トップ > ライフスタイル > 生活の知恵 > 人とのコミュニケーションが苦手なあなたへ

会社・学校・近所などで人と会い会話をしなければ生活できません。人とのコミュニケーションが苦手な人でも避けられません。ならば、少しでも心がラクになる生き方(人といかにうまくコミュニケーションをとっていけるか)の対処法・ヒントを伝授します。 

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



自分の弱点がわかっているあなたへ

発行日:2/9

__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
__/
__/       人とのコミュニケーションが苦手なあなたへ★
__/                     
__/                       毎週土曜日発行予定  
__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・° 

★発行者から
★第11号《自分の弱点がわかっているあなたへ》

こんにちは、発行者のシェルダンこと石本裕美といいます。

人はひとりでは生きていけません、自分以外の人といかにうまく
コミュニケーションをとっていくかが大切です。

なかなか思うようにならなのが人間関係、とくにあなたにとって
大切な人との間に何かが起きたとき、自分はどうするのか。心の
動揺を乗り越え、どう対処していくかを考えるヒントになればと
思います。

そんなあなたを応援したいという気持ちから書きました。

  
  
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.
                  
        自分の弱点がわかっているあなたへ   

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

恋愛で、横からスッと恋人をとられてしまったあなた。

ライバルに情報を与えすぎて失敗したあなた。

上司に睨まれてしまったあなた。


原因は、自分にあるかもしれません。

失敗を繰り返さないために、後悔をしないため、大切な人と会う
30分前に心を落ち着かせ、のなかの感情を整理しましょう。

この第11号からは、『イソップ物語』を題材にして、自分をもっと
高めるのポイントをお教えします。

それを知ったうえで、もう一度襟をただして人に会いましょう。


 ……………………………………………………………………


       『ロバとオンドリとライオン』


ある農家にロバとオンドリとライオンがいました。

お腹のすいたライオンがそのロバを見かけて、ごちそうになろうと
しました。ところが、その足音を聞いてオンドリが鳴きだしたので、
ライオンは怖くなって逃げだしてしまいました。

ライオンというのは、オンドリの鳴き声を聞くと怖がるのだそうです。

ロバは、オンドリなんか怖がるようではライオンはたいして強くない
と思い、出ていって追いかけました。ところがライオンはずっと先
のほうへ行ってから、ロバを食べてしまいました。


 ……………………………………………………………………


★あなたは動物にたとえると、どちらのタイプですか?


≪ロバのタイプ≫

自分自身をまったくわかっていません。

表面的な部分で判断しています。おまけにコンプレックスをもって
います。それは、ライオンが怖いことを知っていながら追いかける

“浅はかな”にあらわれています。

つまり、ライオンがオンドリの声を聞いただけで逃げてしまった、
その部分だけをとらえてライオンは弱いんだと判断したことです。

結局、自分をしっかり見ていないと、大きな痛手を負いかねない
のです。



≪オンドリのタイプ≫

自分の弱点を知っています。

ライオンが自分の鳴き声を怖がるということを知らなかったオンドリ
は、単に怖いから鳴いただけであって、それはライオンを威嚇できる
という過去の経験を活かして得た情報にもとづいた行動ではありま
せん。

ただロバとちがっているところは、自分自身をよく知っているという
ことです。


ロバの基準はオンドリの鳴き声でした。自分にとってのライオンとの
関わり方、力関係をしっかり把握していれば、食べられることはなか
ったはずなのに。

このように自分をよくわかっていない人は、とかく人を甘く見てしまい
がちです。そして結果的には大きなヤケドを負ってしまうのです。自分
を知らない人はみずから行動しないで、いつも人の判断ばかりする
傾向があります。

自分に対する判断にはかならず弁解し、「私も悪いんですけど・・・」
と言いながら、けっして自分の非を認めようとしません。だから進歩
がない。こうして自分自身を見失っているのです。

うかつに人を甘く見ると、表面に出た言葉どおりにうけとってしまい
ます。また、起きてしまったその事柄だけで判断してしまうので、
おせじもウソも真実も見分けることができません。物事の基準かよく
わかっていないために、自分の弱点さえもわからなくなるのです。

ただし、弱点とコンプレックスとはまったくちがいます。

コンプレックスとは、自分が決めた基準にあてはめ、自分自身で自分
の心を傷つけること。コンプレックスをもっている人は、自分は嫌い
だけれど自分が大切だという人です。

自分が“ブス”だとは認めたくない。それなのに、「あなたはブスね」と
言われると、自分がブスが嫌いだから人からブスと言われるのは
許せない。

もっとも、コンプレックスにも「陽気なタイプ」と「陰気なタイプ」があります。

陽気なタイプは「あなた、キレイね」と言われると、「そうだ」と思ってし
まう人、陰気なタイプは「ウソばっかり」と思う人です。

自分の弱点を知っている人は、私はたしかに美人ではないけど、
そんな私も“かわいい”と思える人のことをいいます。
どうです、まったくちがうのがわかるでしょう。表面的、薄っぺらな
人間というのは、コンプレックスのかたまりと思ったらいいでしょう。


≪自分自身をよく知っていないと自滅します。
                弱点を長所に変える努力を≫

       
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
《自分の弱点がわかっているあなたへ》

発行者:石本裕美
お問合せ:http://the_yu_yu77@yahoo.co.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。
※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 人生の黄金時間

    最終発行日:
    1990/01/01
    読者数:
    16人

    めまぐるしく変わるインターネットビジネスで稼ぎに結びついたマメ情報を初心者が、迷うことのように極力丁寧にわかりやすく提供いたします。 ご期待ください。

  2. 雨霰

    最終発行日:
    1990/01/01
    読者数:
    12人

    サイトの更新情報やネタバレ情報などを御送りします

  3. メルマガ『一言だけ』

    最終発行日:
    2008/07/31
    読者数:
    31人

    たくさんの言葉は必要ない。 心に響くのはたいがい「ほんの一言」。 コミュニケーションに悩んでいる人、人生に疲れてきた人、ストレスのたまっている人、そんな皆さんに「今日の一言」をお送りします。ほんとに「ひとこと」です。

発行者プロフィール

過去の発行記事