トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:12/31

**
▲▽終の棲家としての国▽▲

※ 事実上の指揮権発動 中国漁船衝突事件
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201012290163.html
*2010年、日本は「二等国」に転落した―中国メディア
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1230&f=national_1230_044.shtml

 先日、NHKの日曜討論で、北大の山口先生が、民主党政権のことを「まるで
リフォーム詐欺だ」と批判していました。山口先生も民主党への政権交代を後押
ししたお一人ですから、さぞかし歯がゆいことでしょう。
 残念ながら私も全く同感です。これはもう誰がどう言い繕おうが、リフォーム
詐欺です。
 国に金が無いことは解りきっていることです。民主党のマニフェストや理想を
実現するためには、結局の所、今ある利権を引きはがして、別の所に付け替える
しか無い。
 鳩山政権はそれに挑んだけれども、外交舞台で墓穴を掘って自滅した。もう鳩
山政権なんて、何年も昔のことのような気がします。
 菅政権は、最初から自民党政治の踏襲を心がけ、財務官僚にも丸め込まれて選
挙で大敗し、その後は徹底した安全運転でまず民主党支持者の信頼を裏切り、鳩
山政権という悪い見本がいたにも関わらず、またしても外交で味噌を付けて国民
全体の信頼も失った。仙谷さんなんて、あの人が民主党にいること自体、理解で
きません。自民党で全然構わないでしょう。
 菅政権で唯一まともな大臣は誰か? それは細川厚労大臣です。目立たず、失
言もせず、官僚の言うがママに動いている。私たちは、こんな後ろ向きな集団に、
自民党政治を踏襲させるために政権を取らせたわけじゃなかったはずです。なの
に現状はこの体たらく。
 恐らくは、菅政権に近い所にいる人々の思いや焦りも同じはずなのに、政権の
軌道修正を図ることが出来ないもどかしさがある。

 もちろん一方で、飽きやすい有権者、待てない有権者という問題もあるわけで
すが、政治は、その移ろいやすい民心を掴む努力を地道に行うしかない。少なく
とも小泉政権はそれが出来ていたことを思うと、不可能なことではない。
 いずれにしても、我が国のタイムリミットは刻々と近づいています。公然と
「仮免運転」を口にするような愚かな指導者に任せている余裕は無い。私は、今
のイラ菅政権を鍛え直すしか無いと思っているけれど、民主党内部から倒閣運動
が起こった時に、現状では、それを国民不在の内輪揉めだと阻止や批判するのは
難しいでしょう。

 ただし、今この国で起こっていることは、国民全体の責任です。築60年でガ
タが来た家があって、それはもうリフォームでなんとかなる段階ではないのに、
爺さん婆さんはこの住み慣れた家が良い、どうせ俺たちはもうお迎えを待つだけ
だからとダダをこね、定年になったばかり団塊親父も、まあ自分はたまに帰るだ
けだからと触らぬ神に祟り無し、その息子は会社で中国人を使っている。さて1
0年後その会社がまだ国内にあるかどうかは解らない。
 誰も本気で建て替えリフォームなんて決断できない。それをタダでやります、
出血なく痛みもなく新品同様に出来ます、とセールスしてやって来た大工は三日
で仕事を放り投げ、後を継いだ大工は、公然と「自分まだ見習いです」と口を滑
らせる。ある日、台風が来て一瞬で屋根を持って行かれるかも知れない。

※ 日本外交:失敗続きの2010年 官邸強化が課題に 
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101231k0000e010010000c.html

 今年は外交のミスも目立った年でした。私たちは、「遅れてきた帝国主義」の
脅威に晒されています。中国しかり、ロシアもそうです。実はアメリカもそうで
す。世界中に軍隊を派遣し、その維持費を相手国にたかっている。これが帝国主
義でなくて何ですか。
 もちろんやっかいなのは、中共のそれです。中国経済のバブルもいつかは弾け
るでしょうが、その影響は小さなものに留まるでしょう。その小さな落ち込みに
世界が怯えるのみ。
 ただ、その中国のパワーが一瞬弱った隙に、そういうやり方は駄目なんだよ、
と理解させるチャンスがあるでしょう。
 もちろん、それでも軍事力の増強は着々と進むでしょう。彼らはいつかは太平
洋を我がものとするはずです。それは阻止しようがない。軍事力で対抗できるも
のではありません。われわれに出来ることは、せめてその日に備えて、彼らを権
利と自由と平等という文明社会の規範を率先するような国へと変化させることで
す。
 これは世代を超えた長い道のりになるでしょう。外交は一日にして成らずです。
腰を据えて掛かりましょう。

