トップ > 地域情報 > 近畿 > 飛鳥遊訪マガジン

飛鳥地域の歴史・文化・景観が好きな皆さん♪「両槻会」は、そんな皆さんと一緒により飛鳥を楽しもうと活動しています。飛鳥遊訪マガジンでは、歴史だけではない飛鳥の魅力もお届け出来ればと思います。皆さん!ご一緒に、もっと飛鳥を楽しみませんか♪

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



飛鳥遊訪マガジン Vol. 070

発行日:12/28

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
┏━┓飛鳥時遊録   真神原風人
┃□┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━┛              飛鳥三昧 http://sanzan.gozaru.jp/

  2009年もいよいよ幕を下ろそうとしています。この一年、飛鳥遊訪
 マガジンをご購読くださいまして有難うございました。年末に際しまして、
 読者の皆様に篤く御礼申し上げます。来る年も変わりませず、よろしくお
 願いいたします。

  皆さんにとりまして、この一年が穏やかな年であったことを願うばかり
 ですが、世相は相反するようなことばかりでした。そのような中、両槻会
 では、定例会活動や飛鳥遊訪マガジンを通じまして、少しでも心温まる交
 流が出来ればと、当会のキーワードであります「飛鳥」の魅力を発信し続
 けてまいりました。

  この一年を通じまして、飛鳥遊訪マガジンではたくさんの先生方からご
 寄稿・ご投稿をいただきました。アマチュアのサークルである私達には、
 過ぎたる紙面作りが出来たのではないかと自負しております。先生方には、
 感謝の言葉もありません。先生方の記事に負けないように、読者の皆さん
 に支えられながら、スタッフの記事も更なる充実を図って行ければと思っ
 ています。

  また、特別な後ろ盾もなく運営しています両槻会は、ご支援くださいま
 す先生方と皆様のお陰で、この一年の活動の全てを無事終えることが出来
 ました。今年は、6回の定例会と3回の特別回と、秋には初めての試みと
 なる文化祭を実施いたしました。ご参加くださいました皆さん、ありがと
 うございました。一つ一つの回を丁寧に催して行きたいと思っているので
 すが、如何せんスタッフの人員や余暇時間に限りがあります。至らぬ点も
 多々あったと思いますが、それを反省点として来年の運営に生かして行け
 ればと思っております。読者の皆様にも、一層のご支援を下さいますよう
 に、お願い申し上げます。

  2010年は、第18回定例会からスタートいたします。年明け早々の
 定例会になりますが、まだ申込は締め切っておりません。どうぞ、お申込
 ください。お待ちしております。

 第18回定例会案内ページ
 http://asuka.huuryuu.com/yotei/teireikai-18/yotei-18.html


 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
┏━┓INDEX
┃□┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━┛
    1:両槻会からのお知らせ  
    -----------------------------------------------------------+
    5:飛鳥情報
    -----------------------------------------------------------+
    6:編集後記
    -----------------------------------------------------------+

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
┏━┓両槻会からのお知らせ
┃1┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━┛           両槻会サイト http://asuka.huuryuu.com/

  本年は、第12回定例会「飛鳥のみち 飛鳥へのみち −すべての道は
 飛鳥に通ず−」に始まる合計6回の定例会と3回の特別回、そして春先に
 昨年行いました飛鳥検定2のインターネット版公開、秋には「飛鳥を翔け
 た1000日の軌跡展」と題した文化祭を開催しました。文化祭を除く定
 例会・特別回には延べ226名の方がご参加くださいました。ありがとう
 ございました。中には、近畿エリア以外から参加していただいた方々も居
 られ、飛鳥というキーワードが繋ぐご縁の不思議を今更ながらに感じるこ 
 ともありました。飛鳥遊訪マガジンでも、遠方の方々にもご購読をいただ
 いているかも知れません。いつか読者の皆さんにも、お会い出来る機会が
 ありますことを願っております。


