マーケティング

現場に学べ!『感動するサービス』のツボと極意。

街にあふれる接客やサービスを独自の視点で分析し、仕事に役立つ情報をお届けします。東京ディズニーリゾートのサービス事例や、店舗マネジメントのノウハウも紹介。『気づき』のヒントが満載!!

全て表示する >

【接客の龍、サービスの虎。】◆香水の使い方のコツ!◆

2008/01/15

田田田…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…田田田
        接客の龍、サービスの虎。【メルマガ版】

          発行:『いいサービスドットコム』          
2008.01.15.       http://www.11-service.com/         Vol.013
田田田…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…田田田
───────────────────────────────────
◆ このメルマガでは… ◆
----------------------------------------------------------------------
 街にあふれるサービスや、お店についての情報を定期的に配信いたします。
 接客・サービス業のみならず、多くの方に楽しんでいただけるよう、趣向を
 凝らしていきたいと思います(^-^)


 ☆ 気づきのヒントが満載 ☆
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 きっと目からウロコがポロポロと、音を立てて落ちることでしょう。
 もし、ウロコが全く落ちる気配がなく、内容に納得ができない場合は、遠慮
 なく最下段より購読解除をしてくださいませ…(T_T)/~~

───────────────────────────────────
◆ 今回の内容 ◆
----------------------------------------------------------------------
 ○ はじめに
 ○ 香水の使用について
 ○ サービス体験談 [007]
 ○ 運営サイト紹介
 ○ あとがき

───────────────────────────────────
◆ はじめに ◆
----------------------------------------------------------------------
 こんにちは。さくらrockです。


 『第一回 街のサービスミーティング』参加者募集中!!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 接客やサービスに限らず、お店や仕事に関する情報を共有し、ご自身にとっ
 て有益なエッセンスを持ち帰ってもらおう、という主旨のものです。

 セミナーやビジネス交流会などのカタいイメージとは違い、街で出会ったサ
 ービスなどを雑談も交えながら、意見交換したいと考えております。


 ですので、「ミーティング」なのです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ミーティングについての内容や目的など、詳細については下記のホームペー
 ジを参照ください。
 現場や経験者からの「生きた情報」ならではの、学びがきっとあります。

 第一回は1月28日(月)です。
 少人数制ですので、お申し込みはお早めにお願いいたします。
 心より、お待ち申し上げております…m(_ _)m

 『街のサービスミーティング』公式サイト
   http://www.11-service.com/meeting/index.html  

───────────────────────────────────
◆ 香水の使用について ◆
----------------------------------------------------------------------
 接客・サービス業において、心地良い香りはとても重要な要素です。

