恋愛・人生

●夢仙人のひと言ー幸福の種★

◆夢仙人のひと言”は、風雷坊の行者、夢仙人がもっと楽しく生きていけたらいいな〜と思いながら、心の平安を求めての癒しの旅です。考え方は、全ての出来事を受け入れるところから初めて、判断の岐路に色々と考えをめぐらす趣旨です。よかったら暇潰しにどうぞ(笑)≫夢仙人


全て表示する >

【★夢仙人のひと言】幸福の種 Vol-0024

2008/05/20

−−−−【旬の話題】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●今日は暴風が吹き荒れています。
◆5/20の歴史の不思議?
1635年 江戸幕府が「鎖国令」発布。日本人の海外渡航と外国商船入港を禁止
1941(昭和16)年、東京港開港記念日、外国貿易港として開港指定を受けた。
1978(昭和53)年、新東京国際空港開港記念日、千葉県成田市に(成田空港)
が開港した。

※世界に向けて扉を閉めた日が、年を超え海と空の玄関の扉を開く・・(@_@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■●▼NEWS食糧危機>想う、おはなし編☆彡
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●人口と食糧・エネルーギー危機
世界の人口は、1年で8千万人、増えています。
貧富の拡大、温暖化など問題が山積です。石油の枯渇が近づき、表土と森が
失われています。人の生活が、太陽と地球からの恵みを、超えそうです。

チンギスハンが大帝国を築いた西暦1000年は、3億人でした。

1900年は、20億人1960年は、30億人で、

それから僅か約40年の1999年には、2倍の60億と急上昇しています。

穀物の生産は、品種改良と灌漑(かんがい)、肥料や農薬の利用で、50年間
に2.5倍にも増えましたが、穀物生産をこれ以上増やすのは難しくなりました。
バイオ燃料も難題です。穀物は年に20億トン生産され、動物のエサでなく、
人が直接食べれば、100億人が食べていけます。

中大型の魚は世界中合わせて4億トン。1年の全漁獲量は9500万トン、
養殖が2500万トン分ありますが?こちらもほぼ限界。 

家族や友人、子孫。そして人類のために。少しづつでも、電気、ガソリン、
エネルギーを節約しましょう。食物大事に、ゴミを少なくしましょう。
森や木を、自然を大切にしましょう。
地元で作られたモノを食べ、地元のお店や会社を利用しましょう。 
▼━━うんちく━━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食糧危機のことだ。この数年、小麦や米などの基本的な食糧の値段は2〜3倍
にまで跳ね上がった。途上国では、食料への出費が家計の半分以上を占める
ことも少なくない。食糧の輸入国にいたってはさらに深刻な状態だ。

主な原因は原油価格の高騰、新興国の経済成長、主要農産地を襲った悪天候
などだが、エタノールを始めとするバイオ燃料の推進である。

バイオ燃料用の農地は食糧生産には使えなくなってしまうので開墾(かいこん)
による森林伐採を促し、気候変動を早めてしまう。

昨年はコメ余りで価格が約1割下落し、農家支援へ米価の下支え対策を迫られた。
コメの需要は食生活の多様化を背景に一貫して減り続けている。
国民1人当たりの年間消費量は、ピークだった1962年度の118キロから
2006年度にはほぼ半分の61キロに減少した。

小麦は輸入に頼っています。商社が世界中より集めた物を国が買い取り国策に
より価格コントロールですが?価格上昇中です。

バターの品薄問題も、生乳生産は国策として国内の需要に応じて計画的に
行われているはずですが?、昨年の生乳余剰により生乳生産量を調整した事、
および猛暑の影響・飼料価格の高騰など、様々な諸問題により、原料となる
生乳が不足し、生乳生産量をすぐに増やすというのは難しくなっています。

国の農水政策にビジョンが期待できず不安を感じています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆好きな人物◆
 ──────────────────────────────────
●松尾芭蕉
松尾 芭蕉(まつお ばしょう)は、現在の三重県伊賀市出身の江戸時代前期
の俳諧師。俳号としては初め実名宗房を、次いで芭蕉(はせを)と改めた。

1680年に深川に草庵を結ぶ。門人の李下から芭蕉を贈られ、芭蕉の木を一株
植えたのが大いに茂ったので「芭蕉庵」と名付けた。その入庵の翌秋、
字余り調の芭蕉の句を詠んでいる。

『芭蕉野分して盥に雨を聞夜哉  芭蕉』

蕉風と呼ばれる芸術性の高い句風を確立し、俳聖と呼ばれる。
芭蕉が弟子の河合曾良を伴い、元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)に
江戸を立ち東北、北陸を巡り岐阜の大垣まで旅した紀行文『奥の細道』は
あまりにも有名である。

1691年江戸に帰った。その最期も旅の途中であり、大坂御堂筋の旅宿・
花屋仁左衛門方で「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の句を残して客死した

著名な句
古池や蛙飛びこむ水の音(ふるいけや かはずとびこむ みずのおと) 
夏草や兵どもが夢の跡(なつくさや つわものどもが ゆめのあと) 
閑さや岩にしみ入蝉の声(しずかさや いわにしみいる せみのこえ) 
五月雨をあつめて早し最上川(さみだれを あつめてはやし もがみがわ) 
──────────────────────────────────
★素敵な日々が過ごせますように祈念しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●■お願いとお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【風のたより】花鳥風月・携帯版]のメルマガを、ほぼ日刊で始めました。
空メールで購読できます。
00524930s@merumo.ne.jp
──────────────────────────────────
●風雷坊携帯HP http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/kaze-way/
★生命の風ブログ  http://kamakura.way-nifty.com/kaze/
──────────────────────────────────
PCでも掲帯でも画像も見れる掲示板もご利用下さい
http://www1.ezbbs.net/17/fuurai/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★★☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-01-15  
最終発行日:  
発行周期:毎週2回の不定期の配信で〜す  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。