近畿

飛鳥遊訪マガジン

飛鳥地域の歴史・文化・景観が好きな皆さん♪「両槻会」は、そんな皆さんと一緒により飛鳥を楽しもうと活動しています。飛鳥遊訪マガジンでは、歴史だけではない飛鳥の魅力もお届け出来ればと思います。皆さん!ご一緒に、もっと飛鳥を楽しみませんか♪

全て表示する >

飛鳥遊訪マガジン Vol.178

2013/12/30

 ┏○INDEX‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┓
    
    1.両槻会事務局からのご挨拶
    ──────────────────────────
    2.2013年 両槻会定例会 報告
    ──────────────────────────
    3.2014年 両槻会定例会 予定
    ──────────────────────────
    4.2013年 飛鳥の考古学の動向 
    ──────────────────────────
    5.編集後記 
    ──────────────────────────
 ┗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。o○┛

 o〇━━━
 ●1.両槻会事務局からのご挨拶                ○o。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  皆さん、こんにちは。飛鳥遊訪マガジン年末号をお届けします。
  今年一年のご支援、ご声援を、スタッフと共に深く感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

  年々、月日の経過が早く感じるようになってきました。今日を入れても、
 後2日で2013年が暮れて行きます。この一年は、仕事や家事や両槻会
 の運営に追われ、瞬く間に過ぎ去ってしまったように思います。もう少し
 丁寧に、そして気持ちを込めた定例会や飛鳥遊訪マガジンを発信しなけれ
 ばと思いながら、次回、次号と追われる一年であったように思います。し
 かしながら、皆さんのお蔭をもちまして、本年も6回の定例会を無事に実
 施することが出来ました。それぞれに思い出深い定例会になりましたのは、
 予定をやりくりして講演を引き受けて下さいます先生方のご支援と、参加
 してくださる皆さんのご協力があってのことだと思います。そして、飛鳥
 遊訪マガジンを購読してくださる皆さんのご声援のお蔭です。年末に際し
 まして、心よりの御礼を申し上げます。ありがとうございました♪

  皆さんから寄せていただきますご支援、ご声援を糧として、来年もまた
 回を重ねて行ければと思っております。来年も変わりませず、よろしくお
 願い致します。

  来年は、2月1日の第42回定例会から活動が始まりますが、両槻会は
 2月12日に設立7周年を迎えます。設立月に定例会を行うのは初めてな
 のですが、何かの記念イベントが出来ないものか、只今、事務局では無い
 知恵を絞っているところです。区切りの5周年でも10周年でもない7年
 目の締めくくりなのですが、事務局としましては良くぞここまで長く続け
 られたものだと感慨に耽っています。

  これまでに、定例会を41回と特別回8回の計49回のイベントを開催
 してきました。7年の最後の定例会は、ちょうど50回目に当たります。
 50回か〜!頑張りましたね。積み重ねてきたものが、どのようなもので
 あるのか、どれほどのものであるのかは分かりません。しかし、飛鳥に拘
 った活動を継続してきたこと自体に、意味があるように思っています。
 2014年の予定は、下欄の記事のようにほぼ出揃っています。それが、
 さらに充実した内容になるように頑張って行きたいと思っています。

  また、新しい展開として、来年から帝塚山大学考古学研究所との連携を
 強めて行くことを考えています。
  帝塚山大学考古学研究所 前所長を務められた故森郁夫先生には、両槻
 会への身に余るご理解を頂き、今年一月には帝塚山大学附属博物館の講座
 室をお借りしての主催講演会を開催することができました。現在、森先生
 の後を引き継がれた清水昭博所長には、更なるご支援をいただいておりま
 す。今後、両者によるイベントの共催や相互支援活動を通じて、両槻会活
 動をこれまで以上に充実したものに出来るのではないかと考えています。

  どうぞ来る年も、両槻会をご支援くださいますように、お願い致します。
 スタッフ一同、皆さんの定例会参加を飛鳥でお待ちしております。

  皆さん、良い年をお迎えください。

  
 o〇━━━
 ●2.2013年 両槻会定例会 報告             ○o。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2013年実施定例会一覧】

  1月 5日 第36回定例会 「片岡山辺をかたる」
         講師:清水昭博先生

  3月 2日 第37回定例会 「謎の石切場を訪ねる」

  5月11日 第38回定例会 「藤原京体感ツアー」

  7月13日 第39回定例会 「渡来系の寺を考える」 
         講師:網伸也先生

  9月14日 第40回定例会 「飛鳥ど真ん中を歩く!と光の地上絵を作りましょう!」

 11月 2日 第41回定例会 「飛鳥時代の土木技術」
         講師:青木敬先生 

  各定例会の資料・レポートは、両槻会サイトの「飛鳥路アーカイブ」ま
 たは「活動記録」からご覧いただけます。

  飛鳥路アーカイブ
   http://asuka.huuryuu.com/archive/archive1.html
  両槻会活動記録
   http://asuka.huuryuu.com/kiroku/kiroku.html


 o〇━━━
 ●3.2014年 両槻会定例会 予定             ○o。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
  2014年、両槻会では、第42回から始まる合計6回の定例会を予定
 しています。日時や内容などの詳細につきましては、随時両槻会サイトや
 ブログ、この飛鳥遊訪マガジン上でご案内していきます。お楽しみに♪