 外務省の劣化が目立った1年でもありました。普天間問題では後ろから弓を引
き続け、尖閣問題では、全身硬直を起こして死んだふりしていた。しかし、結局
はそれも、外交官を使いこなせなかった政治の責任です。

*民主党、マニフェスト全面見直しへ 財源捻出が限界に
http://www.asahi.com/politics/update/1229/TKY201012290369.html

 半世紀もの時間を掛けて雁字搦めになった予算を1年2年で組み替えようとい
う方がどうかしているのであって、ここは何年掛かりでやりますというタイム
テーブルを組めば良いんですけどね。でも守る側は、予算の単年度主義を盾にし
て頑張るんですよね。

※ 行政の対策は見当外れなうえに、死なない程度に搾り取る貧困ビジネスが追
い打ちをかける
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20101229-01/1.htm

 ここに出て来るハローワークと生保のキャッチボールって、いかにもありそう
だけれど、基本的には、↓

>生活保護の申請に役所の福祉課へ行くと、「まずはハローワークで仕事を見つ
けてきて」

 ここはやっちゃ行けないことですよね。まともなNPOをちゃんと育てて、こ
ういう人々をすくい上げる体制を作るしか無いでしょう。そのために政府も各党
も動かないと。

※ 弾道ミサイル防衛の日米共同開発頓挫 輸出の見解に相違
http://www.asahi.com/national/update/1231/TKY201012300270.html

 これはある意味、戦略兵器ですから、何処までのフリーハンドを認めるかとい
うのは、社民の嫌がらせが無くともなかなか難しい問題でしょう。ちょっと残念
ではありますが。

※ 普天間ヘリ本土訓練案、首相訪米時に協力要請へ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101230-OYT1T00767.htm?from=top

 極めて非効率なお話ですが、現状ではこういうことを地道に進めるしかないで
しょうね。

※ 中国原潜、第1列島線突破 日米警戒網の穴を突く 宮古−与那国間を通過か
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101231/plc1012310134001-n1.htm

>第1列島線を突破した原潜

 「突破」とか何言ってんだか、産経脳w。せいぜい第1列島線の我が方警戒網
を気付かれることなく突破とか書いて欲しいぞ。これからこの手の記事は「産経
脳」と呼ばせて貰おう。
 しかし、ことが事実なら、燃料がありませんでした、で済む話じゃない。ちゃ
んと飛ばすものを飛ばさないと。

※ 日本が対中配慮要請、米軍困惑 「尖閣奪還」演習
http://bizex.goo.ne.jp/news/snk20101231072/

 いつものことじゃん。米軍が2歩進んだ演習を持ちかけて、日本側がそれはま
だ早いと1歩前進に留める。

※ 桜島初冠雪 鹿児島県内各地で冬景色
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=29060
*年越し列島大荒れ 気象庁、暴風雪へ警戒呼びかけ 鹿児島でも初雪
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/101231/dst1012311104003-n1.htm

 滅茶苦茶な天気です! 桜島はともかくかごんまで12月中に雪が降るなんて
ことはまずないし、市内で7センチの降雪なんて10年に1度あるかどうか。松
が取れたら雪山大遭難のニュースがそこいら中から飛び込んで来ますよ。
 今の内に遭難モードに切り替えて食料と体力を温存して欲しいですが。

※ 山路徹氏のつぶやき 色恋沙汰に「理由や根拠は無い」
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/83541/full/

>「愛とか恋とか、人を好きになるとか、そこに理由や根拠は無くて、まして道
徳で語ることなど私にはできません」

 うみゅ! 全力で肯定だ(^_^;)。ジゴロ、ドンファンたるものこうでなきゃの
見本だね。これからは戦場ジャーナリストなどという仮面は脱ぎ捨て、石田純一
を継ぐ者として活躍すべし。

*年越しUST 『マスメディアでは絶対に語れない!2010重大ニュース&徹底討論』
http://www.apfnews.com/whatsnew/2010/12/2010.html
*〔配信アドレス〕
http://www.apfnews.com/apf_visible/apf_live/

 所で、今夜深夜にAPF通信でこういう企画があって、追撃さんもお出になる
ようですが、APF通信は、 Twitter でわれらが日垣先生に出演依頼したけれ
ど、現状では全く黙殺されているようですね。
 もちろん、 Twitter で出演依頼はアリですよ。いわんや Twitter のプロw、
日垣先生に対してなら全然問題無い。ただ、年の瀬も押し迫った状況で出演依頼
をするのは非常識でしょう。黙殺されて当然です。
 率直な所、盗作事件の傷も癒えて Twitter 無双状態の日垣先生には、くだら
ん芸能ネタではなく、時事ネタでかつての冴えを披露して欲しい所ですが。

