感じで、掛かってくる電
話に関して、「何かの団体さんですか?」な反応もあるそうです。恐らく、イン
ターネットの中の話とか門外漢な人々だけで、何が起こっているのか理解できて
いないというのが率直な所でしょう。ナツメ社は、IT関係の本も昔から一杯出
しているので、決してそちらに弱いということではないけれど、たまたま該当編
集部が弱いということなのでしょう。申し訳無いけれど、「自炊」という言葉の
意味すら編集部が正しく理解しているとはとても思えない。

 ただ、言うまでも無く、これは会社にとってことは極めて重大です。
 というのは、われわれ書き手と出版社を結びつけるものは何かと言えば、突き
詰めれば版権管理です。版権管理というのは、われわれライターにとっても編集
者にとっても、普段は空気のような存在です。言ってみれば自然法。誰も契約書
なんか見やしない。「汝殺すなかれ」な業界の大前提に過ぎないから。けれど、
いざ万一それが侵犯された時に、出版社が全力で守ってくれると信じているから、
われわれはこの電子書籍の時代に於いても、ライターと出版社との関係は不変だ
という前提で仕事している。
 ナツメ社のウェッブサイトには、この件に関して未だに何の声明も無い。その
ダウンロードは違法だから止めて下さいの一文すら無い。
 弁護士を立てなければならないのはしんどい話です。新聞沙汰になった時に、
会社にとって何か利益があるか? 何もありません。ただ金が掛かり、商品を不
当に盗まれたという不名誉なニュースが拡散するだけです。
 ただ書き手として言わせて貰えば、現実にこういう問題が起こった時に、もし
会社が毅然とした対応を取らないとなると、われわれライターにとって、ナツメ
社というのは、それだけの会社ということになります。いざという時に、肝心要
の版権すら守ってくれない会社で仕事は出来ません。
 今は買い手市場だから、御社から本を出させて下さいというライターはいくら
でもいるだろうけれど、ろくな書き手は寄って来ないと会社は覚悟した方が良い。

※ 首相「9月以降も続投」…特例公債法不成立なら
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110801-OYT1T00375.htm?from=top
*「執務室に『忍』の字」=夫婦で海江田氏批判−菅首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011080100806

 最近思うんですけど、プロ市民って、他者の共感を得て支持を広げるのではな
く、他人を欺くことが本分な人々なんだろうかとげんなりしているんですが。

*石原幹事長、石破氏は「政局わかっていない」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110802-OYT1T00150.htm?from=main4

 石破さんは、その理屈っぽさで党内で好かれているわけじゃないから、ここは
バカを装える(地かも知れないけど)石原さんの勝ちよね。

※ 新藤議員「入国禁止なら大きな外交問題」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110801/kor11080112540003-n1.htm

 昨日のブログのコメント欄を読んでいたら、すんごく憂鬱な気持ちになったん
ですけどね(^_^;)。
 まず、外交には達成すべき戦略目標というのがあります。なきゃいけないんで
す。それに向かって粛々とことを進めるのがDiplomacy です。
 韓国絡みで言えば、われわれにとって優先すべきことは、まず韓国経済の安定
とさらなる発展、北の非核化、拉致問題、そして竹島の問題です。
 これはリアル・ポリティックスです。

 これがネトウヨな立場になれば、拉致問題>竹島>非核化>韓国経済とっとと
潰れろw、な順番になるだろうけれど、残念ながら、解決可能性と優先順位を勘
案すれば、まず経済、非核化、拉致問題、最後に竹島ということになる。
 竹島が平和的に還ってくる可能性はあるか? 絶対ありません。可能性で言え
ば、北方領土が平和的に返還される可能性の方がまだ高いでしょう。何しろロシ
アと日本は戦後ずっとそれで交渉して来たのですから。竹島には交渉の余地すら
無い。あれを奪還するには、武力行使するしかありません。それをやって韓国と
の関係をパーにして、なお竹島を守るための軍事力をあそこに貼り付ける余裕は
今の日本にはありません。

