メンタルヘルス

癒眠り(いねむり)のすすめ

「癒し」と「眠り」との関係を判りやすくご紹介します。筆者は東京を中心に発達に偏りのある子ども達への特別支援教育、療育、セラピー、カウンセリングを行っています。

全て表示する >

癒眠り(いねむり)のすすめ メールマガジン第116号

2011/07/28

約半年ぶりの発行となります。

この3月11日に発生した東日本大震災の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。皆様方が一日でも早く、安心して毎日を過ごすことが出来るようになりますことお祈りしております。
あまりのことに私はただ茫然とするばかりであります。本当に早くなんとかなって欲しいと思います。

私はカウンセリングを行う者です。心のケアとか対人支援ということを行う訳ですが、今回の大震災を前にして自分の無力さを痛感いたします。
何が出来るのか?どうすれば良いのか?結局何も出来ないまま現在に至ってしまっております。

とても抽象的な表現なのですが、何かお手伝いをするためにどうすれば良いかを考えております。特別なことでもなく、大それたことでもなく、自分の身の丈に合ったこととは何か?

一度、東北に行こうと思います。何かを共感して共有できればもっと何かが出来るような気がしています。

先日、日本女子サッカーがワールドカップ優勝という快挙を成し遂げました。
とても励みになる出来事でしたし、日本も久しぶりに嬉しい話題に包まれました。対戦相手のアメリカの選手の一人が、「何か大きな力が働いているようだった」というニュアンスのコメントを残していますが、本当に私もそう思いました。「何か大きな力」現代の科学では判らない何かが働いたのでしょう。

まとまりの無い文章となってしまいましたが、一人一人出来ることをしっかりと行うことが、きっと「何か大きな力」を生むことになるのだと思います。

みんな頑張れ!みんなで復興しよう!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-12-16  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。