近畿

飛鳥遊訪マガジン

飛鳥地域の歴史・文化・景観が好きな皆さん♪「両槻会」は、そんな皆さんと一緒により飛鳥を楽しもうと活動しています。飛鳥遊訪マガジンでは、歴史だけではない飛鳥の魅力もお届け出来ればと思います。皆さん!ご一緒に、もっと飛鳥を楽しみませんか♪

全て表示する >

飛鳥遊訪マガジンお知らせ号

2017/06/30

┏○INDEX‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┓

   1.お知らせ
   ―――――――――――――――――――――――――――
   2.飛鳥情報
   ―――――――――――――――――――――――――――

┗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥o○┛


o〇━━━
 ●1.お知らせ                        ○o。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第62回定例会予定

  トーク&ウォーク「古代の片岡を考える」を実施します。
  講師は、王寺町教育委員会の岡島永昌先生にお願いをしています。
  実施日 9月23日(土・祝日)
  詳細な予定は、7月7日(金)発行(271)号で発表いたします。

  岡島先生から頂いた講演概要
   平成12年(2000)に刊行された『新訂王寺町史』では古代の片
  岡に関して、敏達天皇系王族が新しい経済基盤を確立して勢力を強める
  ため、大和川水系を通じた交通の要地にあたる当地に進出し、片岡王寺
  を創建するなどしたと叙述されています。

   この町史の説は、非常に魅力あるものではありますが、2000年の
  町史刊行以後、王寺町でもようやく発掘調査が進みはじめ、おぼろげな
  がら古代の片岡を考える素材が出てくるようになりました。町史の説に
  導かれながらも、古代の片岡を一つずつ組み立て直していく時期にきた
  といえるでしょう。

   今回の定例会では、町史以後の片岡王寺、達磨寺、西安寺などの調査
  成果を紹介することで、古代の片岡を見つめ直す契機にできればと思い
  ます。

  :::::::::::

  情報のコーナーでも予定を掲載していますが、岡島先生による王寺町歴
 史ミニ講座が、月1回のペースで行われています。予習にはピッタリの講
 座ですので、ご参加いただければと思います。
 
  会場には、両槻会のチラシも置かせていただきます。

 明日(7月1日土曜日)より、定例会参加受付を開始します。
 
                                 ○o。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
  第62回定例会の正式な予定を迅速に掲載しご覧いただくために、発行日
 を変更しております。今回の発行は、予定変更と次号のお知らせと情報のみ
 とさせていただきました。
  定例の記事を楽しみにしていただいている皆さんには、申し訳ありません。
 ご了承ください。次号は、7月7日に発行いたします。


o〇━━
 ●2.飛鳥情報                         ○o。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ―――――――――――――――――――――――
  ●飛鳥資料館 春期特別展
  ―――――――――――――――――――――――
  「藤原京を掘る−藤原京の一等地・左京六条三坊の調査−」
    会 期: 7月2日(日)まで開催中
    時 間: 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
    場 所: 飛鳥資料館 特別展示室
    料 金: 一般270円、大学生130円
         高校生、18歳未満、65歳以上は無料(年齢のわかるものが必要)
    詳 細: https://www.nabunken.go.jp/asuka/kikaku/post-31.html

  ―――――――――――――――――――――――
  ●飛鳥資料館 夏期企画展
  ―――――――――――――――――――――――
  「第8回写真コンテスト −飛鳥の路−」

   ※応募締切 7月2日(日)必着

    会 期: 7月28日(金)〜9月3日(日)
    時 間: 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
    場 所: 飛鳥資料館 特別展示室
    料 金: 一般270円、大学生130円
         高校生、18歳未満、65歳以上は無料(年齢のわかるものが必要)
    詳 細: https://www.nabunken.go.jp/asuka/contest/8.html

  ―――――――――――――――――――――――
  ●帝塚山大学 市民大学講座  
  ―――――――――――――――――――――――
    開催日: 7月8日(土)
    内 容: 「4,5世紀の日韓交流」
           柳本 照男氏(元韓国東洋大学教授)
    時 間: 14:00〜15:30
    場 所: 帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパス2号館2101教室
    詳 細: http://www.tezukayama-u.ac.jp/museum/lecture/