 【2009年実施定例会一覧】

  1月10日 第12回定例会 「飛鳥のみち 飛鳥へのみち」
         講師:近江俊秀先生
  2月21日 特別回「下ツ道ウォーキング 軽衢から平城宮大極殿」
  3月 7日 第13回定例会 「天空の里を訪ねる」
  4月18日 特別回 「忍坂街道探検ウォーキング」
  5月 9日 第14回定例会 「野守は見ずや 名柄の遊猟(みかり)」
  7月11日 第15回定例会 「飛鳥時代の戦いと武器」 
         講師:豊島直博先生
  9月12日 第16回定例会 「飛鳥瓦とその源流」 
         講師:清水昭博先生
         協力:岡田雅彦先生
 10月12日 両槻会文化祭
 11月14日 第17回定例会 「飛鳥の諸宮をめぐる」 
         案内:山田隆文先生
 12月 5日 特別回 「壬申の乱を歩く−旧道芋峠越宮滝行−」


  振り返れば、後半の定例会の実施日は生憎の雨になることが多く、参加
 者の足を鈍らせてしまうことも多かったと思います。しかし、昨年のよう
 に一日雨に祟られる日が出なかったことは幸いでした。両槻会では、ウォ
 ーキングなど野外での定例会の場合は、降雨が激しい場合の雨天予定も立
 てております。遠方よりお越しいただいてる方もいらっしゃるため、定例
 会を中止にはしたくないと思う気持ちからのことでした。雨の日には、雨
 ならではの良さもあるのですが、出来れば晴天を望むのが人情です。
 2010年も野外のイベントを3回予定しています。どうか晴天になりま
 すように。(-人-)

  各定例会の資料・レポートは、両槻会サイトの「飛鳥路アーカイブ」ま
 たは「活動記録」からご覧いただけます。

  飛鳥路アーカイブ
   http://asuka.huuryuu.com/archive/archive1.html
  両槻会活動記録
   http://asuka.huuryuu.com/kiroku/kiroku.html

 +-----------------------------------------------------------+

  2010年、両槻会では、第18回から始まる合計6回の定例会を予定
 しています。日時や内容などの詳細につきましては、随時両槻会サイトや
 ブログ、この飛鳥遊訪マガジン上でご案内していきます。
 お楽しみに♪

 【2010年定例会予定】

 第18回定例会  1月9日 主催講演会
  「石神遺跡について」
    講師:奈良文化財研究所 都城発掘調査部 青木敬先生
     http://asuka.huuryuu.com/yotei/teireikai-18/yotei-18.html 

 第19回定例会  3月 ウォーキング
  「竜在峠より入谷 大丹穂神社」 

 第20回定例会  5月 ウォーキング
  「新緑の高取城址から奥飛鳥」

 第21回定例会  7月 主催講演会 予定

 第22回定例会  9月 主催講演会 予定

 第23回定例会 11月 ウォーキング
  「磐余・天香具山から飛鳥へ」 


  講演会は、両槻会らしい暖かな雰囲気と、先生方に熱く語っていただけ
 る会になるように努力して行きたいと思っています。また活発な質疑応答
 を通じ、講師と参加者の距離が近い講演会を続けて行きたいと思います。
 講演会の内容に則した事前散策は、両槻会主催講演会ならではの企画だと
 思いますので、これからも続けて行きたいと考えています。

  どうぞ来年の定例会もご期待ください。ご参加を楽しみにお待ちしてお
 ります。


 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
┏━┓飛鳥情報
┃2┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━┛
  飛鳥遊訪マガジンや両槻会ブログでは、飛鳥に関わる現地説明会やニュ
 ースなどを出来る限りご紹介してきました。2009年の締めくくりとし
 て、「2009年 飛鳥の考古学の動向」と題し、この一年の主だった動
 きをリストアップしてみました。中には、両槻会にご縁のある先生方が関
 わっておられるものもあります。