*夕方からは、私の田舎のFM局で第9のストリーミングもあるのでよろしくね(^_^;)。
16:00〜18:00 2010かのや第九演奏会 かのやオーケストラ第9回定期演奏会
http://www.0033fm.net/index.html

※ デジタル教科書 1人に1台、授業風景を一変 
http://www.nikkei.com/tech/business/article/g=96958A9C93819499E0EAE2E3E58DE0EAE3E0E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;dg=1;q=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;p=9694E0E5E3E0E0E2E3E2EBE3E5E4

 しばらく前に、おまけの方で書いたのかな、電子ブック・リーダー普及の鍵は
学校ですよ。紙の教科書を止めれば鞄も軽くなるし、学校に教科書を置きッパと
いうこともせずに済む。
 たぶん、教科書の価格も下がるから自治体の負担軽減にも役立つ。コンペをし
て、学校向けのリーダーを開発させれば良いでしょう。

※ 車接触、土手に衝突 2人死亡6人けが 鹿児島・種子島
http://www.asahi.com/national/update/1231/TKY201012310103.html

 このシーズンに帰省した島の若者が命を落とすなんて。地方の道路事情もどん
どん良くなって、でも逆に車の数は減るから、みんな飛ばすんですよね。帰省中
の皆さんはお気を付け下さい。

※ 米企業、貯め込む手元資金 162兆円、高失業率の一因
http://www.asahi.com/business/update/1229/TKY201012290280.html

 お金の回り方が日本に似てきましたよね。そうなると解っていても、阻止でき
ないんですよね。

※ 前日の空虚重量65.9キロ

 とんでもないダイエット(^_^;)。昨夜入浴時に体重計に乗ったら、64キロ台
と出て、電池切れか? とか思ったのですが、4回計り直して、一番重かった数
字がこれです。
 特に下痢したとかではないんです。振り返ると、それまでの過去24時間、粗
食だったし、それも食事の時間をロスして事実上2食で、水分もほとんど取って
いない。食後のコーヒーだけでした。
 挙げ句に、私の仕事部屋はやたら寒いので、夜起きていると、たぶん脂肪分を
燃焼するんでしょうね。

※ 今年もご苦労様でした

 私が、制服集団に感謝の念を表すのは、毎年今日だけです。尖閣沖で警備に当
たっている巡視船の乗組員。今は日本全国から輪番で巡視船が派遣されているそ
うですが。もちろん、その下に潜むはずの海自潜水艦の乗組員、彼らが年賀状を
読めるのはいつでしょう。
 湾岸に派遣されている護衛艦隊&哨戒機。そして離島のレーダーサイトでモニ
ターを睨み、機器の保守に当たっている諸官。街角で歳末警戒に当たる警察官や
消防団の皆様。冬山遭難に備えて自宅待機を強いられる人々。
 官ではないけれど、今夜も入院患者の脈を取り、急患に備えている病院関係者
の皆様。義務を負うというのは、崇高で光栄なことです。
 皆さんの奉仕に報いられる国と社会であって欲しいと思います。私は来年とう
とう50歳になります。もう次の世代へのバトンタッチを考え無ければならない
年齢になりました。人生の後半の20年を、衰退する社会と共に過ごしました。
何も出来なかったことの無力感に苛まれる日々です。
 この先に果たしてトンネルの出口があるのか、疑問に思う毎日です。いずれに
せよ、来年ひとつはっきりすることは、菅政権には、劇的な政策転換をして支持
率と景気を上向かせるか、あるいは退陣して選挙を行うかの選択肢しか無いでし
ょう。
 その時、どんな政権が出来るのか解らないけれど、彼らが、余命3年の経済と、
このガタが来た社会を立て直してくれることを期待する所です。
 お陰様で、我が家は大病することもなく、子どもたちもすくすくと成長してい
ます。この幸運を全ての人々に感謝したいと思います。例年通り、メルマガ&ブ
ログは、3日からのスタートになります。今年もお世話になりました。せめてお
正月だけは、全ての人々が、平穏な日々をすごせることを祈ります。

※ 有料版おまけ あれこれと。

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13253人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17038人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/19
    読者数:
    24231人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/27
    読者数:
    5539人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/21
    読者数:
    7056人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事