  ―――――――――――――――――――――――
  ●桜井市観光協会 日本書紀講座(要申込)
  ―――――――――――――――――――――――
    開催日: 7月9日(日)
    内 容: 「磐余池と上之宮遺跡−聖徳太子の足跡を探る−」
           千田 稔氏(奈良県図書情報館 館長)
    時 間: 13:30〜15:30(受付13:00)
    場 所: まほろばセンター(桜井駅南口)
    詳 細: https://sakurai-kankou.jimdo.com/イベント/

  ―――――――――――――――――――――――
  ●飛鳥史学文学講座
  ―――――――――――――――――――――――
    開催日: 7月9日(日)
    内 容: 「飛鳥浄御原宮と伊勢神宮」
           菅谷 文則氏(橿原考古学研究所長)

    開催日: 8月6日(日)
    内 容: 「古代飛鳥の国づくり第2考
           〜日本国創生の地/飛鳥 女帝の時代〜」
           森川 裕一氏(明日香村村長)

  ・・・・・・

    時 間: 13:15〜(約2時間)
    場 所: 明日香村中央公民館
    詳 細: http://asukamura.com/?p=9623

  ―――――――――――――――――――――――
  ●葛城市歴史博物館 公開講座(要申込)
  ―――――――――――――――――――――――
  「葛城学へのいざない」
    開催日: 7月9日(日)
    内 容: 「大和川と馬見古墳群」
           吉村 公男氏(河合町教育委員会)

    開催日: 8月20日(日)
    内 容: 「縄文・弥生時代の竹内峠越」
           神庭 滋氏(葛城市歴史博物館 学芸員)

    開催日: 9月9日(土)
    内 容: 「葛城氏と古代の交通路」
           千賀 久氏(葛城市歴史博物館長)

  ・・・・・・

    時 間: 14:00〜
    場 所: 葛城市歴史博物館2階 あかねホール 
    詳 細: http://www.city.katsuragi.nara.jp/index.cfm/13,0,31,136,html

  ―――――――――――――――――――――――
  ●纒向学セミナー(要申込)
  ―――――――――――――――――――――――
    開催日: 7月15日(土)
    内 容: 「前方後円墳の築造と葬送儀礼」
           小山田 宏一氏(奈良大学教授)
    時 間: 13:30〜16:00(開場13:00)
    場 所: 桜井市立図書館 研究室1
    詳 細: http://www.makimukugaku.jp/info/event.html#seminar-9

  ―――――――――――――――――――――――
  ●国宝高松塚古墳壁画修理室の公開(要申込)
  ―――――――――――――――――――――――
    開催日: 7月15日(土)〜7月21日(金)
    内 容: 西壁女子群像・東壁青龍・北壁玄武の公開
    時 間: 9:00〜16:00
    場 所: 国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設
         (奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区内)
    詳 細:  https://www.nabunken.go.jp/fukyu/event2017.html#takamatsuzuka2017_18

  ―――――――――――――――――――――――
  ●キトラ古墳壁画の公開(要申込)
  ―――――――――――――――――――――――
    開催日: 7月15日(土)〜8月13日(日)
    内 容: 南壁(朱雀)の公開
    時 間: 9:30〜17:00
    場 所: キトラ古墳壁画体験館「四神の館」
         (奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区内)
    詳 細: https://www.nabunken.go.jp/fukyu/event2017.html#kitora2017_4

  ―――――――――――――――――――――――
  ●橿原考古学研究所附属博物館 速報展
  ―――――――――――――――――――――――
  「大和を掘る35−2016年度発掘調査速報展」
    会 期: 7月15日(土)〜9月3日(日)
    時 間: 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
    場 所: 橿原考古学研究所付属博物館 特別展示室
    料 金: 一般400円、高校・大学生300円、小・中学生200円
    詳 細: http://www.kashikoken.jp/museum/schedule/schedule.html

