恋愛・人生

自分嫌い克服論

自分のことが大っ嫌い!!そう思って今まで過ごしてきたけれど、それじゃ人生つまらないし悲しすぎる。
わたしの自分嫌いを克服した経験を通して、同じように感じている人に贈りたいメールマガジン。

全て表示する >

自分嫌い克服論 ☆創刊号☆

2007/12/18

φφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφ

        自分嫌い克服論 ☆創刊号☆
                  
φφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφ




『 自分嫌い克服論 』創刊者のHanax2マロンです。

これまで25年間生きてきて、

自分で自分を愛せないがために苦しい日々を送りました。

このメルマガでは、

わたしがどうやって克服できたのかお話します。

わたしが克服できただけであって、

他の『自分嫌い』な人に効果があるのかどうかはわかりません。




☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆


『自分はこの世に必要な人間か』

このように自問自答して“Yes”と答えられる人は

この世にどのくらい存在しているのだろう。

少なくともわたしは“No”です。

いや、以前は“No”でした。

『この世に』という広い視野でみてしまうと

正直“う〜ん・・・”とうなずきがたいですが。

でも狭い視野で見てみれば

わたしには親がいます。

兄弟もいます。

そして夫がいます。

子供もいます。

学生時代からの友人がいます。

彼らの前から消えれば

彼らは必ず泣いてくれます。

親なんかこの先生きてくれるかさえわかりません。

そんなことを考えれば、やはりわたしは必要な存在です。

狭い視野しか見ていないけれど

それだけでわたしは生きていけます。



☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆


でも少し前まではそんな風には考えられませんでした。

わたしは親不孝者でしたから

姉・兄さえいれば、わたしは必要ないのではないかと思っていました。

夫も、わたしがいない方が幸せに暮らせるのではないか。

子供も、わたしが親だと不幸になってしまうのではないか。

友達だって、友達一人じゃないんだしいなくてもいいんじゃないか。

そんな風に思っていたのです。

夫と出会えただけでもぅ十分。

子供をこの世に残すことができたんだからそれでいい。

この世から消えてしまおうと思ったことは何度もあります。

その度に夫から力ずくで引き止められました。

涙を流されたことも何度もあります。

『引き止めてくれて嬉しい』

『泣いてくれて嬉しい』

そんなことわたしは思いませんでした。

『なぜわたしなんかを引き止めるのだろう』

『なぜわたしなんかのことで泣くのだろう』

『わたしなんかと一緒にいない方が絶対に幸せになれるのに・・・』

そんな風に本気で思っていました。

わたしなりに夫のことを思って、

わたしなりに子供のことを思って、

わたしと一緒にいても幸せにはなれないって思ってました。

悲しい人間ですね。

わたし、幸せになりたかったんです、これでも、本気で。

でも幸せを手にした後

夫から嫌われるのが怖かった。

子供から嫌われるのが怖かった。

不幸に落とされることが怖かった。

だから自分で幸せを本気で掴もうとしていなかった。

そんな自分が大嫌いでした。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆


ある日出会った方からいただいた言葉に衝撃が走りました。

その言葉のおかげで

嫌いだった自分から少しずつ変わり始めました。

そして自分嫌いから脱出したのです。

わたしはその人に感謝しています。

その人のおかげで

わたしは幸せになれると確信しました。

その言葉のおかげで

わたしは決して自ら消えてしまおうなどとは思いません。




    “ 今、できることは何か? ”  




。。。。。。。。。〆(∀`*)P.S.

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

                ココロを込めて
  
                 Hanax2マロン    

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-12-16  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。