トップ > 地域情報 > 近畿 > 飛鳥遊訪マガジン

飛鳥地域の歴史・文化・景観が好きな皆さん♪「両槻会」は、そんな皆さんと一緒により飛鳥を楽しもうと活動しています。飛鳥遊訪マガジンでは、歴史だけではない飛鳥の魅力もお届け出来ればと思います。皆さん!ご一緒に、もっと飛鳥を楽しみませんか♪

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



飛鳥遊訪マガジン

発行日:2/3

 o〇━━━
 ●1.両槻会からのお知らせ                  ○o。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  いつも飛鳥遊訪マガジンをご愛読いただき、誠にありがとうございます。

  本日、発行予定をしておりました第262号ですが、諸事情により休刊
 とさせていただきます。楽しみにしてくださっていた皆さん、誠に申し訳
 ありません。
  次号は、2月17日(金)に、発行いたします。暫くお待ちください。

  また、3月18日(土)に予定しておりました第61回定例会を、休止
 させていただきます。両槻会ならではの廃寺めぐりを予定しておりました
 が、実施が難しくなりました。山林寺院を専門とされる大西貴夫先生に同
 行をお願いし、解説をしていただく予定でおりましたが、断念せずをえま
 せんでした。この企画は、年内には再企画して実施いたします。その時に
 は、よろしくお願いをいたします。

  予定を変更して、休止のお知らせとなりましたことを、心よりお詫びを
 申します。
  次回定例会は、5月第3土曜日辺りに予定をしております。楽しみにお
 待ちください。

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 率直で、前向きの姿勢に好感持てました。頑張ってください。    千葉県のマガジン読者より

     2017/2/3

このメルマガもおすすめ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24333人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/06/07
    読者数:
    3293人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    5712人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    2859人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

  5. 大石英司の避難空港

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    2407人

    作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

発行者プロフィール

両槻会

両槻会

http://asuka.huuryuu.com/

飛鳥好きの方々と一緒にもっと飛鳥を楽しもうという集いです。主催定例会は、講演会やウォーキングを企画しています。当会は会員制ではありません。お気軽に何方でも参加頂けます。サイト(http://asuka.huuryuu.com)をご覧になり、趣旨をご理解の上でご参加下さいますようにお願いいたします。

過去の発行記事