  ―――――――――――――――――――――――
  ●近つ飛鳥博物館 夏季企画展
  ―――――――――――――――――――――――
  「百舌鳥・古市古墳群を世界遺産に!−この夏、きみは古墳を知る−」
    会 期: 7月15日(土)〜9月10日(日)
    時 間: 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
    場 所: 近つ飛鳥博物館 特別展示室
    料 金: 一般430円、65歳以上・高校・大学生330円
         中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方 無料
    詳 細: http://www.chikatsu-asuka.jp/?s=exhibition/special

  ―――――――――――――――――――――――
  ●歴史ミニ講座
  ―――――――――――――――――――――――
  「片岡地域の古代寺院」
    開催日: 7月16日(日)
    内 容: 「記録に見る片岡王寺の伽藍」

    開催日: 8月20日(日)
    内 容: 「尼寺廃寺と片岡王寺」

    開催日: 9月17日(日)
    内 容: 「寺院から見た古代の片岡地域」

  ・・・・・・

    講 師: 岡島 永昌氏(王寺町教育委員会学芸員)
    時 間: 11:30〜12:00(開場11:00)
    場 所: 王寺町地域交流センター リーベルルーム
    詳 細: http://home.oji-kanko.kokosil.net/ja/rekisikouza

  ―――――――――――――――――――――――
  ●歴史リレー講座 大和の古都はじめ
  ―――――――――――――――――――――――
    開催日: 7月16日(日)
    内 容: 「春日の歴史と宝物−それに私の祖先と大和−」
           花山院 弘匡氏(春日大社 宮司)

    開催日: 8月20日(日)
    内 容: 「聖徳太子信仰の展開」
           佐伯 俊源氏(西大寺清浄院 住職)

    開催日: 9月17日(日)
    内 容: 「松永久秀と大和武士」
           天野 忠幸氏(天理大学 准教授)

  ・・・・・・

    時 間: 13:30〜15:00(開場12:15)
    場 所: 王寺町地域交流センター リーベルホール
    受講料: 500円(資料代含む)
    定 員: 各回270名
    詳 細: http://home.oji-kanko.kokosil.net/ja/rekisikouza

  ―――――――――――――――――――――――
  ●かんだい明日香まほろば講座(要申込)
  ―――――――――――――――――――――――
  「飛鳥と万葉集について(仮)」
    開催日: 7月16日(日)
    内 容: 講演
         「飛鳥を生きた万葉歌人 飛鳥川の上つ瀬を歩く」
           上野 誠氏(奈良大学文学部教授)
         「飛鳥を生きた万葉歌人 但馬皇子と穂積皇子」
           坂本 信幸氏(高岡市歴史館館長)
         パネルディスカッション
          パネリスト
           上野 誠氏
           坂本 信幸氏
           相原 嘉之氏(明日香村教育委員会文化財課長)
           乾 善彦氏(関西大学文学部教授)
          コーディネーター
           今井 邦彦氏(朝日新聞社 編集委員)

    時 間: 13:00〜16:00
    場 所: 有楽町朝日ホール
    定 員: 750名
    参加費: 500円
    詳 細: http://asukamura.com/?p=9810

  ―――――――――――――――――――――――
  ●帝塚山大学 市民大学ウォーク(要申込)
  ―――――――――――――――――――――――
  ※申込締切〜7/19

  「市民大学ウォーク5−三郷町・平隆寺と周辺の瓦窯を歩く−」
    開催日: 7月29日(土)(雨天決行)
    時 間: 13:00〜16:00(予定)
    講 師: 清水 昭博氏(考古学研究所長・付属博物館長)
    場 所: 生駒郡三郷町(約3.5kmのコース)
    定 員: 50名(抽選)
    詳 細: http://www.tezukayama-u.ac.jp/social/lectures/2017/05/23/389.html

  ―――――――――――――――――――――――
  ●万葉集を読む
  ―――――――――――――――――――――――
    開催日: 7月19日(水)
    内 容: 「大伴家持歌七首(714〜722番歌)」
           井上 さやか氏(万葉文化館指導研究員)

