レシピ

おいしい炒飯&点心いかが♪

家庭で炒飯や点心を作るのって。。。
上手に作れなくてついつい敬遠しがちですよね。
そんな炒飯&点心をおいしく作るコツとレシピをご紹介します♪

全て表示する >

おいしい炒飯&点心いかが♪

2008/01/21


〜目次〜

・はじめまして
・炒飯作りのコツ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

〜はじめまして〜

このたびメルマガを発行することになりました akoです♪
おいしいものを食べるのが大好きな主婦です(*^▽^*)

ここでは炒飯&点心をおいしく作るコツ
そして簡単レシピをご紹介しまぁ〜す♪(*^ー^)人(^ー^*)♪

今日はまず 炒飯作りのコツをご紹介です

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

〜炒飯作りのコツ〜


「中華料理は火力の強いコンロで・・・」なんて聞いたことはありま
せんか?それは大きな誤解のようです。
コツさえ覚えれば家庭用の普通のコンロでもおいしい中華料理が作れ
るんですよっ!
基本をしっかりマスターしてチャレンジしてみましょう。


◎コツ1◎
炒飯など炒め物を作るときのコツは“から焼き”と“返し油”。
まず、中華鍋に大きめのフタをして、ごく弱火にかける。これが“か
ら焼き”です。
次にアツアツになった鍋に玉じゃくしで油を回し入れ、油つぼに返す。
これが“返し油”です。
返し油を2〜3回繰り返すと鍋肌に油膜ができて、鍋に油がよくなじ
むので材料が鍋にくっつかずに上手に炒めることができます。必要以
上に炒め油を使わないので、油っぽくべたつく炒飯にはなりません。

◎コツ2◎
油はかしこく使い分けます。何にでも新しい油を使うことはありませ
ん。数回揚げ物に使った油だと、素材の風味が移っていて、炒め物に
使うのにオススメです。なんともいえないコクが増します。
新しい油は“1番油”といって色やクセがないので卵料理や卵白揚げ、
フリッターに。数回使った油は“2番油”といって、炒め物や色の濃
い揚げ物などに使うのがオススメです。

◎コツ3◎
料理を手際よく作るには、下準備をしっかりしておきます。
炒飯を作るときは、切った材料をコンロの近くに入れる順番に並べて
おくといいです。
もちろん、調味料や盛り付ける器も忘れずに。
鍋の“から焼き”をしている間に下準備をすると調理時間が短縮でき
ます。

◎コツ4◎
家庭で炒飯を上手に作るには、分量が大切です。
家庭用コンロは火力が弱いので、分量が多いとうまくできません。
2人分が限界です。4人分を作るときは、2回に分けて作ります。

◎コツ5◎
中華料理の味のベースになるスープを“湯(タン)”といいます。和
食でいう“だし”です。味を左右する大切なものなので中華料理店で
は特製の“湯”を使います。家庭では、手に入りやすい市販の“中華
スープの素”を使うと、手軽においしく中華料理が作れます。
ペースト、粉末、液体といろいろな種類が市販されていますが、味や
塩分等がメーカーによって違うので、自分のお気に入りをみつけてく
ださい。
オススメは豚と鶏の両方で作ったスープの素です。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-01-19  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。