時事・世論

ネタのコンサルタント。時事ニュースをネタで提供

毎日流れる時事・ニュースのなかで、ネタに使えるとしたら‥という観点から導きだしたニュース・時事を毎日紹介。顧客や友人・知人・上司・部下にも使えるネタをわかりやすく毎日提供します。

メルマガ情報

創刊日:2008-02-09  
最終発行日:2017-08-16  
発行周期:平日刊 19時配信(事情により若干前後あり)  
Score!: 78 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 名無しさん2016-03-15 07:23:44

    新党名と低迷する民主党

  • bha'y2009-02-25 08:02:48

    ラーメン店中傷 - 根拠のないマスコミ報道

    http://www.youtube.com/watch?v=nYY5it1TFag

  • 名無しさん2009-02-16 05:16:27

    基礎自冶体での内部組織の不透明をだれに相談するかによって激減する。

    管理職員の行動、態度のチェツクは急務とおもいます。特に、小さな町に部長などいらない。

  • 名無しさん2009-02-13 03:46:08

    基礎自冶体の

    平成21年2月5日の開成町公式ホームページ「町長のティータイム」に、地方分権改革推進委員会のことが掲載されています。



    地方分権改革推進委員会で、露木委員は、中央大学の富田俊基教授の主張(ヒアリング)に対して、財務省の方かと勘違いするほど、財務省寄りの主張を展開されたと述べられています。



    露木委員は構造を改める手段について見解が全く異なるとのことですが、現在、露木委員の開成町行政の中身は、新設小学校の建設、都市計画開発、新設道路建設等々を実行しようとしていますので、地方がおねだりするからいけないと受け止められるような主張に、正直、カチンと来たとのことですが、委員として、どうゆう了見か理解に苦しみます。

    (1)露木委員の従来の長期政治家パターンこそ、地方分権改革推進委員会・地方制度審議会でヒアリングする必要があるのではないでしようか?

    (2)国、県からの交付金、補助金等の歳出依頼ありきより、委員の開成町内部の行政改革が先ではないでしようか?

    (3) 地方分権改革推進委員会も、露木委員の開成町をテストケースとして、地方分権改革を進めてはいかがでしようか?



    特に、財務省の国庫補助負担金等の歳出について、国民の足元である、自冶体の行財政(地方債発行)の現状分析、問題点(役職職員の行動、態度)等を机上論でなく、現場でのチェツク、監視等、最優先に出来る事から取り組み改善、改革、指導が必要であると思いますが、私一人だけでしょうか。

  • 名無しさん2009-02-02 19:16:40

    念願の財政門題取り上げて頂いて有難うございます。

    今後も、分かり易い足元の基礎自冶体の財政分析を徹底的に継続で解明して下さい。

    読者は誰が取り上げてくれるか待つていたとおもいます。