 もちろん今回、引き金を引いたのは、韓国です。まず議員の北方領土訪問があ
り、大韓航空機の竹島飛行があった。大統領府はこの二つを阻止すべきだったけ
れど、そうしなかった。今の李明博政権は、竹島問題を難局から国民の視線を逸
らすための政治カードとして使わない方針で来たけれど、つい昨日も閣僚が竹島
上陸したというニュースがありました。資源高で韓国経済も相変わらず楽ではな
い。李明博としても、綺麗事を言っていられなくなったという部分があるかも知
れません。それに、あちらのメディアはこと日本がらみとなると、常時沸騰状態
だから。
 一発殴り返すという程度のことは良いだろう、という気持ちは解らないのでも
ない。国際社会に領土問題の存在を認知させたなんて話にはげんなりするけれど。
でもそれは、やっていることは韓国と同じです。極めて次元の低い殴り合いに過
ぎない。
 相手を挑発して、先に手を出させて竹島を武力奪還しに行くという戦略があれ
ばそれはそれで結構でしょう。でも、そんな戦略は日本には無いでしょう? 今
利用価値が無いあの小島を奪い返すために自衛官が血を流す価値はない。

 それで韓国の挑発に乗った結果どうなるか? 喜ぶのは北朝鮮と中共です。挙
げ句に、10年後かも知れない韓国海軍のヘリ空母の誕生が5年早まるかも知れ
ない。コルベットの配備に回すべきだった予算が削られ、北方境界線はがら空き。
自衛隊と戦争するために、分不相応なストライク・イーグルがまた増え、韓国経
済を痛めつける。
 韓国がそうまでして軍備増強に走っても、われわれはそれに対抗して軍事力を
強化できるような予算はもうありません。
 議員一人一人がバカなのは仕方無いけれど、共感できる部分も礼賛できる要素
も何処にも無い。韓国がバカなのも仕方無い。しかしせめてわれわれは、その挑
発や瀬戸際政策が何も生まないことを認識すべき。

*政府:韓国の自民議員入国拒否、極めて遺憾、再考求める−枝野氏
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=apvdYNh5yu1I

 外相も韓国大使を呼んで抗議したという話だけど、こんなのは黙殺すりゃいい
んですよ。大義名分がどれだけご立派だろうが、喧嘩売りに来た国会議員を入れ
る入れないの判断は主権の問題に過ぎない。日本だって将来、彼らの入国を拒否
したくなる瞬間が来るかも知れないんだから。

※ 紙を舐めるなって? 笑止千万

>勝谷誠彦さんのメルマガ。<今日で『スッキリ!!』やめます>。〈理由は簡単
で「昨日の私のパーティに取材に来なかったから」〉〈信義の問題だ。だから私
にしては珍しく直接CPと交渉した〉〈こういう形で私はサヨナラする。紙をなめ
るな。腐っても私たちは紙にしがみついている人間なんだよ。< 有田氏の昨日
の Twitter より。

 営業右翼な人が、ディアスポラの出版記念パーティを開いたんですって。した
ら、自分が出ている番組から取材が入らなかったと、で番組降板しますと。
 まず、われわれ物書きは、本一冊出したからって、いちいちパーティなんか開
かないw。私なんてデビューして25年にもなるけれど、一度もそんなの開いた
ことないですね。自分の名前でパーティなんてまっぴらです。そうやってパーテ
ィの類を開くのは、滅多に本出さない人。たとえばタレント文化人とかw。
 で彼は、文化人ギャラに甘んじているんだから取材くらい来いよとを怒ってい
るらしいんだけど、それでいちいち取材に来るのは、相手がタレントだからでし
ょう? それに、実は帳尻は合っているんです。それでテレビで名前や顔を売っ
て、本や講演会で稼ぐ。そういう人々にしてみれば、こっちから金払ってでも良
いからテレビに出してくれ、というのが本音。
 だから、彼が自分の取材をバーターに持ち出すこと自体が業界的に非常識(こ
こはもう話題作りのための番組側了解のヤラセにしか思えない)。
 だいたい、自分のマネージャーが暴行受けた時に、口にチャックで、それを小
田嶋さんが揶揄したら、本人はスルーして編集部に抗議するようなヘタレな男で
す罠。マルコポーロ事件の時には、編集長に殉じて義を貫いた男が、いざプロダ
クションに飼われる立場になったら、自分のマネージャー一人守ろうとせずにポ
イ捨てし、やれ国の安全がどうの、義がどうのと威張り散らしていること自体が
滑稽の極み。
 あんたは、どう見ても紙にしがみついてなどいない。それは紙で商売している
人々への酷い冒涜だと言わせて貰おう。

