医療ガイド

感護師つぼの看護ニュース

感護師つぼ(坪田康佑)が、看護に関係するニュースにコメントをつけて配信します。
また、他に 下記コーナーがございます。
・つぼつぼの一言
モチベーション管理にステキな言葉を紹介していきます。
・おすすめの作品
映画・本など最近のおすすめの作品を紹介いたします。
・感護覚書
感情との上手な付き合い方を徒然なるままに書いた感護覚書です。

全て表示する >

感護師つぼの看護ニュース vol.223 産科の過酷労働/診療拒否ガイドライン/違法拘束

2008/12/04

【つぼつぼの一言】----------------

Only those who dare to fail greatly can ever achieve greatly
失敗する勇気のある人のみ大成功をおさめることができる。
                   ケネディー Kennedy, John F

先日、ニューヨーク市のJohn F Kennedy空港で思い出した言葉です。
今日になって、ふと、心の中に落ち着いたので、ご紹介します。
ステキな言葉はたくさんありますが、その言葉が心に落ち着くタイミングは
違いますよね。もし、しっくりしなくても、いつか思い出して頂けると幸いです。
近代日本は元々、何もしない奴よりも失敗する奴の方が偉いという薩摩の文化が
影響してきたもの。何か通ずるものがあるような気がします。

あなたの一言を下さい→tsubokoxo@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ステキな言葉と感じたらクリックお願いします。
ブログランキング
====================
感護師つぼの看護ニュース vol.223 受信者数:1205アドレス
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■    
■■ 発行:感護師つぼ http://plaza.rakuten.co.jp/shinkansengame/
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■
Hello 感護師つぼ(坪田康佑)です。
このメルマがの兄弟、メルマが【ナースの明日を輝かす☆Nurseship】
http://groups.yahoo.co.jp/group/nurseship/
が、明日を輝かすだけではなく、希望を燃やす望燃会(ぼうねんかい)を
12月21日(日)12:00〜17:00
場所:株式会社ホスピタリティ・ワン(予定)    大江戸線都庁前駅
会費2000円にて、開催します。自分も参加するので、もしよろしければ
ご気軽に質問・申し込み下さい。editorial-nurseship@yahoogroups.jp
ママ・パパも来られるように、子供スペースや途中入退室可能にします。
では、看護に繋がるニュースをみていきましょう。

◆つぼつぼの一言
1)(下)月505時間 過酷勤務
2)悪質ケース、診療拒否も
3)大阪の精神科病院で違法拘束か、男性死亡…記録も改ざん?
◆おすすめの作品・気になる作品
◆感護覚書

1)(下)月505時間 過酷勤務
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/feature/20081204-OYT8T00301.htm
読売新聞 - 1時間前
医師や看護師の確保が課題だ(神奈川県立こども医療センターで) また、新たな産科救急問題が明るみに出た。昨年11月、札幌市の自
宅で30歳代の女性が早産した未熟児(約1300グラム)が7病院で受け入れられず、その後死亡した。新生児集中治療室(NICU)が満

感護師つぼ>異職種とはいえ、同僚が一月744時間しかないところ505時間働いて、休日無しの毎日17時間労働をしていれば、職場環境
という視点で考えると全体的に残業問題改善が出来ないもの。このような具体的なものに関しては、医師会・看護協会が協力、もしくは
産婦人科医会と助産師会がマネジメント・システムアイディアを出していかないといけないのでは?と考えさせられました。最近、米国の
自動車産業危機関連で、ビジネススクールでレポートのために自動車産業を学ぶのですが、日本の自動車産業は、業種や国または、政府
を越えた連携を上手に進めてきた感じがします。同じようなことを医療界では出来ないかな?と考えさせられます。アイディアがなければ
アイディアコンテストを作ってもいいですし、どうにかしていきたいですね。皆さんはどう思いますか?

