哲学・心理学

言葉で相手の心は見抜ける

相手の考えや、自分をどう思ってるか?言葉癖や話し方に潜む心理や性格、本音を見抜く法、反対意見を言うときのコツ、一言で状況を変える言葉、人を動かす言葉などについて述べていきます。

全て表示する >

言葉で相手の心は見抜ける 第2回

2007/12/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥・☆★☆

        ///  言葉で相手の心は見抜ける   ///

☆★☆・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<INDEX>>
■発行者からご挨拶
■第2回 【1】相手の本音は”たった一言”で読める!
     <「私」「俺」「僕」−−−自分の呼び方に隠された願望とは?>

//==================================================================//

■発行者からご挨拶

この人は何を考えているのだろう?私のことをどう思っているのだろう?
と、みなさんは、考えたことはありませんか?
知りたいと思ったことはありませんか?
これから毎週、言葉癖や話し方に潜む心理や性格、本音を見抜く法、
さらには反対意見を言うときのコツ、一言で状況を変える言葉、
一言で人を動かす言葉などについて述べていきます。

//=================================================================//

■第2回
  【1】相手の本音は”たった一言”で読める!

     <「私」「俺」「僕」−−−自分の呼び方に隠された願望とは?>

+------------------------------------------------------------------+

あなたは自分のことを何と呼んでいるだろうか。

「私」「俺」など、自分をさして呼ぶ自称語には、その人の性格や深層心理が
反映されている。

私、僕、俺、あたし、わたくし、おいら、わし、あっし、自分・・・・
自称語は方言などを入れると数多くあるに違いない。

女性の多くは自分を「私」と呼ぶが、男性の場合は相手や場面によって異なる。

子供の頃に自分を「俺」と呼んでいても、大人につれて、友達や彼女の前では
「俺」、仕事上では「私」など、相手によって言い方も変わってくるものだ。

なかには、大人になっても相手や場所を問わず「僕」と呼んでいる人がいるが、
それは幼児的、女性的な性格の表れである。

老人になっても「僕」を多様する人は、俗世間とあまりかかわりを持たない
学者などに多いが、そうでなければ、幼児的性格の表れである。

自分を「わし」と呼ぶ人には、自分を大きく、偉く見せたいという欲望が
隠されている。自分をことさら野卑な言葉で呼ぶ人は、生々しい自分を
見せたくないためである。

また二十歳を過ぎて自分のことを名前や愛称で呼んでいる女性は、
精神的にかなり幼稚と見ていい。

「ミカもこれ好き〜」
「ユッコと呼ばれていま〜す。ユッコは〜」
そうかと思うと、
「○○ちゃんも食べたい」
「○○ちゃん、クレープ好きなの」
と自分のことを名前や「ちゃん」づけで呼ぶ女性もいる。

こういう言い方をするのは男性と一緒にいるときだけで、男性の前でコロリと
態度がかわるブリッコに多く、かなりわがままで自己中心的なタイプだ。

また自分がどう呼ばれているか、「あなた」とか「○○さん」といった
他称語にも、相手の自分に対する心理が出ている。

「田中さん」「田中浩一さん」「浩一さん」「浩ちゃん」「君」
「あなた」「お前」などと、同じ人でも相手の関係によって呼ばれ方は違う。
人間は親しくなっていくうちにつれて、相手の呼び方も変化してくるものである。

最初は「お客さん」だったのが、言葉を交わすようになって「○○さん」に
変わり、さらに親しくなると「○○ちゃん」と呼んだりする。
フルネームや「お客さん」「そちら」と呼ばれるより、「○○ちゃん」と
呼ばれる方が、親しみが増し、心理的距離も小さくなる。

裏を返せば、相手と親しくなりたいときは、相手を名前や愛称で呼ぶほうが
心理的距離も縮まるのである。

逆に、自分より優位に立っている人と対等になりたい場合、「あなた」
「○○さん」と呼ぶ場合もある。

人の名前以外で、「○○(地名)では」というように、同じ固有名詞が
繰り返しでてくるときは、その人にとて何か意味を持っていることが多い。

+------------------------------------------------------------------+

今回は、ここまでとします。
次回をお楽しみに。

//==============================================================//

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-12-12  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。