恋愛・人生

自分嫌い克服論

自分のことが大っ嫌い!!そう思って今まで過ごしてきたけれど、それじゃ人生つまらないし悲しすぎる。
わたしの自分嫌いを克服した経験を通して、同じように感じている人に贈りたいメールマガジン。

全て表示する >

自分嫌い克服論 ☆第3号☆

2007/12/31

φφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφ

        自分嫌い克服論 ☆第3号☆
                  
φφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφ


みなさん、こんにちは♪Hanax2マロンです。

昨年の今頃は、

夫と離婚しようとしていました。

そう思っていたのは私だけですが・・・

前日の晩、夫が忘年会に出かけました。

遅くても0時頃には帰ってくると言っていたのですが、

実際帰ってきたのは朝6時。

メールを何度も送ったにも関わらず、

電話をしたにも関わらず、

夫からは何の連絡もありませんでした。

そして5時頃「今から帰ります」と。

理由は、2次会のカラオケに少しだけ顔を出したら帰るつもりだったのに、

寝てしまったのだと。

私は浮気を疑いました。

彼は私にうそをついていると思いました。

でも、彼の性格を考えれば、

寝てしまった、というのも本当の話だと思えました。

私は、夫の話を信じられる反面、

信じられない自分がいました。

そんな自分が嫌だったのです。

普段、飲みに誘われてもほとんど断ってきてくれた彼。

私が嫌がるから、とまっすぐ帰ってきてくれた。

忘年会で遅くなったくらいで怒ってる自分が嫌だった。

こんな私に縛られる彼がかわいそうだ。

早く開放してあげなくては。

そう思って、離婚しようと言いました。

当然、彼は納得するわけもなく、

今でも私と共に人生を歩んでくれています。



☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

私はいつも「幸せになりたい」と願っていました。

いえ、「どうしても幸せにならなくてはいけない」と思っていました。

幸せになることに使命感を抱いていた。

でも将来のことばかり考えておびえていた。

夫が自分の元を去っていくのではないかとおびえていた。

娘に恨まれる日がくるのではないかとおびえていた。

そんな将来にならないためにも、

絶対に幸せにならなければいけないと思っていた。

そして今やらなければいけないことが見えなくなっていたのだと思います。

『 他人と 過去は 変えられないけど

          自分と 将来は 変えられる 』

私はようやく目が覚めました。

私は何もしていなかった。

おびえていただけで、何もしていなかった。

自分が変われば、将来も変えられる。

自分の思い描いた、失敗したまだ起きてもいない将来ではなく、

幸せになった将来を実現できる。

そう信じて、そうなるように行動することにしました。

幸せになれなかった将来の自分を思い描いて行動なんてできません。

仮に行動できたとしても、

本当に思い描いた将来になってしまうだけです。

そう、過去の自分は自分が作ってきた過去。

これからの将来の自分も自分が作り上げることになるんですよね。

簡単なことだったのです。

こんな簡単なことに気がつくのに25年かかりました。
   


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

『 目標 』の立て方って知ってますか?

例えば『 次の検定試験に合格する 』とか、

『 いついつまでに○kgダイエットする 』とか。

でもその目標、やらなきゃいけない!って使命感に変わってませんか?

使命感に変わってしまったら、

本来の『 目標 』を見失っているに等しいですね。

『 目標 』はウキウキするものであってこそ『 目標 』です。

つまり『 次の検定試験に合格したら新しい分野に挑戦できる 』とか、

『 ○kgダイエットしたら、あんな洋服が着られる 』とか。

これを達成できた暁には、こんな楽しいことが待っている♪

という気持ちで取り組んでこそ『 目標 』でしょう。

でないと、いくら努力しても楽しくない。

楽しくないと、続かない。

達成できなかったとき、諦めてしまう。

『 目標 』を立てる上で大切なポイント。

それは『 諦めない 』ということではないでしょうか。

『 諦めた 』時、本当の意味で失敗です。






。。。。。。。。。〆(∀`*)P.S.

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よいお年をお過ごしください。

                ココロを込めて
  
                 Hanax2マロン    

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-12-16  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。