レシピ

体においしいキマグレ

自分が作ってみた料理のレシピです

メルマガ情報

創刊日:2007-10-31  
最終発行日:2013-07-16  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

___________________________________________________

●体においしいキマグレ●

〜食べたいときに作るレシピ〜
___________________________________________________

  〜〜 目次 〜〜
01: 今回のキマグレ
02: リンゴと生姜のコンフィチュール
03: 応用方法

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01: 今回のキマグレ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

季節の変わり目、急に寒くなったり、冷たい雨が降ったり、
私の職場でもじわりじわりと風邪がはやっているようです。

「風邪」と聞いて思いつく食材は『生姜』。
ほかには・・・はちみつ、大根、金柑、葱、りんご等々。
「体を温める」といわれる食材や、胃に負担をかけないものですね。

そんな食材たちを使って、本当に効くのか実験してみようと思い立ちました。

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02: リンゴと生姜のコンフィチュール
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-材料-(150〜200g位できます)

生姜    :1個
リンゴ   :1/2〜1個
蜂蜜    :生姜+リンゴと同じ位の重さ
レモン果汁 :適当


1)生姜をすりおろします。
  煮沸消毒した瓶に入れ、同量の蜂蜜を入れ、常温で1晩〜2日放置します。

2)生姜の水分が出た!)を鍋(アルミはオススメできません)に移します。

3)リンゴをすりおろします。
  このとき、リンゴの色が変わらないように、レモン果汁を入れてください。

4)!)とリンゴと同量のはちみつを!)に入れます。

5)水気がなくなるまで煮るべし!

6)瓶に移し、粗熱を取ってから冷蔵庫で保存。

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
03: 応用方法
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キマグレですので、あくまでに適当にどうぞ。
私は蜂蜜の香りが苦手なので、半分「きび砂糖」で作ってますし、
温まるかしら?と「ゆず」を入れてみたり・・・
適当なので生姜も皮ごとすってますし、
リンゴも色がついてキレイじゃないかと皮ごとすってますから!
そうそう、リンゴは「紅玉」を使うと色が鮮やかでカワイイですヨ。

・お湯と1:1(お好み)で割ったのと葛粉で「葛湯」にしてみたり
クッキーやマフィンの生地に練りこんでもおいしいです。

・リンゴを入れずに生姜だけ蜂蜜付けにすれば、魚の煮物もおいしいですよ。

・辛味が苦手な方は、生姜を少し長めに蜂蜜に漬けておくとか
リンゴを多めに入れると気にならなくなりますよ〜。

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎: 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『生姜のからみは、ジンゲロールという成分から感じ、
このジンゲロールは体を温め、発汗作用をうながし、伝染病を防ぐ』

・・・だそうです。

『香りは脳を活性化させると言われています。』

・・・ほほぅ。

『生姜にはたんぱく質分解酵素があり、肉を柔らかくし、
肉を生姜につけておくと、肉のグルタミン酸が増加し、おいしくなります。』

・・・つまり生姜だけではコンフィチュールはできないのね
(ダメじゃん)

ちなみに、とろみは今回
リンゴやレモン(柑橘系果物)に含まれるペクチンを利用しています。
ペクチンだけでもスーパーで売ってますので、
酸味をつけたくない方はこちらをどうぞ。


さてさて、食した上司がどういう結果を持ってくるか、楽しみです。
「あげる」とは言ったけど、「プレゼント」とは言ってません(`m´)♪
『味見してvV』と渡していますから〜♪♪♪

最新のコメント

  • コメントはありません。