 で、ディアスポラですが、悪く無いですよ。時節柄なテーマだし、こうやって
話題作りに励んでもいるし売れるでしょう。ただ、文春出身の作家は何人もいら
っしゃるけれど、諸先輩ほどの才能は感じない。なぜ彼が作家という肩書きに固
執するのか解らないけれど、コラムニストがお似合いでしょう。営業右翼という
部分を差し引けば、コラムニストとしての才能は傑出している。

※ 純国産次期哨戒機、機体にひび…配備先送りへ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110801-OYT1T01228.htm

 あらら。機体と言ってもいろいろ場所がありますからねぇ。どこのことだろう。
こちらは機体開発は順調ということだったのに、早くもひびとなると、また重量
増ということになりそうですね。大人しくアメちゃんのP−8に乗ってりゃ良か
ったのに。

※ 英誌、欧米「日本化」をやゆ…決断嫌がる政治家
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110801-OYT1T00852.htm?from=main2

 エコノミスト誌だから話半分にしても、危ないのはもっぱらドイツなんです。
イギリスは自国の状況に苦しみつつも、恐らく今、通貨統合に加わらなかったこ
とに胸をなで下ろしていることでしょう。
 ドイツは、EUを舞台に儲けまくったことで、結果的に借り手に自らの生殺与
奪を委ねる状況に陥ってしまったことに気付いていない。EU経済の現状は、実
はドイツ財務省を危機に陥れている。ドイツが、損切りなり本腰を入れて財政支
援をしなければ、ドイツはギリシャなんぞという放蕩な借り手と共に没落するで
しょう。その現実を受け入れない限り、彼らは、不良債権処理を渋った日本と同
じ命運を辿ることになる。

※ 円、再び76円台に上昇 米景気不安でドル売り増 
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE2E3E2E6818DE2E3E2EAE0E2E3E39F9FEAE2E2E3

 まず、アメリカのデフォルトなんて起きないでしょう。今発売中の週刊AER
Aでぐっちーさんも書いているけれど、アメリカはまずドル札を刷れる。だから
理論上、アメリカの倒産はありえない。
 連邦政府のシャットダウンはクリントン政権時に経験済みだし、あの時の方が
遙かにホワイトハウスと議会の関係は悪かった。
 要は、そうなった時に、信任が若干落ちる程度に過ぎない。米国債の格付けが
一段落ちた所で、そう大きな影響は無い。せいぜい円高が進む程度で、それは日
本にとっては大きな問題だけれど、世界経済を云々する話では無い。
 こんな出来レースな話より、GDPの伸びが予想を大きく下回ったというニ
ュースの方が遙かに重大でしょう。私なんか、このニュースを小さくするための
議会とホワイトハウスが組んだ茶番劇だろうと思っているくらいで。

※ 高岡蒼甫氏騒動でクライアントが慌て出す?スポンサー離れか
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0801&f=entertainment_0801_009.shtml

 うんなことは無いでしょう。所詮ネットの中の嵐ですよ。

※ 「楽園」伊丹空港、絶滅危惧種のチョウ大繁殖
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20110801-OYT1T00240.htm?from=top