    開催日: 8月16日(水)
    内 容: 「跡見と佐保(723〜726番歌)」
           吉原 啓氏(万葉文化館主任技師)

    開催日: 9月20日(水)
    内 容: 「大伴家持と坂上大嬢(727〜740番歌)
           大谷 歩氏(万葉文化館主任技師)

  ・・・・・・

    時 間: 14:00〜15:30(開場13:30)
    場 所: 奈良県立万葉文化館
    詳 細: http://www.manyo.jp/event/detail.html?id=180

  ―――――――――――――――――――――――
  ●飛鳥学講演会(要申込)
  ―――――――――――――――――――――――
  「飛鳥の女性と仏教」
    開催日: 7月23日(日)
    内 容: 発掘報告
         「最近の飛鳥における発掘調査成果について」
           高橋 幸治氏(明日香村教育委員会主査)
         講演
         「飛鳥仏教と尼寺〜考古学からのアプローチ−」
           清水 昭博氏(帝塚山大学教授)
         「日本の黎明」
           澤田 瞳子氏(作家)
         パネル討論
          コーディネーター
           関口 和哉氏(読売新聞大阪本社編集委員)
          パネリスト
           清水 昭博氏・澤田 瞳子氏
    時 間: 13:00〜16:00(開場12:00)
    場 所: よみうりホール(東京都千代田区有楽町1−11−1)
    定 員: 1,100名
    参加費: 1,000円
    詳 細: http://www.asukabito.or.jp/information/2017/05/29723.html

  ―――――――――――――――――――――――
  ●三輪山セミナー
  ―――――――――――――――――――――――
    開催日: 7月29日(土)
    内 容: 「三輪山と額田王」
           鉄野 昌弘氏(東京大学大学院 教授)

    開催日: 8月26日(土)
    内 容: 「大物主神と大国主神−『古事記』の神話を読む−」
           松本 直樹氏(早稲田大学 教授)

    開催日: 9月30日(土)
    内 容: 「古代の王宮にそびえる大聖標」
           辰巳 和弘氏(古代学研究者)

  ・・・・・
 
    時 間: 14:00〜(受付12:30〜)
    場 所: 大神神社 大礼記念館
    受講料: 200円
    詳 細: http://oomiwa.or.jp/topics/topics_seminar/

  ―――――――――――――――――――――――
  ●葛城市歴史博物館 夏季企画展
  ―――――――――――――――――――――――
  「竹内街道 −竹内街道周辺の原風景−」
    開催日: 7月29日(土)〜9月3日
    時 間: 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
    場 所: 葛城市歴史博物館
    料 金: 一般200円、高校・大学生100円、小・中学生50円
    詳 細: http://www.city.katsuragi.nara.jp/index.cfm/13,0,31,html

  ―――――――――――――――――――――――
  ●桜井市立埋蔵文化財センター 発掘調査速報展
  ―――――――――――――――――――――――
  「50cm下の桜井」
    会 期: 10月1日(日)まで開催中
    時 間: 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
    場 所: 桜井市埋蔵文化財センター展示収蔵室
    料 金: 一般200円、小・中学生100円
    詳 細: http://www.sakurai-maibun.nara.jp/tenji/Sokuhou.html

  ―――――――――――――――――――――――
  ●東京国立博物館 日本の考古・特別展(平成館)
  ―――――――――――――――――――――――
  「ヤマト(倭)王権の成立 −宝器の生産−」
    会 期: 12月3日(日)まで開催中
    時 間: 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
    場 所: 東京国立博物館 平成館考古展示室
    料 金: 一般620円、大学生410円、小・中学生100円
    詳 細: http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5302

  ≪月例講演会≫
    開催日: 7月29日(土)
    内 容: 「古墳時代の石製宝器と儀器」
           河野 正訓氏(東京国立博物館 考古室研究員)
    時 間: 13:30〜15:00(開場13:00予定)
    場 所: 東京国立博物館 平成館講堂
    詳 細: http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=1&id=9055

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-11-11  
最終発行日:  
発行周期:隔週金曜  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。