 第42回定例会 2月1日(土) 主催講演会
  「飛鳥寺西をめぐる諸問題」
    講師:明日香村教育委員会 文化財課 相原嘉之先生
 http://asuka.huuryuu.com/yotei/teireikai-42/yotei-42.html 

 第43回定例会 3月予定 主催講演会
   演題未定
    講師:京都府立大学 向井佑介先生

 第44回定例会 5月予定 ウォーキング
   コース未定

 第45回定例会 7月予定 主催講演会
   演題未定
    講師:近江俊秀先生

 第46回定例会 9月予定 イベント
  飛鳥光の回廊 飛鳥資料館会場ボランティア参加

 第47回定例会 11月予定 主催講演会
  演題未定
    講師:未定


 o〇━━━
 ●4.2012年 飛鳥の考古学の動向             ○o。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(日付は新聞報道日)

【1月】
 31日 大化改新の立役者出会いの広場に石敷き 飛鳥寺西方遺跡

【2月】
  2日 卑弥呼の祭祀用建物跡?奈良・纒向遺跡で柱穴100個超出土
  8日 堤跡:磐余池?から石敷き
  9日 蘇我馬子邸 宮殿並み? 奈良・島庄遺跡 塀跡の大型柱穴列見つかる 
 21日 箸墓古墳 現地調査で石敷きなど確認
 21日 菖蒲池古墳東側に外堤? 橿原市教委 盛り土と石敷き確認

【3月】
 14日 キトラ古墳石室に朱線、新たに51カ所 封鎖前最後の調査

【4月】 
 25日 京滋最古、7世紀中ごろの木簡か 近江国府跡から出土
 
【5月】
 11日 古代幹線道路:「国道」中ツ道も発見 奈良・藤原京跡北、砂で舗装
 24日 野口王墓古墳:5段構造の八角形墳
 25日 牽牛子塚古墳、築造に推定2万人 斉明天皇陵説を補強
 28日 難波津の歌:万葉仮名で瓦に 聖徳太子ゆかりの寺跡で出土

【6月】
 15日 築造時期、7世紀か 奈良・葛城、弥宮池西1号墳
 18日 国内最古級の中国製陶器か 奈良・山田寺跡の三彩破片

【7月】
  5日 薬師寺に「苑院」遺構…奈良期境内で草花栽培か
 26日 浜田青陵賞に阪大准教授・市大樹氏

【8月】
  7日 明日香に宮殿復元? 遺構の上、村が検討会
 14日 斉明天皇の孫、建王の殯塚 飛鳥時代円墳と判明 大淀町・保久良古墳
 17日 甘樫丘東麓遺跡:炭化小麦が出土 「乙巳の変」で燃焼?

【9月】
  2日 巨勢氏一族の墓?7世紀前半の円墳・市尾天満古墳
  5日 遺跡:甘樫丘東麓で造成地跡 蘇我氏ゆかりの地
  9日 古都歴史文化賞奈良賞受賞に文化庁・近江俊秀氏
 
【11月】
 20日 飛鳥京の庭園望む建物跡発見・飛鳥京跡苑池遺跡

【12月】
  5日 キトラ古墳:墓前祭祀の柱跡? 石室そばに2穴
 11日 壬申の乱の軍施設跡か・・・奈良・飛鳥寺西方遺跡
 13日 藤原鎌足の墓説さらに強まる 阿武山古墳に最高級の冠帽
 19日 奈良・藤原宮跡に19の柱列 塀や仮設建物の可能性
 27日 内郭の中核施設 立体復元へ 飛鳥浄御原宮の時期を中心に・飛鳥宮跡 


≪資料編≫:::::::::::::::::::::::::::::

【1月】
 「薬師寺食堂の調査」 現地説明会配布資料
  http://www.nabunken.go.jp/fukyu/pdf/20130126_1.pdf
    http://www.nabunken.go.jp/fukyu/pdf/20130126_2.pdf
  http://www.nabunken.go.jp/fukyu/pdf/20130126_3.pdf

【2月】
 「飛鳥寺西方遺跡 明日香村の文化財(18)」現地説明会配布資料
  http://www.asukamura.jp/chosa_hokoku/bunkazai/imgs/18.pdf

