時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2008/06/27

**
▲▽移民問題2▽▲

 さあ、新刊はもうお手元に届きましたかぁ?(^o^)/
* 「地方の皆さん」とか言われるとムッと来るというご意見がありました。確
かに。私も田舎に帰っている時にテレビを見ていて東京のスタジオから地方地方
と連呼されるとムッとしますね。それが単に客観的事実であっても。
 テレビ局を東京から追い出すというのはどうでしょう。在京局はNHKのみ。
民放局は全部地方に追い出して、番組製作も、今在阪局がやっているように東京
スタジオでの収録を禁止する。そしたらタレントは他局の掛け持ちが難しくなっ
てご当地タレントや、局専属みたいな形になってチャンネルに個性が出るでしょ
う。
* コメント欄に関してネタバレは止めて下さいというクレーム若干。著者とし
ては、読者の反応がスピーディに聞こえてくるというのは嬉しかったりするので
すが、ネタバレ許容度も個人差がありますので、皆さん互いにご注意をというこ
とで。
 ちなみに、私はネタバレということに関しては全く無頓着な人間です(~_~;)。
映画だろうが小説だろうが、ネタバレされて楽しめなくなるということはありま
せん。逆に、散々隠されて、こんなオチかよ! どうしても誰も教えてくれなか
っただよ〜、という方でして。たぶん圧倒的な少数派だと思いますが。

※ 移民政策2

 今日も頑なに(~_~;)移民政策に関して。昨日は、非常に有意義なコメントを多
数頂戴できました。感謝します。私はサマータイムにしても移民にしても大まじ
めですよ。ただ、私の流儀として、反対意見を欲していることは事実です。それ
で自分の考えのどこに穴があるかを検証出来ますから。

 問題は、人口減にどう立ち向かうかです。人口減の利点云々ということに関し
て言えば、私はもう決着は付いたと思っています。つまり人口減=少子化社会に
は何の利得も無い。10年前やっていた少子化の議論で、全く外れたものがあっ
て、それは何かというと、地方の過疎化と都市部への集中加速です(団塊世代の
年寄りが死ねば一定の問題は解決するという魅力的な話があるけれど、彼ら死な
ないでしょう。あと30年は生きて、現役世代はその面倒を見なければならない。
しかも資産形成のチャンスすら無かったワープアな世代が、富を独占した世代が
遊んで暮らし豊かな老後を過ごすために、また犠牲を払うんです。後期医療制度
を見て下さい。お年寄りたちはあの程度の負担すら嫌だ、国が面倒見て当然だと
ごねている)。

 人口減が進めば、都会でも空き家が出て地価は下がり、満員電車からも解放さ
れるはずだった。所が、地方の過疎化と一極集中は加速するばかりで、結局はそ
れを加速したのは地方の少子高齢化なんですよね。地方自体が人口減の縮小スパ
イラルに陥ってしまった。
 都会でも、昔のマンモス団地のゴーストタウン化が進行しているんだけど、で
も都市部というマスで見れば、全く無視できる局地現象に過ぎないんですよね。
 たとえば皆さんが何年も利用している満員電車で、昔よりだいぶ良くなった、
さらに今後も改善が見込めるだろう、という路線がありますか? 東横線は北へ
と延びるし、田園都市線も、今の沿線開発のスピードを考えると、全くそんな気
配は無いですよ。
 一方で、地方で限界集落を支えるコストはますます増える。住民税を全く当て
に出来ずに生産人口が激減する中で、限界集落を維持する社会コストはますます
自治体に重い負担としてのしかかってくる。

