時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2009/12/31

**
▲▽コバヤシ丸テスト▽▲

※ 100兆円の需要創出 4年後に失業率3%台 新成長戦略基本方針を決定
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091230/plc0912301141005-n1.htm

>平均成長率を名目3%、実質2%以上とすることを目指す

 随分謙虚に出たな、と思いません? せめて4%台を目指すと言って欲しいけ
れど。いずれにしても、政府は企業ではないんですから、政府というセクターが
あれこれ主導することで、需要を創出しようなんてのは間違っていると思うし、
不可能でしょう。高度成長期ならともかく。

※ 「勝てないゲーム」なら「ルール」を変えよう――脱「囚人のジレンマ」
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0909/29/news031.html

 今年後半、妙に私のツボにはまったのが上の記事でして、内容はともかくとし
て(ここはかなり議論がある所だと思う)、このタイトルは良いですよね。ぜひ
ゲーム理論を研究した総理に捧げたいです。

 鳩山政権をどのくらい評価するか? 私は60点を上げます。ひょっとしたら
75点くらい上げても良いかもしれない。
 まず普天間問題ですが。繰り返しますが、これは日米関係上は全く些末な問題
です。もともと米民主党政権のジャパン・ハンドラーは日本に冷たいんです。ク
リントン政権時代のバッシングからパッシングを思い出して下さい。普天間問題
も、片づいてみれば、なんでアメリカ政府はあんなにバカ騒ぎしたのだろう、と
いう歴史的評価が下ることでしょう。
 藤崎一郎駐米大使、この人は君側の奸の典型ですね。なんでこんな凡庸な男が
北米大使まで上り詰めたのか。自民党が仕込んだ時限爆弾としか思えない。
 不幸なのは、岡田外相がそのことを解っていない。外務省自体が、国益ではな
く、米国益で回っている。私は昔から、外務省は一度解体して、まっさらの人材
を採用育成すべきだと述べて来ましたが、この数ヶ月ますますその思いを強くし
ました。
 外交というのは、本来が喧嘩腰でやるものです。相手が同盟国であったとして
も。それが誰も解っていない。恐らく、政権内の、普天間問題に関わっている
人々で、大学の一般教養レベルを超えて、国際政治学や外交史を学んだ人間はい
ないのでは? と思います。本来なら、そこは専門家たる外務省がサポートすれ
ば済むことですが、何しろチャイナスクールは北京の言うことしか聞かないし、
北米課はジャンパン・ハンドラーの意のままですから、的確な suggestion が出
来る人材が政権内にいないことが、この政権の外交上の不幸です。
 鳩山さんが、年内解決を約束するための親書を送ったのにそれを反故にしたか
らアメリカは怒っているんだというニュースがありましたが、たかが親書ですよ。
そこにどんな文面があろうが、それは努力目標に過ぎません。そんな代物に一喜
一憂して激怒するほどアメリカ人はナイーヴじゃありません。それもまたジャパ
ン・ハンドラーが自己の利益を追求するために利用されただけのことです。

* 予算案。これはもの凄く良くやったと思います。これは田中康夫が長野県知
事として登場した時も、あるいは大阪府知事選の直後も直面した問題ですが、誕
生直後の政権がガチガチで数年回ってきた予算案を弄るというのは恐ろしく困難
なことなんです。それを、公共事業をばっさり切って、社会保障費を大幅に増や
した。それが吉凶どっちに出るかは不明ですが、政権発足100日の政権が、そ
れをやってのけたというのは称賛に値します。

 ただ問題は、公共事業をばっさり削ったことがどう出るかです。実は、来年度
予算で公共事業関連をばっさり削れたことには絡繰りがあります。財務省が、そ
れで景気が冷え込むと解りきっているのに、内実は主計局主導だった予算編成で、
そこまで削ることを許すはずもない。絡繰りは、麻生政権時代の巨額な補正予算
なんですね。これがまだ効いている。未執行分もまだ残っている。だから一見、
公共事業予算を削れたんですね。主計局が民主党に花を持たせたわけです。さす
がですよ。君側の奸揃いの他省庁とは違って余裕がある。
 自民党が、この点で、「この予算編成は麻生政権の遺産あってのことだ」、と
アピールしないのが不思議ですが。それどころじゃないんでしょうか。

* 問題は、やはり来年以降のことです。私は二番底は無いと思っていますが、
来年もまた今頃、この巨額な赤字予算を組む必要に迫られるでしょう。仮に景気
が回復基調に乗ったとしても、税収の回復は相当に後れて来ます。どんな特需や
景気に沸いても、ここまで落ち込んだ税収不足が戻って来るには、4年5年掛か
るでしょう。その間も、こんな無茶な国債発行が出来るか? 来年もこんなこと
をやっていたら、再来年には、間違いなく赤信号が点ると思います。国民のマ
ジョリティが、この国債発行は無理だと判断する瞬間が来るでしょう。

* 繰り返しますが、私は労働力の流動化が景気回復の唯一の正しい道筋だろう
と思っています。会社にしがみつかないシステムへの変更。それで人材を新規ビ
ジネスへと誘導して、民間から需要を生み出す。政府に必要なのは、その転職時
を埋めるための予防行政と、金融機関が新規ビジネスへ、敷居を下げて資金を流
せるようにするための制度設計です。
 日本はこの十年、そろそろ20年になりますが、いろいろ頑張ったけれどうま
くいかなかった。企業にも社会にも、膨大なレガシーコストを抱えて身動きが取
れなくなっている。われわれは勝ち目の無いゲームを十数年続けてきた。そのた
びに借金を膨らませてきた。
 どうも勝ち目が無さそうだ、と思ったら、ゲームのルールを変えましょう。日
本は今、コバヤシマル・テストを受けているようなものです。勝ち目が無いと
悟ったら、カーク船長みたいにプログラムを書き換えるくらいの荒技をしなきゃ
ならない。もうそういう時期に来ています。
 昔は、革命や戦争という手段によってそれが成されたけれど、平和社会ではそ
うも行かない。私たちは自ら、平和的にルールを変える勇気を持つべきです。

