個人ニュース

布ヲツカンデ立チ上ガレ

時代、地域、文化、習慣、伝統、感性、美意識、必要性、必然性、身分、環境、社会、用途、戦争、平和、デザイン…etc。柔軟、不定型の布が鋭利に串刺しする。

全て表示する >

布ヲツカンデ立チ上ガレ vol:001「サフラン革命は何色?」

2007/10/26

サフラン革命は何色?
Vlo:001
確かタイトルは「アウンサン・スーチー女史のブラジャーはワコール」と言う、ちょっと品のないものだったと記憶している。2002年当時まだ“ブログ”など言葉もなかった頃で、私的なホームページに掲載したコラムの題名だ。なにもワコールでなくてもウィングでもよいのだが、とりあえず“トリンプ”ではないだろう言う推察から付けたものだ。では何故そう推察出来たのか、“トリンプ”ではないと…。

その当時まだ日本のミャンマーに対するODAは西側諸国の中ではトップであった。勿論同じアジアの国、豊かな天然資源と言う理由がある。しかし一方で人権に対する鈍感さもあろう。他の西側諸国が軍事独裁政権への人権抑圧に対する警鐘とは裏腹に。

そんな時気になるウェブサイトを見つけた。"CLEAN CLOTHES CANPAIGN"直訳すれば「キレイな衣服運動」とでもなるのか。
この場合の“キレイ”とは“スエット”ではない事、“スエット”とは“スエット・カンパニー”と称され、生産拠点を発展途上国に求め、生産コスト低減計る中、現地従業員に対する過酷な労働条件、人権の軽視等の実態を放置する企業を指す。この当時“GAP”“NIKE”等がやり玉に上がっていたと記憶する。

そしてこの問題を啓発したのは欧米の消費者団体、所謂NPOで、そのひとつが前出の"CLEAN CLOTHES CANPAIGN"であった。

「トリンプはミャンマーから撤退しろ!」当時トップで扱われていたキャンペーンだ。理由は“スエット”もあろうが、人権抑圧の軍政、その企業誘致策に乗った企業“トリンプ”に対する母国ドイツの民主化団体からの反発だ。

それは不買運動にまで発展していた。そして間もなく“トリンプ”は撤退することになる

このてん末が冒頭で述べた品のないタイトルに結びつき、“スーチーさんはトリンプではない”の推察になる。某国の入管における難民認定の実態を思うと、この一件は人権に対する意識の温度差を強烈に感じさせられた。

あれから約5年が立った。勿論この話題を再登場させたのは凄惨な鎮圧で幕を閉じたかに思える一件があっての事だ。今回は特に一命を犠牲に日本にも大きな衝撃を伝えることになった訳だが…。
 僧侶達の静かな行進から始まった今回の出来事、欧米マスコミの中には僧衣の色から「サフラン革命」と呼称しているところがある。これを知った時、少なからず混乱を覚えた。

TV映像、ニュース画像等から見られる僧侶達の衣について単純に何色と認識し呼称するか、“赤”じゃないの?
もう少し厳密に呼称するなら“朱”“緋”“茜”“バーミリオン”“スカーレット”…、どう思い巡らせてもサフランの黄色とは繋がらない。はて?ーしばし困惑のあと、なるほどっ、そう言う事ね!

サフランと聞けば、ムール貝のサフランスープ、サフランライス、テキスタイルでサフラン染めと直ぐ“黄色”が思い浮かぶが、料理をされる方ならご存じだろうが市販されているサフランとは同花のめしべを乾燥させたモノで、色は正しく僧衣の色を想起させる“赤”だ。

日本の食習慣にはまだ々馴染みが薄い、如何にも西洋的呼称だとも言える。さらに深読みすれば細身の僧侶の立ち姿にサフラン一本を当てはめれば行進は数百本、数千本のサフランの行進がイメージされる。

色だけならともかく、もし上記のイメージを呼称に用いたならば、欧米の優越視が読み取れるのではないか。こう言い換えればどうか「トウガラシ革命」

ともあれ、これ以上の“血染め”革命には発展しない様願い、また長井氏のご冥福を祈りつつ。

 【付録】 あまり知られていないだろうが、アウンサン・スー・チー女史は1985〜86年 京都大学東南アジア研究センターで客員研究員として日本の地で過ごしている。そんな事もあり一日も早い彼女の解放を望むも、それなりの事態の変化が必要でしょう、それを革命と呼ぶのでしょうが。

巻末に今回の鎮圧で“死者200名”と報道した「ビルマ民主の声」から少々ショッキングな画像を掲載しておきます。気の進まない方はこれより降りないでください。

※今回登場したウェブサイト及び加工転載(無断)画像のアドレスを下記に掲載しておく。
クリーン・クロス・キャンペーン:http://www.cleanclothes.org/
ビルマ・キャンペーンUK:http://www.burmacampaign.org.uk/
ビルマ民主の声:http://english.dvb.no/index.php
トリンプ・インターナショナル:http://www.triumph.com/de/index.php

彼の白いTシャツと首に巻き付いた“サフラン色”の僧衣を…
ツカンデ立チ上ガレ。
ウルトラファブリカ
「布ヲツカンデ立チ上ガレ」Vol:001
発行システム:『メルマ!』 http://melma.com/
配信中止はこちら http://www.melma.com/backnumber_171274/
責任編集:Masakazu Hisano
contact:master@ultrafabrica.com

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-10-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。