 決して目に見えるものではありませんが、お客さまが感じる「ニオイ」には
 とても敏感になるべきでしょう。


 ところで、店内で発生する「ニオイ」として、代表的なものはこんな感じで
 しょうか…。


 ○ 飲食品のにおい
 ○ 汗・身体のにおい
 ○ 空調のにおい
 ○ カーペットのにおい
 ○ 水道管のにおい
 ○ 消毒剤のにおい
 ○ タバコのにおい


 などなど。
 中でも汗や身体のニオイ(体臭)は、一瞬で最悪のサービスに繋がりかねな
 い、重要なポイントです。

 そこで、オススメなのが、



 『香水』
 ~~~~~~~~


 です。


 接客・サービス業に従事している方なら、使用されている方も多いかと思い
 ますが、おさらいの意味も踏まえてまとめてみました。


 <種類>

 ・パルファム
  … 最も濃い。5〜7時間以上もちます。プライベート向け。

 ・オーデパルファム
  … 濃い。5時間くらいもちます。プライベート向け。

 ・オーデトワレ
  … 平均的。2〜3時間以上もちます。ビジネス向け。

 ・オーデコロン
  … 薄い。1〜2時間くらいもちます。ビジネス向け。


 <つけ位置>

 ・手首
  … 内側に1プッシュくらい。強すぎに注意。

 ・ひじの内側
  … 1プッシュくらい。皮膚の弱い方は避けましょう。

 ・腰
  … 1〜2プッシュ。バランスよい香りが維持できます。

 ・ひざの内側
  … 1〜2プッシュ。香りが全身を包んでくれます。

 ・足首
  … 1〜2プッシュ。ほのかに上品に香ります。


 <注意点>

 ・つけすぎに気をつけましょう。

 ・手首など上半身につけすぎないように。香りに酔います。

 ・汗をかく場所(わきの下など)は避けましょう。

 ・衣服につけないようにしましょう。

 ・本来の香りは30分経ってからです。


 と、いうところでしょうか。

 香りを上手く操ることで、ワンランク上の自分を演出することができます。
 また、心地良い香りは自らのモチベーションをアップさせ、効率良い仕事に
 繋がります。


 さらに、ここでもう一つアドバイスですが…


 普段から香水にこだわっている方(特に女性)は、その香りからブランド・
 銘柄まで分かるそうです。

 ホームセンターなどで売っている、「激安品」のブランド香水も悪くはない
 のですが、激安香水は流通が多いもの(誰もがつけている)や、逆に人気の
 ないものがあり、その香りで人となりまで判断されてしまう場合もあるそう
 ですよ。


 とはいえ、お値打ち品もあるので、全てとはいい切れませんが…。



 心地良い香りには癒しの効果があります。


 そこに居るだけで人を癒すことができれば、最高ですよね。
 接客・サービス業であれば、香水を上手く使ってみるのもひとつの手段なの
 ではないでしょうか。

 ちなみに、飲食店や食品を扱うお店ではご注意下さいね。
 料理の香りが損なわれる可能性がありますので…。

───────────────────────────────────
◆ サービス体験談 [007] ◆
----------------------------------------------------------------------
 こんなことがありました。



 都心の大手都市銀行。
 私は用件があり、閉店前の14:30頃、その銀行に向かいました。

 閉店前の銀行は、大体混みあいますよね。
 足早に向かい、受付の番号札をもらうために、発券機まで行き、ボタンを押
 そうとします。

 そこで、目に飛び込んできたものは…



 『72人待ち』!!!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 はじめは、見間違いかと思いました…はい。

 店内を見渡すと、いつもよりかなり多くのお客さまが、所狭しと立ちすくん
 でいる様子。


 どうやら本当らしい…。


 仕方なく番号札を手にして隅に立っていましたが、あまりの待ち人数のため
 、諦める決心がつくのに大した時間はかかりませんでした。

 よく見ると、待っている人達も表情険しく、イライラしている様子…そりゃ
 そうです(T_T)


 窓口はもちろんフル稼働。
 案内係も忙しそうで、シャッターを閉めたり、看板を移動したりと閉店作業
 に手間取っていました。


 待合椅子は満席で、壁際に立つためのスペースも無くなり、殺伐とした空気
 の中、番号を呼ぶ機械音が空しく響き渡っていたのです…。



 *-----**-----**-----**-----**-----**-----*
 *  このエピソードからの『ヒント』!!  *
 *-----**-----**-----**-----**-----**-----*

 どうしてこうなってしまったのでしょうか…。
 ここまでくるまでの、プロセスを知りたいものですね。

 ある一定の待ち人数を超えてしまうと、所要時間の予想が困難になってしま
 います。

 なかには、私の様に番号札を取ったところで、あきらめて退出した人も多い
 でしょう。


 こんなとき、フロア係は混乱を防ぐ措置をとらなければいけません。
 この状態を放置しておくと、もしかしたらパニックになってしまうかもしれ
 ませんからね…。



 責任者はこのような状態を想定しつつ、業務をチェックし、オペレーション
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 を適正化していかなければなりません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 窓口も、待ち人数をさばくために、良いサービスの提供が出来なくなってし
 まいます。
 そうすると、ミスも発生しやすくなるでしょう。

 また、フロア係もクレーム応対に追われ、本来の業務に就くことが難しくな
 ります。



 たとえば、

 ○ 一定の人数を超過した場合には、入店を制限する、

 ○ 対応できる窓口を、臨時で増設出来るようにしておく、

 ○ 番号札を持ったまま退出する人をカウントし、待ち人数に反映させる、

 ○ 長時間待っているお客さまに、お茶などのサービスをする、

 ○ 立っているお客用に、パイプ椅子などを設置する、

 ○ 来店したお客さまに、想定される待ち時間をアナウンスする、


 …などなど。
 考えられる対策やサービスを、事前に練っておくべきだと思います。


 イレギュラーな出来事にも対応できる、柔軟な発想と豊富なアイデアが、お
 客さまの不満を防ぐことに繋がるのですから。

───────────────────────────────────
◆ 運営サイト紹介 ◆
----------------------------------------------------------------------
『 接客の龍、サービスの虎。』 http://ameblo.jp/ooguibasser/ 
  街にあふれる接客やサービスを評価し、売上向上や顧客満足のための情報
  を提供しているブログ。J-RANKコンサルブログ1位の常連。
  参加ブログが少ないというウワサも…。いや1位は1位でしょう(^o^;)

『 いいサービス.com 』 http://www.11-service.com/ 
  店舗における顧客満足・従業員満足追求サイト。
  多くの業界で、店舗マネジメントを手がけてきた独自の視点で、店舗運営
  管理やサービスにまつわるノウハウを提供中。(近々リニューアル予定)

『 癒しサロンWEB経営塾 』 http://www.sakura-foot.com/iyashilabo/ 
  癒しサロンを経営する事業主さま、サロン起業家向けの情報提供サイト。
  自らもフットケアサロンを経営する傍ら、大手サロンで6年間培ってきた
  癒しサロンマネジメントのポイントを解説。

───────────────────────────────────
◆ あとがき ◆
----------------------------------------------------------------------
 『街のサービスミーティング』
 お申し込みやお問い合わせを、少しずついただいております。

 少しずつですが…(^-^;)

 接客やサービスの分野は正解がなく、それぞれの現場で起こった経験や自分
 の体験がベースとなってきます。

 その「引き出し」を広げる場が、このミーティングです。
 ぜひ、ご参加心よりお待ち申し上げております!


 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 それでは、また次回お会いしましょう(^▽^)/

田田━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━田田
  【発行者】 さくらrock
  【連絡先】  info@11-service.com 
  【H P】  http://www.11-service.com/ 
  【配 信】 『まぐまぐ!』『melma!』『カプライト』『めろんぱん』
       『Yahoo!メルマガ』
---------------------------------------------------------------------
   ☆ メルマガについてのご意見、ご感想をお待ちしております ☆  
     いっしょに楽しいお店づくりを目指しましょう(^-^)/
田田━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━田田
田━━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━━田
        Copyright(C) 2007 いいサービスドットコム        
             All Rights Reserved.             
田━━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━━━━━━…━━田

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-11-27  
最終発行日:  
発行周期:週2〜3回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。