2)悪質ケース、診療拒否も
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20081203-OYT8T00704.htm
読売新聞 - 7時間前
医師や看護師ら医療従事者に暴力や暴言、嫌がらせをする迷惑患者対策について、県は3日、県庁で開いた県医療安全推進協議会(会
長=坂東義教・県医師会理事)で、悪質な場合は警察への通報や診療拒否などを盛り込んだ「患者が守るべきルールとマナー」の素案を
示した。

感護師つぼ>県で作成するルールに、県民から意見を募って作成するというのは、とても民主的な感覚でいいのですが、最終的に編集の
責任や権限は、どこにあるのかも明確にしてもらいたいなと思いました。また、ルール作りも大切ですが、それ以外にも警察との連携や県と
の連携など社会システム的なところも考えていかないといけないのではないかな?とも考えさせられました。

3)大阪の精神科病院で違法拘束か、男性死亡…記録も改ざん?
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081203-OYT1T00422.htm?from=navr
読売新聞 - 21時間前
精神保健福祉法では、身体拘束には精神保健指定医(指定医)の直接診察に基づく指示が必要だが、事故時に夜勤だった看護師は「昼
間から指示なしで拘束されていた。理事長の命令で記録を改ざんした」と話している。 複数の病院関係者も「違法な拘束などの人権侵害が
日常的 

感護師つぼ>亡くなられた方のご遺徳を偲び、哀悼の意を表します。
退職後、新たな証言が生まれたということで、組織内調査の難しさを考えさせられました。また、医療従事者が管理者になる時に
この内部調査スキルは必要になっていくのではないかと考えさせられました。大企業になると倫理オフィサーという職種がありますが、病院など
全ての組織というものの中には、そのような職種が必要なのかもしれないと考えさせられました。

【おすすめの作品・気になる作品】


ヤマト魂―アメリカ・日系二世自由への戦い  ~ 渡辺 正清¥ 1,890 

耳にしたことはあったのですが、自分と異なった世界で意識したことがなかった第二次世界大戦中の日系二世の方々の歴史。
今回、アメリカの感謝祭という休日を使って、日系2世である祖母の従兄弟の家に訪れ、少し耳にしたことで、いろいろと考えさせられ
今後グローバル社会になるうえで、知っておいた方がいい知識であると思い購入リストに加えました。
自分の遠い親戚が世界中にはいるかもしれません。ちょっと開いてみてはいかがですか?

【感護覚書】その100 誰の感情を護りたいか?

感情は、人それぞれ違います。 一緒にいったデートで、自分はつまらなかったのに、相手はとても
楽しんでいた。 また、逆で自分は楽しんでいたのだけれど、相手がとてもイライラしているようだった。
ということがあります。
その感情が完全に異なる時、両方の感情を護ることは出来ません。
その時、その時、答えは違うと思いますが、その時、その時でどの感情を自分は大切にしたいのか?
自分の感情を大切にしていいのか?
両方の感情を護れればいいのですが、いざ! という時にどのようにすればいいのか
ちょっと考えてみませんか?
両方の感情を護らないで、流してしまうのが、一番もったいないことです。

BLOG:詩元気屋つぼ http://plaza.rakuten.co.jp/tsubo/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行者 感護師 坪田康佑 【想像出来ない世を創造しよう】
感想は→tsubokoxo@gmail.com

発行協力サイト:登録&解除は各サイトでお願いします。
・まぐまぐ! http://www.mag2.com/m/0000258270.html
・メルマ!http://www.melma.com/backnumber_173091/
掲載企業・団体
・株式会社メディカルヒューマンプロデュース http://www.m-h-p.co.jp
・Icube:http://icube.umin.jp/index.shtml
************************************************ Make Your great life!
※記事の著作権は各新聞会社に帰属します。
その他コメント等の著作権は坪田康佑に帰属します。
本内容を無断で転載することを禁じます。
ただ、引用いただくことは問題ございませんので
引用先として『感護師つぼの看護ニュース』としていただき
下記サイトにリンクをお貼り下さい。
http://plaza.rakuten.co.jp/shinkansengame/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-02-15  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。