※ <ロシア宇宙庁>「2032年に小惑星が地球に衝突」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091230-00000080-mai-int

 やっぱりアポフィスは仇役だった!(byスターゲイト・ヲタ)。恐いというよ
り、その2032年に、自分らはどんな生活をしているか? ですよね。22年
後。私はもう71歳です。どこかの公団アパートに潜り込んで、「生活保護遣せ
ゴルウァ!」「いやあんたは基礎年金もあれば、細々ながらメルマガの稼ぎもま
だあるだろう?」みたいな毎日を送っているかも知れません。
 ぜひこの歳になってもTSUTAYAに通いながら、「こいつらはエロスが解っとら
ん!」とぶつぶつ言っていたいものです。
 日本経済はどうでしょうか。私の子供たちは、順調に育てば社会に出ているは
ずですが、借家で自宅警備員とかやっていたらたまらんですが。
 中国はたぶんその頃、少子高齢化社会の矛盾に直面し、「日本病」に見舞われ
ているでしょうね。ドルの地位はどうだろう。

※ 知的障害生徒向け「分教室」広がる 12年度には倍増
http://www.asahi.com/national/update/1230/OSK200912300141.html

 教育現場に於けるノーマライゼーションこそが、日本で、社会と障碍者を分断
してきた不幸な歴史を変える第一歩だと私は信じているので、今後ともこういう
動きが広がることを強く望みます。

※ サッチャー氏に女性空手警護団 訪日で計画、英は困惑
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009123001000117.html

 ここでヲタが取るべき態度は、うんなアホな、ではなく、「ぜひ見てみたかっ
た」だろうと思う。どうせなら「ニンジャガール」にしとけば良かったのに。

※ 九州新幹線で急患搬送 11年春「ドクタートレイン」
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=21375

 カサンドラ・クロスキター!(>_<)。て別にヘリで運べばヨクネ?

※ “ガラパゴス”から脱却? 海外で脚光を浴び始めた日本製ケータイ
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091230/biz0912301202007-n1.htm

 WBSの今年最後の放映で、その日本の携帯マーケットのことを特集していま
したが、今10兆円産業なんですか? それで日本のEコマース自体はまだまだ
伸びる余地がある。国内でまだまだ儲けが出るうちは、ガラパゴスだと卑下する
こともないですよね。ただ、本当に日本の高機能携帯が世界で受ける時代が来る
かどうかはまだ半信半疑ですが。

※ ハイブリッドカーに不穏なウワサ 整備工場や事故現場が危ない?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000002-jct-bus_all

 これはいかにもありそうなニュースですよね。

※ <薩摩藩>長崎の蔵屋敷の写真発見…坂本龍馬の活動拠点か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091231-00000008-mai-soci

 たかだか薩長のパシリが出入りしていたというだけのことじゃないですか。何
を大げさな。

※ 消防士が火事からDSを救う、奇跡を起こしたその町の名前は…!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091231-00000002-isd-game

 それ任天堂、パブリシティの絶好のチャンスだ! 消防署にDS百台とソフト
を千本ばかし寄付しなさい。したらアメリカ全土で(ry

※ 地上波の日本ドラマ解禁に前向き=韓国文化相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091230-00000043-jij-int

 売れれば良いですけどね。私が知る限り、日本のテレビ・ドラマは、世界一収
益性が低いドラマになっています。元からの高コスト体質のまま、この不況に突
入してしまったせいで、金を掛けられない。これが第三世界だと、ギャラもセッ
ト費用も知れているし、逆にお化け視聴率が出るから儲けも出るんですよね。
 欧米のドラマは海外で売れるから、映画並の予算も掛けられる。今、日本のテ
レビ界が置かれている状況は、出版業界とそっくりです。本が売れないから、ひ
とまず出版点数だけ増やして店頭に並ぶことなく返品されて、自分の首を絞めて
いる。テレビ界も似たようなもので、視聴率が取れないからと、24時間次々と
新番組を繰り出すけれど、受けないからさらにドツボにはまっていく。
 今日本のテレビ界が考えなければならないのは、一本当たりの制作費をいかに
確保すると同時に、この高コスト体質からどうやって抜け出るか? でしょう。

※ 前日の空虚重量70.8キロ

※ AT&Tのメール・アドレスをお持ちの方から、28日から有料版のメルマガが届
かない、というメールを頂戴しました。ご返事と供に、この三日間分のメルマガ
を転送したのですが、レスポンスがありません。恐縮ですが、ここをご覧になっ
ていたら、それが届いたか届いていないのか? 再度ご連絡を頂戴できればと存
じます。

※ 私は、今年年男でしたw。何も良いことはありませんでした(^_^;)。政権交
代したじゃないか? 将来、10年20年後、この年を振り返った時に、あの年
が節目になって、日本の未来が拓けたのだ、と懐古できるようなきっかけであっ
てくれれば、と思います。去年の今頃、世界恐慌に怯えていたことを思えば、状
況は遙かに改善されていますよ。

 では皆様、良い新年をお迎え下さいませ。お正月は、例年通り、3日からの配
信、ブログの再開となります。

※ 有料版おまけ 今年を振り返る

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。