  また、ほんの一部ですが、公開されている発掘調査などの資料ページを
 再掲してみました。現地説明会の現場へ、当日足を運ぶことはなかなか難
 しいものです。参加出来なかった方や資料をご覧になれなかった方もたく
 さんいらっしゃると思います。
  年末年始、ほっと一息つかれるときに、気になっていた遺跡の資料など
 捲られてみてはいかがでしょう。

  下記では、皆さんの記憶を喚起しやすいと思い、あえて新聞報道の見出
 しをリストアップしています。中には、センセーショナルなタイトルとな
 り、本来の遺跡の意味づけや発表内容にそぐわないタイトルや記事も多か
 ったように思います。アマチュアが接する情報には限りがありますが、し
 っかりとした目を持ってこれらの報道を見つめて行きたいと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

【2009年 飛鳥の考古学の動向】   (日付は新聞報道日)

  1月 8日 亀石から円弧状に伸びる石敷遺構
  1月23日 石室を挟み左右対称の排水口・高松塚古墳
  2月 9日 北側に大型建物跡、役所跡か・飛鳥京跡
         「飛鳥京第161次発掘調査」 
  2月 9日 キトラ古墳の石室の南壁を復元 
  2月12日 迎賓館の門、瓦ぶき?石神遺跡、改築で立派に・石神遺跡
         「石神遺跡第21次調査発掘調査」
  2月19日 幻の国道「紀路」か?・高取・薩摩遺跡
  2月26日 舎人親王墓ではない?築造は7世紀中・帯解黄金塚古墳
  3月11日 飛鳥川西岸で整備前の山田道?
  3月20日 卑弥呼宮殿の一角か 特異な張り出し柵や建物跡出土・纏向遺跡
  4月16日 「青龍」復元図公開・キトラ古墳
  5月29日 箸墓は卑弥呼の墓?
  6月12日 石室を囲む初の玉垣跡発見・桜井茶臼山古墳
  6月17日 日本書紀、蘇我氏邸の城柵か?
         「甘樫丘東麓遺跡−飛鳥・藤原第157次調査発掘調査−」
  7月 7日 韓国の木簡に「ナニワ」さん 7世紀、日本人の名前か 
  7月10日 蘇我氏一族の墓・シシヨツカ古墳
  7月15日 飛鳥苑池遺構でブリなど海水魚の骨
  7月23日 奈良・明日香村の石神遺跡で「幻の寺」
  8月 6日 藤原宮で幡棹遺構
  8月22日 卑弥呼の宮殿か?胸持柱跡・纏向遺跡
  9月15日 箸墓古墳に二重の周濠
  9月17日 寺造営時の現場事務所?最古のL字形カマド 
         「檜前寺周辺の調査−飛鳥・藤原第第156次発掘調査−」
  9月18日 推古天皇改葬後にも新しい柵跡・植山古墳
 10月22日 大王の石室 朱一色・桜井茶臼山古墳
 10月23日 高松塚古墳復元公開
 11月 1日 東漢氏の住居跡か?・檜前遺跡群
 11月10日 邪馬台国か?纒向で大型建物跡・纒向遺跡
 11月19日 木棺重量は264キロ・桜井茶臼山古墳
 11月25日 長さ15mの木樋、原型で出土・薩摩遺跡
 11月27日 大極殿囲む巨大回廊跡! 藤原宮跡
         「飛鳥藤原第160次発掘調査」
 12月 9日 一枚の瓦の謎 藤原宮と同文様の瓦が難波宮跡付近から出土


:::::::::::::::::::::::::::::::::::

【資料編】

【1月】
 「高松塚古墳の調査−154次−」(#)
 http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1327
 「高松塚古墳の発掘調査−飛鳥藤原第154次−」
                   奈文研ニュースNO.34(#)
 http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1354


【2月】
 「飛鳥京跡第161次調査−外郭北部の調査− 現地説明会資料」(#)
  http://www.kashikoken.jp/from-site/2008/asuka161.pdf

