時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2008/05/23

**
▲▽公務員の待遇をどうすべきか▽▲

 風邪。もうどうしようもなく夏風邪で朝から鼻水がダダ漏れ。

※ 職員月給、15%カットを提示=都道府県で最低水準−大阪府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000096-jij-pol
http://www.asahi.com/politics/update/0507/OSK200805070081.html

 昨日、書こうか書くまいか迷ってパスしたネタが二つあって、ひとつは熊本で
の毒ガス巻き込まれ事故で、もう一つがこちら。
 このネタは正直しんどいんですよ。ブログのみならず私の読者はやたらと公務
員度が高いですから。それも異様に地方公務員度が高いですね。この人のたちの
給料が下がるということは、直接的に私の稼ぎが減るということですから。

 こういうニュースがあると、ネットの中では、じゃあ府公務員の平均年収はい
くらなんだ? ふざけんな、という話に当然なるわけですね。
 その収入で生活が苦しいというのは、労組の中でアピールする分には良いけれ
ど、カメラが入っている前でそれ言っちゃ大衆は激怒しますよ。
 ただ、私はいつも感じているのは、県庁レベルの待遇よりも、市町村の待遇の
方が良かったりするんですよね。というか、市町村レベルって、いつ夕張化して
もおかしくないのに、その給与体系は何ですか? という所ばかりでしょう。
 職員の給与を下げるというのであれば、市町村の職員に関しても同様に下げま
しょう、という議論を同時にすべきだと思う。

 何処まで下げるべきか? 現実問題として、行政コストの大部分が人件費であ
ることを思えば、それはもう目に見えて下げるしか無い現実がそこにあるのに、
「優れた人材を確保するため」というお題目に縛られてなかなかそれが出来ない。
待遇が悪くなれば「汚職が蔓延るようになる」、と言うけれど、では今は汚職は
無いのか?
 これも変な話で、じゃあ役場には無能で使えない人材は皆無で、民間には優秀
な人材はいないのか? という話になるでしょう。さすがに夕張化してしまうと、
街自体に展望が無いということで、人材集めにも苦労するでしょう。札幌へ出れ
ばもっと稼ぎの良い民間の仕事もあるだろうから。しかし全国的にはそうではな
い。
 公務員というだけで、日本社会は無限の信用を与えてくれる。そこには、報酬
だけに終わらない有形無形の利得がある。それは日本の公務員社会が長らく培っ
てきた「信用と信頼」がもたらすものですよ。それらを考えると、極端な話、今
の2/3まで公務員の報酬が下がったとしても、公務員の地位、就職人気は微動
だにしないと思います。だって日本経済はこの後も浮揚する目処は無いんだもの。
 「子供が4人いて、これでは暮らしていけない」、と訴える人は、そこまで来
ても絶対に辞めませんよ。よほどのバカで無ければ、民間はそれ所じゃないこと
を知っているから。
 優秀な人材が逃げ出すのは、自分が置かれた待遇に不満があるからではなく、
自分の可能性を試したいから飛び出すのですから、本当に優秀な人材は、給料の
多寡では動かない。

 それで民間人として暮らしている私の考えを言えば、公務員たるもの、民間の、
もっと言えば自分が暮らすその地域の年齢なりの平均収入の給与体系で暮らすべ
きだと思う。それなくしては、民の痛みは分かりませんよ。その金額で、ひょっ
としたら住宅手当も無しに暮らすのがどれだけ大変なことかを身をもって知って
初めて公僕としての矜持と諦観が身に付くのだろうと思う。公共事業での無駄遣
い、箱物行政を主導するのはしばしば地方議会であって、役人ではないけれど、
そこまでやらないと、優先順位の厳しさや無駄遣いへの戒めは実感できないので
はと思うわけです。

※ 「マニュアルに従った」=農薬特定遅れで消防−熊本赤十字有毒ガス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000107-jij-soci

 以前、アメリカで、救急病院に担ぎ込まれた女性から訳のわからん有毒ガスが
発生して医療スタッフが中毒死するという事件がありましたよね。世界で起こっ
たトンデモ事件として日本でもたびたびテレビ等で紹介された。ググッてみたけ
れど、事件の記事まで辿り着けなかった。
 病院って密室構造で、しかも救急病棟というのは、まったく訳のわからない患
者をまな板に載せて扱うことになる。ガスマスクを装着して治療というのは非現
実的であることを思えば、処置室を陰圧構造にするのはもとより、処置室の上と
下に、強力なファンを独立系で装備して危ない患者が来たらそれを稼働させるよ
うにすべきですよね。
 今回のケースは、処置室が広くて、そこに他の患者も大勢寝かされていたこと
も問題だった。
 ただ今回の事件、ちょっと付いていたなと思ったのは、ことが救急車の中で起
こっていたら、ドアを開け放つ前に救急隊員が倒れていたかも知れないですよね。