 日本という国は、明治維新以降の殖産興業から、すべて産めよ増やせよの発想
で来たんですね。経済は明らかに上げ底で、地方に至っては、そもそも存立し得
ない状況なのに、公共事業で必死に支えている。死に体の業界を税金投入で四半
世紀支えているようなものです。これを倒して良いのなら構わない。でもそれを
ソフトランディングさせる方法ってなかなか無いでしょう。
 それが足手まといになるから、私はずっと郡部は畳め、コンパクトシティに引
っ越しさせて限界集落は畳めと主張している。けれども、それをやった所で、地
方経済が維持できる保証は全く無い。
 もう産めよ増やせよの時代じゃない、というのは正論だと思う。けれど成長が
宿命の資本主義社会に於いて、パイを広げるというのは、一番簡単で確実な経済
成長理論です。逆に、パイが縮小するというのは、悪夢と言って良い。日本でこ
こ10年起こったことはそれです。それがもっと激しくなる。
 縮小して構わないじゃないか? というのなら、それでやっていける経済モデ
ルを提示しなきゃならないけれど、残念ながらそれは計画経済という話になるで
しょう。

 そこで移民政策です。私は何度も書いているように昔から「一千万単位の移民
を入れろ」という主義の人間です。特定アジアがどうのこうの、とかの話は当然
あるでしょう。でも何事もリスクは付き物ですよ。だから移民は駄目だという
人々は、移民に代わる政策を提示すべきだと思う。先進国で多民族化していない
のは日本だけですよ。鎖国して日本がやっていけるという目論見があるなら良い
けれど、無いでしょう? 果たしてどうやってこの社会を日本人だけで維持する
のか? 答えがあるのなら教えて欲しい。
 移民が逆にコスト増を招くだけだ、というのであれば、もちろんその可能性は
あるわけですが、それを論じるのであれば、たとえば今すでにブラジル人労働者
を受け入れている地域の費用対効果というのを見る必要があるでしょう。

 中国人に乗っ取られるというのなら、ここが日本でなければならない、中国と
一体になるよりは、日本社会の一員として暮らした方が得だと思えるような、中
国よりましな社会や文化を維持すれば良いんですよ。鎖国していれば安全だとい
うのは、ある分野に限定してしか言えないでしょう。
 コミュニティは、それが村社会だろうが、国家だろうが、気心が知れた者同士
で回した方が楽だし上手く行くに決まっています。でも企業はとうに多国籍化し
ている。日本は長らく単一民族を装って来たせいか、どうしても外国人を入れる
ということに生理的拒否反応を持つけれど、もうそういう時代じゃないでしょう。

 それでこの移民賛成論を否定するには、
1.少子化社会でも経済が回せる。経済成長が不要である、GDPが減ってもみ
んながハッピーになれる経済モデルの構築が必要(現状存在しない)。今以上の、
徹底した輸出依存構造とか、金融への特化が必要になりますよね。
2.移民を受け入れることは、費用対効果的にプラスにはならないことの証明。

 この二つの解決が必要なわけですね。もちろん逆に言えば、いま日本人が移民
に否定的なのは、素人考えにも、それを否定する要素が一杯思いつけるからです
ね。たとえば送り出す側の論理も考える必要がある。
 移民政策を推進するには、日本が移民しても行きたい国、つまり稼げる国であ
ることを証明しなければならない。でもこれはすでにインドネシアでの看護師や
介護士募集で実は期待したほどの人数が集まらなかったことですでに綻びが見え
ているんですよね(実際日本が稼げる国であれば、そもそも少子化なんかには陥
らないわけです。結婚して子供をいっぱい育てた方が家庭にとってもハッピーな
んだから。子供がいても家計を苦しめるだけの儲けしか社会が創出できないから
少子化が加速している)。本当に移民に頼るしかない、という時になったら…、
すでにそうなりつつあるわけですが、日本はもう何の魅力も無い国になっている
かも知れない。その時は、もうインドの山奥まで行って人を買ってくるしかない
でしょうが。