 そうとわかったからには、これはもう即刻飛行停止w ただちに閉鎖して絶滅
危惧種を保護せねば。

※ 小1男児溺死プールは監視員1人 バイト欠員と別作業が重なり
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110802/crm11080209200006-n1.htm

 ぐらしかぁ。監視員が一人しかいないというのも無責任が過ぎるけど、これは
100%保護者の責任です。今時、小一を一人でプールになんか行かせないでし
ょう。

※ 「人肉カプセル」、韓国で売買=中国から密輸、捜査へ−月刊誌報道
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201107/2011072100557

 赤ちゃんカプセルとか本当か? それ。実はただの人糞カプセルで、混入した
腸壁の欠片を拾ったとかじゃなかろうか。

※ 自衛隊の被災地での活動終了、撤収式…宮城
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110801-OYT1T00423.htm?from=main5

 知事の慰労が、為政者のスピーチじゃなく、幹部自衛官のそれなんですよね(^_^;)。

※ 何なのか? 横粂会見で気になる週替わり美女司会者
http://gendai.net/articles/view/syakai/131791

 その肝心の美女の写真はどこよ?w。記者に来て貰ってナンボとは言え、それ
しか話題にならないというのは政治家としてどうよ、と思う。

※ もっと彼女に愛されたい男子がするべき7つの事
http://youpouch.com/2011/07/30/080036/

 昨日、実はこれを読んで私は凄い自己嫌悪に陥っていたんです。その執筆者の
平野綾子という人は実在するんでしょうか。ググると出て来ますが。
 女をゲッツしようと思ったら、その程度の出費と努力は当たり前じゃないか?
 なあ諸君(←涼しい顔で)
 いや、巨大な釣り堀だということは解るw。にしても私の中で沸々とわき起こ
るのは、ミニミやキャリバー50ではなく、AC130ガン・スペクターを編隊
で呼んでこい! という、野郎としての、極めて矮小で単細胞でルサンチマン横
溢する卑屈な衝動であることに、自分という人間のあまりの成長の無さに嫌気が
差すわけです。

※ アインシュタイン伝記本回収 機械翻訳使いひどい訳になった?
http://www.j-cast.com/2011/08/01103147.html?p=all

 これはわかんないw。そもそも上下巻で訳者が違うと言うこと自体、聞いたこ
とがない。なんでそんなことになったんだろう。

※ 前日の空虚重量71.3キロ

 月曜、定期検診。採血の前に1時間歩いてシャワーを浴び、月末の軍ヲタ雑誌
を持って病院。昨日は、注射が上手いナースで助かる。最近思うけれど注射の上
手い下手って、あまり年齢に関係ないような気がしているんですよね。私がお世
話になっている病院では、上手い人は無口。無口なままスーと針を刺して抜く。
下手くそなナースさんは、盛んに話し掛けて来る。「痛いですか? そりゃ痛い
ですよね……」(いや、貴方が下手くそだから痛いんですよ(>_<))てなこ
とは言えないし。この人、結構ベテランなご年齢なのに、どうしてずっと採血現
場にいるんだろうと不思議なのですが。
 採血後、速効でご褒美のラーメンを食べに病院を抜け出す。

* HbA1cは6.0。先月より0.2ポイント改善。問題は脂肪肝ALT。55
のH(適正値5−35)。
 今回、改めでググってみたら、ALTは数値が大きく変動するから、採血前の
運動は2、3日控えた方が良いと出て来るんだけど、そうなんだろうか。来月実
験してみよう。
 ドクターのお話では、中性脂肪TGが62(適正値30−160)と良いので
そんなに気にすることは無いけれど(てか、この62という数値はちょっと凄く
ない?(^_^;))、今後も高い状況が続くようなら、一度調べましょうかな話に。
血糖値は低カロリーパンを一つと牛乳一杯飲んで食後5時間後だったので108
と久しぶりにセフティゾーンに。

※ 有料版おまけ TOUGHBOOKキラー

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17038人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/19
    読者数:
    24231人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/27
    読者数:
    5539人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/21
    読者数:
    7056人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事