出産・育児

こどもの素質を伸ばす正しいしつけ

子供が人として心の美しさを身につけるかどうかは、幼少期の親のしつけにかかっています。子供のしつけに自信が持てるように具体的に示唆し家庭の大切さを示します。

メルマガ情報

創刊日:2008-02-01  
最終発行日:2008-03-13  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

こどもの素質を伸ばす正しいしつけ

2008/03/13

【目次】

・ご挨拶

・テレビを見るのは二時間が限度
  
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【ご挨拶】
読者のみなさんこんにちは。

今あなたの家ではどのくらいテレビを見ていますか。

見てないけどずっと付いているというご家庭もあります。

テレビから得られる情報もあるのですが、

テレビが邪魔していることもあります。

一度ご家庭で保護者の方のテレビを見る時間を含めて考えてみてください。


********************************************************
  自宅にいながら空いた時間で何か仕事ができれば
あと5万円余分にあったらいいなぁ〜と思ってたときがありました。

そんなときこのページに出会って人生変わりました。
    http://adv.ciao.jp/gt1/index.htm

今では家族のために使えるお金の余裕ができて幸せです♪

********************************************************


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★★★★★★★★テレビを見るのは二時間が限度  ★★★★★★★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 おやつを食べたあとの子供が、まず向かうのはテレビでしょうか。

私はその前に宿題があれば片づけてほしい。

テレビを見る時間長ければ長いほど、子供の勉強のじゃまになります。

 統計によると、限度は二時間ぐらい。

 三時間から四時間になると、

子供の頭の疲労度が深よって明らかに成績が落ちるのです。

それにテレビは一方的にしゃべっているので会話が発達しません。

 ところが、親が外で働いていて留守ということになれば、

子供は三時に学校から帰ってきたとして、

まずテレビということが多いでしょう。

それから四〜六時と親が帰って来ても子供はテレビ。

はては七時まで見ていると、

テレビの前に四時間も子供をどっぷり漬けておくことになります。

これでは子供はくたびれて、新しいものを吸収する能力がなくなるのも当然でしょう。

 けれども、母親が働きにいっている家が六割以上に及ぶ、と言われる現代では、

子供のテレビを管理する者がありません。

 せめて朝、母親がいちおうテレビの番組について、ひとつの批評眼をもって、

 「これはいい、これは悪い」

 というようなことを、話してやることはできないでしょうか。

日ごろからテレビについては話題のなかで、

母親の推賞番組というようなもの、あるいは父親や母親が、

 「これはいい番組だ」

 と言って、子供に推賞できるものを、その家なりにつくることはできないでしょうか。

 私の知っている、たいへん教育熱心なお父さんは、

夕方、食事が終わってニュースが終わると

「お父さんも勉強だ」

 と言って、テレビを消してしまいます。

お母さんも仕事を始めるので、子供はテレビの前にいることがぐあいが悪くて、

自分の部屋へ行くとかいうことでした。

ですから、そこの家では、テレビは八時以降はほとんど、大人も子供たちも見ることがない。
 
子供たちが学校へ行くときは、必ず一緒に起きて一緒に食事をし、

 「今日は何時に帰る予定だ」

 とか、あるいは、

 「テレビを見るならこれがいいよ」

 とかいうようなことも言うそうです。

そうすると、子供はあれこれ迷うより、

やっぱりお父さんやお母さんに言われたそのチャンネルに回すそうです。

まあ、そこへ行くまでに、日ごろの信頼関係があるのでしょうけれども、

そういう家庭もあるのです。

 それからまた、私の知っているある家では、

お兄さんが中学の試験を受けるので、

家中がテレビを全然見なかった、というところもありました。

ニュースは新聞で見ればいいからということでした。

しかしまた、これはお兄さんのほうから、

自分の受験のために、弟や妹たちが見たい漫画を見ないでかわいそうだから、
 
「お兄ちゃんも見るから」

 と言って、午後の四時か五時ごろ、なにかおもしろい漫画があったそうですけれど、

そのときは家中で見たといいます。

 そういうことが実行される家庭というのは、

やっぱり小さいときから、家族全休に協力的な態勢ができている家だと思うのです。

最新のコメント

  • コメントはありません。