 今後必要なことは、移民反対派は、縮小経済でもハッピーになれる経済理論を
構築する必要があるでしょう。あるいは人口減でも経済成長を維持出来る政策論
を。もちろん老人福祉の切り捨てなんてのも、選択肢としては、十分にあり得る
ことです。だって現役世代は割りを食うだけですから、露骨な世代間戦争が絶対
に起きないとは言えない。
 他方、移民推進派も理論武装が必要で、そもそも何のための移民なのか? 単
にGDPを維持するための頭数が必要だ、では国民の理解は得られない。ワープ
アに代わる低賃金労働力確保だということだけでも理解は得られないだろうし、
それではそもそも労働者は来てくれないでしょう。そういう議論を重ねていくこ
とで、少子化でも何とかやっていける経済が編み出され、一方で、移民もせいぜ
い自治体レベル、あるいは工場レベルでの試みを継続することで、なんとなく上
手く行くかも知れない。
 きちんと議論して問題点をクリアした上でないと、移民政策をぶち上げただけ
でコストばかり掛かって失敗するだろうし、今の低成長からも脱出できないこと
になる。

※ 「老齢加算」廃止は適法 東京地裁初判断 原告の訴え棄却
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080626-00000133-san-soci

 これは難しい問題ですよね。生活保護は、いずれは打ち切ることを前提とした
制度なのに、お年寄りにまた働けというのは無理だから、一度始めたものは切れ
ない。一方で、もし生活保護で、老人がそこそこの暮らしが出来るとしたら、そ
りゃますます年金を払う人間はいなくなるでしょう。国としては、生かさず殺さ
ずで、年金ちゃんと掛け金を払わないと、こんな惨めな生活が死ぬまで続くんだ
よ、ということを国民に晒すしか無いんですよね。だって今ですら生活保護で9
万円も貰えるのであれば、それ以下のリターンしか無い年金を払うなんてバカみ
たいじゃないですか。
 もしこの訴えが認められるなら、日本全国の年金受給者は、生活保護以下の支
給しか無い国民年金は、「最低限の文化的生活を営む権利を踏みにじっている」
と裁判できますよね。
 社会として姥捨て山を作る意思や覚悟もなく、老人でも文化的生活を送る権利
を国家が約束しなければならないというのなら、金銭授受ということは止めて、
どこかの限界集落の山の中に国が施設を作って、そこで現物支給で養うしかない
ですよ。
 ただそんなことをするんだったら、まだしも現金をばらまいた方が国にとって
は安上がりなんですよね。だから施設からの追い出しが始まったわけで。

※ 派遣社員保険料25%増 高齢者医療導入で健保に負担
http://www.asahi.com/job/news/TKY200806260268.html

 年寄りの医療費を考えると、とっくに世代間戦争が起こってなきゃならないの
に、そうはならないんですよね。

※ キュー・サムファン

 昨夜のクローズアップ現代をながら見していたら、キュー・サムファンとかま
だのうのうと生きているんですよね。未だに裁判が進まないなんて。やっぱり懐
古主義で、昔を懐かしむ国民はいるし、虐殺なんて無かった、もう忘れろよ、と
いう国民が一定数いるんですよね。

※ 東電、来年1月に大幅値上げへ=年内は据え置き−料金基準改定を正式発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080626-00000167-jij-bus_all

 話が違うだろう、何のための原子力だよ……、と思ったら東電さんの原発のか
なりが未だに止まったままなんですよね。て今年の夏は大丈夫なんだろうか。
「柏崎刈羽原発:東京電力の新旧社長、運転再開を明言せず」とこんなニュース
も流れたばかりですが、もう火を入れる準備は出来ている、夏危ないから、どう
にか再開させて下さい! ということでしょうか。

※ 右半身はオス、左はメス 雌雄同体クワガタ発見
http://www.asahi.com/national/update/0626/SEB200806260005.html

 こ、これは!? ベルク・カッツェ!

※ 前日の空虚重量69.2キロ

 前々日、打鍵ミスでうっかり68キロとか打ってしまいましたが、69キロの
打ち間違いです。にしても、24時間で600グラムの減で、またしても減量し
たけりゃ徹夜仕事を実証しましたね。
 神経痛の痛み、地獄の様相。サロンパスを3枚に増やすも全く効果無し。悶絶
しながら仕事する。徹夜二日目。どうにか頑張る。

※ メルマガ有料版おまけ 「タイムマシーンにお願い」シーズン3放送開始 &
スピード違反取締の合理性

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点