※ 「海外出張重なり過労死」 残業短くても労災認める判決
http://www.asahi.com/national/update/0522/TKY200805220289.html

 これ、海外出張の頻度としては実はたいしたこと無いんですよね。代理店の添
乗員のハードワークと比較するとこの程度で……、という回数で。ただこの手の
労働時間では推し量れない過労をどうカウントするか今後問題になるんでしょう
ね。

※ ネット「ヘビーユーザー」制限へ指針 業界が渋滞緩和策
http://www.asahi.com/business/update/0522/TKY200805220339.html

 これは避けられない事態だけど、たとえば今、携帯がどんどんPC化している
でしょう。ネットすら携帯で済むような時代になりつつあって、そのネットサー
ビスも動画へとシフトしつつある。ファイル交換だけ規制すれば問題は解決する
か、といえばもうそういう時代でも無いんですよね。

※ <ネットカフェ難民>「しんどい」と訴える妊婦まで 100人の実態調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000015-maiall-soci

 いくら何でも妊娠中であることを証明出来れば、役所が住居を用意してくれる
と思うけどなぁ。

※ 全盲のペルー女性入会拒否  浜松のスポーツクラブ
http://www.47news.jp/CN/200805/CN2008052201000814.html

 その2店舗の名前が記事中に無いことが理解出来ない。器具を使えば転倒の危
険等生じるだろうから、ヘッドギアを着用して頂けますか? 等の提案をすれば
良いだけじゃない。なんで こんな杓子定規な対応になるのか理解出来ない。反
射神経が衰えた年寄りの方がよほど危険だと思う。

※ 「集団自決」で創作劇/志真志小で来月上演
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200805211300_07.html

 この手の偏向教育を受けた人間がどういう社会を創るかは、軍国日本なり今の
中国を見れば良い。

※ エイベックス、人見知り克服のためのDVDソフト「ミテルだけ」発売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000001-nkbp_tren-ind

 大きなお世話だろ。てか、人見知りを単に性格の問題で片づけずに、脳機能の
問題として研究すべき頃だと思うわけだが。

※ ジェットエンジン付き自転車、販売中
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000027-rps-ind

>パルスジェットエンジン付きの

 ちょっ! それ空飛ぶだろう。

*初飛行に成功したパルスデトネーションエンジンの実験機
http://www.technobahn.com/news/2008/200805171855.html

 でこういう目出度いニュースもあったわけですが。

※ 前日の空虚重量72.9キロ

 一挙に戻す。何だか減量3キロごとに壁が来るみたい。

 木曜朝、ブログを更新(8分経ってもタイマー更新されないから、やむなく手
動更新。最近は4分台の遅れも当たり前になってきた)してから、処方箋を貰い
に病院に。それが、主治医の勘違いで一週間分薬が足りなかったわけです。それ
を貰いに行ったら、普通の診察と手続きは全く同じなんですよ。つまり待ち時間
も同じ。当然診察代がいつもの金額の410円取られる。そっちのミスなのに納
得いかないんですけど〜。
 でもお陰でJ-Wingsをじっくり読む時間が出来た。次期回転翼練習機(THX)に
アグスタなんて無茶でしょう。民間で再就職する時に、アグスタなんか馴染んで
も使い道無いじゃない。しかも、予算が付いているのに肝心の機種が決まらない、
というのも異常事態ですよね。機体価格というものがあるだろうに、そんなのあ
りなのか。
 次期救難ヘリは、海自はEH−101で決まりなんですけど、空自はNH-90も
ありかも知れない。というのは、EH-101てやっぱりモンスターですよ。
 大きいことは良いことだけど、じゃあ自然災害があった時に、これ小学校のグ
ラウンドに降りられますか、みたいな話はどうしても起こるし、新潟の地震災害
みたいな時には、橋を引っかけるみたいに道路上に降りなきゃならない場面も出
てくる。となると、ミドル・クラスで運用出来るヘリがあっても損ではない。と
いうか十二分に活躍できる。
 UH−1の後継も決めなきゃならないんですか? う〜ん。でもOH−1改は、
だってこの時点でモノが無いというのは辛いですよ。それに、タンデムのものを
サイドバイサイドにしてエンジンもパワーアップしますって、それ何処がOH−
1なんですか。まったく別の機体でしょう。
 コブラの後継は、こっちこそOH−1改を作る覚悟が無いのなら、ユーロ・タ
イガーで決まりでしょう。

 しかし最近の部隊改変は覚えられない。鹿屋の7空はもう無くなったんでしょ
う? それでいったい機数の現員はどうなっているの? てか航空隊が半分にな
るということは、それだけポストが減るということで、防大生の皆さん、海自に
入っても、航空科はポスト無いからなぁ〜、ということにならないだろうか。

 午後、霊園&森林公園コースに出発。久しぶりにウェイトを装備したら全然脚
が動かない。

※ メルマガ有料版おまけ サングラスのUVカット機能

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点