近畿

飛鳥遊訪マガジン

飛鳥地域の歴史・文化・景観が好きな皆さん♪「両槻会」は、そんな皆さんと一緒により飛鳥を楽しもうと活動しています。飛鳥遊訪マガジンでは、歴史だけではない飛鳥の魅力もお届け出来ればと思います。皆さん!ご一緒に、もっと飛鳥を楽しみませんか♪

全て表示する >

飛鳥遊訪マガジン Vol. 004 (年末増刊号)

2007/12/28

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…



◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
◇◆                               ◆◇
◆◇            飛鳥遊訪マガジン           ◇◆
◇◆                               ◆◇
◆◇        【 年末増刊号  Vol.004 】         ◇◆
◇◆           2007.12.28.         ◆◇
◆◇                                ◇◆
◇◆           両槻会 http://asuka.huuryuu.com/        ◆◇
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

 今年もいよいよ押し詰まってきました。
 メルマガ第3号でご紹介しました歌が実感として迫ってきます。

 「今日といひ昨日と暮らしてあすか川流れてはやき月日なりけり」

 早いもので、両槻会を作ろうとしてからほぼ一年が経過しました。一年前の
 暮れに、事務局員風人と伏見が馴染みの「串之家さわ」さんで飲んでいる時
 のことでした。

 風:こんなんしょうと思うんやけど、協力してくれる?
 伏:良いですよ♪

 と私(風人)には、聞こえました。(^^ゞ
 ただ居眠りで頭が下がっただけだったかもしれませんが、それが両槻会の始
 まりとなりました。(笑)

 年明けの第六回定例会で、最初の一年の企画が終わります。飛鳥検定を含め
 ますと、トータルでおおよそ70人くらいの方が参加してくださり、ご縁を
 持つことが出来ました。皆さんには、心よりの感謝を申し上げます。m(__)m
 また、両槻会をご支援くださいました先生方や各施設の職員の皆さんに、篤
 く御礼を申し上げます。
 何も下地のないところから始めた一年間、ここまで来れたのは皆様が盛り上
 げてくださったからこそだと思っております。ありがとうございました。

 ネットという怪しげな物の中から生まれた両槻会。一年目からこんなにたく
 さんの方のご理解とご支援を得られるとは、夢にも思っていませんでした。
 至らぬ点や未整理の部分も多々ありますが、一つ一つの定例会を大事に企画
 し、集まってくださる皆さんの力をお借りしながら、ありのままの自然体で
 活動して行ければと思っております。
 どうぞ来年も、一層のご支援ご協力を賜りますようにお願いいたします。
                               (風人)


 index
 ━━━━━━━━━━◇◆◇━
 〈1〉年末年始の飛鳥情報  
 --------------------------------------------------------------------
 〈2〉飛鳥発掘情報
 --------------------------------------------------------------------
 〈3〉両槻会からのお知らせ 
 --------------------------------------------------------------------
 〈4〉投稿のお願い 
 --------------------------------------------------------------------
 〈5〉08年両槻会定例会予定 
 --------------------------------------------------------------------
 〈6〉編集後記
 --------------------------------------------------------------------

 
 〈1〉年末年始の飛鳥情報
 ━━━━━━━━━━◇◆◇━

 明日香村内の施設の大半は、早いところで25日から翌年3日くらいまでは
 休館となるようです。正月休みの飛鳥訪問にはご注意ください。詳しくは、
 各施設のHPなどをご参照ください。

 飛鳥資料館は、年末25日から年始3日までが休館となります。
 4日からは、冬期企画展「飛鳥の考古学2007」が始まります。高松塚墳
 丘断面のはぎとりも展示されるそうで、版築の様子をしっかり確認すること
 も出来そうですね。

 飛鳥の有名社寺では、除夜の鐘を撞くことが出来ます。
 飛鳥寺・橘寺・岡寺は、いろいろとご接待も予定されているようです。
 岡寺の参道は大晦日には行灯が灯され、飛鳥寺は年越しの時間から本堂の扉
 が開けられ、仄かな明かりの中にご本尊が浮かび上がります。
 飛鳥好きの皆さんは、飛鳥で越年を計画されるのも宜しいかと思います。

 近隣では、橿原神宮や大神神社などで大々的な越年行事が行われ、たくさん
 の参拝客を集めますが、静かな年越しをお好みの方は飛鳥がお勧めです♪
 また、両方を回って、たくさんの福を集められるのも良いかも知れませんね。


〈2〉飛鳥発掘情報
 ━━━━━━━━━━◇◆◇━

 檜隈寺跡の北側で発掘調査が行われています。数ヶ所のトレンチに分かれて
 調査が進められています。講堂跡のすぐ北側とそれに続く小さな谷筋の地形
 が調査対象になっているようです。
 古代寺院の付近には、お寺に付属する工房跡などが検出されますが、この調
 査区でもそのような遺構が見つかるのでしょうか。また、東漢氏にかかわる
 住居跡等が見つかるのでしょうか。楽しみに報告を待ちたいと思います。

