恋愛・人生

自分嫌い克服論

自分のことが大っ嫌い!!そう思って今まで過ごしてきたけれど、それじゃ人生つまらないし悲しすぎる。
わたしの自分嫌いを克服した経験を通して、同じように感じている人に贈りたいメールマガジン。

全て表示する >

自分嫌い克服論 ☆第8号☆

2008/02/11



みなさん、こんにちは♪Hanax2マロンです。



2ヶ月間、休職し、たっぷり休息しました。

これでもかっていうくらい眠りました。

自分の時間も過ごしました。

あちこち出かけてみたり、カフェで勉強したり。

そして「働きたい」という意欲も芽生えました。

上司の計らいにより、

休職後は勤務先を変えて復帰することになりました。

以前よりは大変働きやすい環境でした。

本来自分がやりたかった仕事もさせてもらえた。

半年後、妊娠しました。

仕事柄、1日中立ち仕事だったので、

つわりで立っていられない私は仕事を辞めました。

子供ができたら親として責任を果たすために自分嫌いなんて治るだろうか。

なんて思ったりもしたけれど、治りませんでしたね・・・

むしろひどくなったかもしれません。

親としての自分も嫌いになってしまったのですから。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「あと5万あれば…」おこづかい目的の私が出会ったHP

主婦が家賃8万×3の収入と『自信』まで手に入れたって?

http://pstdia.sakura.ne.jp/myu/myof/index.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

交際している人がいない時は、

彼がいる人を羨ましく思い、

友達が趣味を楽しんでいる姿を見れば、

そんな友達が羨ましく思える。

独身で仕事をしている時は、

結婚して幸せそうな人を見て羨ましく思い、

いざ自分が結婚すると、

バリバリのキャリアウーマンが羨ましく思える。

言ってしまえば『 隣の芝生は青く見える 』ってことです。

『 ないものねだり 』とも言えます(苦笑)。

一体、自分はどうすれば満足できるのか?

答えは簡単ですよね。

何をしても満足できないんです、きっと。

昔の私のままだったら、ですけどね。

今の私だったら、何をしたって満足できるのではないかと思います。
   



☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

言葉の力って凄いです。

良くも悪くも作用します。

悪いことを考えたり口にしたりすれば、

それはその通りになってしまうのです。

何か新しいことを始める時、

「うまくやれるだろうか」と誰でも心配するものですが、

心配したことが現実になるってことありますよね。

それは自分が自ら引き寄せた現実です。

だったら良い方向へ作用するように言葉を使うべきではないでしょうか。

何か新しいことを始める時、

「大丈夫♪きっと楽しいことになるな☆」という気持ちでスタートさせれば、

きっと楽しめると思います。

当然、なんでも思いどおりに運ぶことは難しいですよね。

例えば・・・

今週はバレンタインデーが控えています。

大好きな男性にチョコレートを渡して告白したい!

両思いになりたい!

もしくわ、男性であれば、

大好きな女性からチョコレートがほしい!

告白されたい!

と思っても、相手の感情が入りますので叶うかどうかはわかりません。

でもその前に、

あなた自身の中に別の不安な気持ちが入ってませんか?

「受け取ってもらえなかったらどうしよう」

「ふられたらどうしよう」

「どうせもらえないだろうなぁ」

「別の男にあげるんだろうなぁ」

これではダメですよね。

現実になりかねません。

受け取ってもらえなかったら・・・ふられたら・・・

そんな状態ではあなたの魅力が伝わりません。

どうせもらえないんだろうなぁ・・・

そんな状態ではあなたの魅力が伝わらず、除外されかねません。

受け取ってもらうためにどんなことができるのか。

気持ちを受け止めてもらうためにどんなことができるのか。

彼女に振り向いてもらうために残りの日々、どんなことができるのか。

考えることがたくさんありますね♪




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-12-16  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。