トップ > マネー・政治・経済 > ビジネス一般 > ビジネスに必須!3分間でディベート思考を学ぶ

ビジネスに必須!3分間でディベート思考を学ぶ

RSS

ディベートを学ぶことで、ビジネスに必須の論理、思考、分析、洞察、質問、問題解決の手法を身に付けることができます。入門から応用まで、誰でも議論や討論に勝つ技法が学べます。なお、「ディベート」については発行者サイトで詳細に説明があります。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2017-01-20
発行部数:
77
総発行部数:
36222
創刊日:
2007-10-10
発行周期:
毎週
Score!:
-点

ディベート企業研修 開講のお知らせ

発行日: 01/20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ ディベート研修:切れる英語力習得 開講のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料メルマガ 【ビジネスに必須!3分間でディベート思考を学ぶ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ディベート技術を用いてビジネス力(ビジネスで必要な能力)を効率的に習得するための企業研修が開講しました。

ディベートを学ぶことで下記のようなビジネス力(ビジネスで必要な能力)を効率的に習得することができます。

論理的思考力
分析力
洞察力
質問力
問題解決力
コミュニケーション力

ディベート研修は多様な目的で実施することが可能です。

一般職・管理職・役員研修のメニュー
新人教育、主任・係長研修、管理職研修、役員研修など、様々なレベルの研修の設定が可能です。

スキルアップ
個別スキルの習得が必要な人材に最適です。

職場単位でのチームビルディングや活性化
特定の職場における課題解決を図る手法として、職場全員にディベート教育を行います。

会社全体の企業風土改革
ディベートを全社的に導入することで、企業風土を改革して、温情や過去からの風習を断ち切り、誰もが自分の意見を発言してオープンに議論できる環境を整えることで、素早くより良い判断ができる全員参加型企業集団に変革を促します。

こちらから御覧ください。
http://debatekk.net/training/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ディベート教育株式会社
http://debatekk.net/
■各種お問い合わせ:info@debatekk.net
■有料広告のお問い合わせ:info@debatekk.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/01/23
    読者数:
    23893人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. TODAY経済レポート

    最終発行日:
    2017/01/23
    読者数:
    858人

    ナレッジの宝庫であるシンクタンクや金融機関・コンサルタントなどが公開している経済・経営・金融・産業・ネットビジネス関連などの新着レポート情報を毎日、お届けします。ビジネスパーソン・大学生必見。

  3. ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

    最終発行日:
    2017/01/20
    読者数:
    2211人

    【受講者数1万5千人以上!】 MBAホルダーがビジネスに必須のビジネス理論をわかりやすく解説。経営戦略、マーケティング、ファイナンス、人事・組織戦略などビジネススクールで学ぶ理論を無料で提供しています。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/01/23
    読者数:
    5520人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 『自分時間』のための段取力

    最終発行日:
    2017/01/23
    読者数:
    76人

    1日24時間のうち、あなたの「自分時間」は何時間ありますか?少し意識をするだけで、「仕事時間」を「自分時間」に変えることができるとすれば?その「少しの意識」を呼び起こすお話がこのメルマガです。

発行者プロフィール