 先日行われた「石神遺跡第20次発掘調査現説資料」が公開されています。
 http://www.nabunken.go.jp/topics/index.html#f20071215

 当日配布の資料ですので、現地説明会に参加出来なかった方はご覧ください。


 〈3〉両槻会からのお知らせ
 ━━━━━━━━━━◇◆◇━

 第六回定例会は申し込み受付中です♪ お早めにお申し込みください♪
 今回は、古墳巡りと共に、飛鳥の伝統行事に参加出来る数少ない機会です。
 是非ご参加ください。お待ちしています。
 申し込みは、ブログのコメント及びメールで受付ています。

 http://asuka.huuryuu.com   メール asukakaze2@gmail.com

 今回は、予定コースに在る「塚本古墳」をご紹介します。

 塚本古墳は、稲渕の棚田の中央付近(棚田の中央を通る農免道路のカーブミ
 ラー付近上方)に存在しますが、石室も破壊され墳丘も削られているために、
 訪れる人もあまりありません。
 第四回定例会の時に、希望者のみご案内をしました。特に説明もしませんで
 したが、今回はメインの目的物の一つとして再訪したいと思います。

 古墳の規模は、周辺の発掘調査から、南北39.5m・東西39mの方墳で
 あったと考えられています。墳丘は二段以上に築成されていたようです。
 築造時期は、石室構造からみて七世紀前半であるとされ、石舞台古墳に近い
 時期と構造を持っていたと考えられています。

 石室の規模は、全長12.5m以上、玄室長は、東側壁で4.35m、西側壁
 で4.60m、玄室幅は奥壁で2.25m、玄室高は奥壁で2.80mだそう
 です。
 安置されていた石棺は、六突起の刳抜式家形石棺でしたが、玄門から羨道に
 かけて蓋のみが放置されていました。これは玄室の棺台から移動させられた
 もので、棺身は持ち去られたのでしょう。
 副葬品は、盗掘のためか全く残っていなかったそうです。

 現在、石室の奥壁と東壁の一部が露出しており、実際に目にすることが出来
 ます。棚田百選にも選ばれる稲渕の棚田の中に、このような大きな方墳が在
 ったとは驚かされます。ガイドブックには載っていない塚本古墳を覗いてみ
 るのも楽しみの一つにしてください。



 〈4〉投稿のお願い
 ━━━━━━━━━━◇◆◇━

 両槻会事務局が発行していますメールマガジン「飛鳥遊訪マガジン」への投
 稿記事を募集しています。飛鳥に少しでも関連していることでしたら、どの
 ようなお話でも結構です。メールにて、事務局宛に送っていただければ幸い
 です。   asukakaze2@gmail.com

 第3号の若葉さんに続きまして、次号には、ひげ田さんが投稿して下さった
 記事を掲載いたします。
 皆さんも、お気軽にどしどし投稿をお願いいたします。



 〈5〉08年両槻会定例会予定
 ━━━━━━━━━━◇◆◇━

 *実施中      飛鳥検定   インターネット版 (http://asuka.huuryuu.com


 *第6回      1月14日 ウォーキング   
          飛鳥古墳めぐりと男綱勧請綱掛見学と参加

 *第7回      3月 未定  主催講演会  
          「藤原道長と飛鳥」(仮題) 奈良大 滝川先生

 *第8回      5月10日 予定 ウォーキング 
          新緑の奥飛鳥ウォーキング 女淵探訪

 *第9回      7月12日 予定 主催講演会
           両槻会主催飛鳥資料館定例講演会

 *第10回   9月13日 予定 第二回 飛鳥検定


 *第11回  11月 8日   予定 ウォーキング   (詳細未定)

  
 定例会の詳細は、随時サイトとブログに掲載して行きますので、お楽しみに
 お待ちください♪



 〈6〉編集後記
 ━━━━━━━━━━◇◆◇━

 一年間ありがとうございました。
 来年も一層よろしくお付き合いくださいませ。m(__)m
 皆様には、良い年をお迎えください。

 尚、年明けのご挨拶は、両槻会ブログに掲載いたします。
 宜しければご覧ください。(^^)
     http://asuka33.blog.shinobi.jp/
                          (風人)

               
 ◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 ◇◆                             ◆◇
 ◆◇    発行 :両槻会 http://asuka.huuryuu.com/     ◇◆
 ◇◆                             ◆◇
 ◆◇    マガジンに関するお問合わせやご意見メールは    ◇◆
 ◇◆     asukakaze2@gmail.com 両槻会事務局まで     ◆◇
 ◆◇ 登録/解除は http://www.melma.com/backnumber_171530/  ◇◆
 ◇◆                             ◆◇
 ◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆


…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-11-11  
最終発行日:  
発行周期:隔週金曜  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。