 「帯解黄金塚古墳 現地説明会資料」
  http://www.city.nara.nara.jp/www/contents/1236128868449/files/koganeduka.pdf

 
【3月】
 「古宮遺跡の調査 飛鳥藤原第152−8次調査」
                   奈文研ニュースNO.33(#)
  http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1260

 「石神遺跡の調査:石神遺跡第21次現地説明会資料」(#)
  http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1214
 「石神遺跡(第21次)の調査―第156次―(#)
  http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1323


【4月】
 「キトラ古墳壁画四神―青龍・白虎― 飛鳥資料館春期特別展から」
                   奈文研ニュースNO.32(#)
  http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1232


【6月】
 「檜隈寺周辺の調査−飛鳥藤原第155次−」
                   奈文研ニュースNO.33(#)
  http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1261 
 
 「甘樫丘東麓遺跡 飛鳥藤原第157次調査現地見学会資料」(#)
  http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1238
 「甘樫丘東麓遺跡の調査 −第151 ・157次−」(#)
  http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1322
 「甘樫丘東麓遺跡の調査 −飛鳥藤原第157次−」
                   奈文研ニュースNO.34(#)


【11月】
 「檜前遺跡群現地見学会配布資料」
   明日香村の文化財(13) 檜前遺跡群
   http://www.asukamura.jp/chosa_hokoku/bunkazai/imgs/13.pdf
   明日香村の文化財(14) 檜前遺跡群
   http://www.asukamura.jp/chosa_hokoku/bunkazai/imgs/14.pdf
  
 「纒向遺跡第166次調査現地説明会資料」
  http://www.city.sakurai.nara.jp/4211114.pdf

 「明日香村発掘調査報告会 2009」
  http://www.asukamura.jp/chosa_hokoku/hokokukai/imgs/2009.pdf

 「薩摩遺跡第10次調査現地説明会資料」
  http://www.kashikoken.jp/from-site/2009/satsuma/satsuma2.pdf


  (#)は、奈良文化財研究所の学術情報リポジトリのページになります。
  「本文をダウンロード」をクリックすると、PDFファイルが開きます。


 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
┏━┓編集後記  もも
┃3┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━┛
  今年も一年お付き合い有難うございました。m(__)m 2009年の飛鳥
 遊訪マガジンは今号が最終号になります。で、これは年末臨時号ですので、
 来年早々8日には、2010年の第一号が発行になります。年末年始も慌
 しい両槻会で申し訳ないです。^^;
  では、また10程日後に(笑) 良いお年をお迎え下さい♪

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 高木さん

    今年も一年、飛鳥遊訪マガジンをお読み頂いてありがとうございます。
    「飛鳥の考古学の動向」は、飛鳥好きが一年を振り返るに相応しい内容かと始めましたので、そう言って頂けると頑張った甲斐があります。ありがとうございます。(^^)

    来る年もよろしくお願い致します。
    良いお年をお迎え下さい。

    両槻会事務局 2009/12/28

  2. 一年間楽しく拝読させていただきました。毎回充実した内容の素晴らしいメルマガです。
    執筆、編集されておられ方々は、さぞ大変だろうと推察いたします。
    来年も欠かさず読ませていただきます。

    飛鳥の考古学の動向は、忘れていた情報を思い出させてくれました。ありがとうございました。

    高木 2009/12/28

このメルマガもおすすめ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24333人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/06/07
    読者数:
    3293人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    5712人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    2859人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

  5. 大石英司の避難空港

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    2407人

    作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

発行者プロフィール

両槻会

両槻会

http://asuka.huuryuu.com/

飛鳥好きの方々と一緒にもっと飛鳥を楽しもうという集いです。主催定例会は、講演会やウォーキングを企画しています。当会は会員制ではありません。お気軽に何方でも参加頂けます。サイト(http://asuka.huuryuu.com)をご覧になり、趣旨をご理解の上でご参加下さいますようにお願いいたします。

過去の発行記事