 「飛鳥寺西方遺跡」 シリーズ明日香をさぐる(明日香村広報誌)
  http://www.asukamura.jp/hakkutsujoho/imgs/24_1.pdf

 「飛鳥寺西の空間構成−飛鳥寺西方遺跡の調査から−」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/aibou/aibou.html#19(*)
  
  明日香村発掘調査報告会 2012
  http://www.asukamura.jp/chosa_hokoku/hokokukai/imgs/2012.pdf

 「嶋家・嶋宮の西の端 −島庄遺跡の調査から−」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/aibou/aibou.html#20(*)

 「纏向遺跡第176次調査」現地説明会資料
  http://www.city.sakurai.nara.jp/maki_c/pdf/makimuku176.pdf

 「大藤原京左京五条八坊の調査」現地説明会配布資
  http://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_bunkazai/bunkazai/hakkutsu/documents/24higashiikeziirisetumeikaisiryou.pdf

 「菖蒲池古墳範囲確認調査」現地説明会資料
  http://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_bunkazai/bunkazai/hakkutsu/documents/24syoubuikekohunsiryou.pdf

【3月】
 「菖蒲池古墳をめぐる諸問題 −菖蒲池古墳の調査から−」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/aibou/aibou2.html#1(*)

【4月】
 「二十四の瓦」〜帝塚山大学附属博物館春季特別展に寄せて〜
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/simizu.html#4(*)

【5月】
  帝塚山大学附属博物館『瓦の来た道−中国瓦の歴史−』のご紹介(2)
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/simizu.html#5(*)

【6月】
 「キトラ古墳の調査(飛鳥藤原第173-8次調査)」 奈文研ニュース49
  http://www.nabunken.go.jp/publication/news/pdf/news49.pdf

 「渡来系の寺を考える─檜隈寺跡を題材に─」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/ami/ami.html(*)

【9月】
 「甘樫丘東麓遺跡の発掘調査成果」 シリーズ明日香をさぐる(明日香村広報誌)
  http://www.asukamura.jp/koho/pdf13-11/20.pdf

 「甘樫丘東麓遺跡・飛鳥藤原大177次調査」 現地見学会配布資料
  http://www.nabunken.go.jp/fukyu/pdf/20130907.pdf

 「甘樫丘遺跡群を探る −甘樫丘東麓遺跡の調査から−」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/aibou/aibou2.html#2(*)

【10月】
 「第41回定例会を前に」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/aoki.html#2(*)

【11月】
 「飛鳥寺西をめぐる諸問題 −第42回定例会に向けて−」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/aihara.html#2(*)

 「 史跡・名勝飛鳥京跡苑池第8次調査 現地説明会資料」
  http://www.kashikoken.jp/from-site/2013/asukakyoseki-enchi8.pdf

 「国賓を迎える飛鳥の宮廷庭園(前編)−飛鳥京跡苑池の調査から−」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/aibou/aibou2.html#3(*)

 「瓦の来た道II−朝鮮瓦の歴史−」に関して「飛鳥瓦のルーツ、朝鮮瓦の世界」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/simizu.html#6 (*)

【12月】
 「特別史跡キトラ古墳の調査(飛鳥藤原第178−6次調査) 記者発表資料」
  http://122.218.209.219/dspace/handle/11177/1364

 「飛鳥寺西における謎の柱穴列 −飛鳥寺西方遺跡の調査から−」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/aibou/aibou2.html#4(*)

 「博物館の不思議な瓦」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/simizu.html#7 (*)

 「藤原宮の儀礼空間を探る−藤原宮朝堂院朝庭の調査から−」
  http://asuka.huuryuu.com/bunko/s-kikou/aibou/aibou2.html#5(*)

                    (*)飛鳥遊訪文庫へのリンク

 o〇━━━
 ●5.編集後記                     もも ○o。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  早いもので、飛鳥遊訪マガジンもこの12月初めに満6歳になりました。
 2007年11月末に準備号00号の発行に始まり、実質今号で184号
 目になります。今年も何とか発行を続けることができました。有難うござ
 いました。m(__)m
  次号は、明けて10日の発行となります。来年もよろしくお願いいたし
 ます。皆さん、良いお年をお迎えください。(^^)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-11-11  
最終発行日:  
発行周期:隔週金曜  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 両槻会事務局2013/12/31

    感想をありがとうございます。また、随分とお褒めいただき恐縮です。事務局は全くの素人集団ですので大したことは書けないのですが、連載いただいている先生方のおかげで6年も続けられています。

    今後とも、よろしくご購読ください。ありがとうございました。

  • 名無しさん2013/12/31

    非常に良い古代史の原点=飛鳥関係メルマガですね。中高生の日本史副読本にしてもらいたいと思います。