福祉・介護

のんびり通信〜発達障害を持つ子どもたちのくらしのためにin鈴鹿〜

鈴鹿市の発達障害の子どもを持つ保護者の会の情報のメルマガです。

メルマガ情報

創刊日:2007-10-08  
最終発行日:2007-10-09  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

防災について 
2007年07月27日(金) 14時38分
中越沖地震があり、
人事ではないと感じました。

もし、大きな地震が来たら・・・・

自分達の意識向上の為にも
防災課の方のお話をお聞きし、
勉強したいと思います。


お気軽に「防災のお話」


とき:10月10日(水曜日)10時〜12時
鈴鹿市役所12階
1204号室

*家はおばあちゃんがいるけどどうなのだろう
*自宅待機になりそうだけど住んでいる付近は液状化は大丈夫?
*とりあえず家で今しておくことは何?

などなど。

地震以外にも
集中豪雨、台風などさまざまな視点から
お話をお聞きできると思います。

お誘い合わせの上
おいでくださいね。

@@@@@@@@@


「連続講座 SHAREして生きるためにー発達障がいを通して考えるー」


講師:中谷正恵さん

1、発達障がいをもつってどういうこと?   

生まれもって障害も持つ人、中途障害を持つ人、高齢者になり自分の体や心の変化にとまどうことも含め、障害をもつことの意味や、出来ることだけを目指すのではなく、苦手なこと、出来ないことがあっても、人は自分らしくいきる権利があることを伝えていければと思います。


2、父ちゃん・母ちゃんの現状 なにがしんどいのか考えてみよう。
夫婦で協力して、子どもを育てること、家庭運営をおこなうことや、育児中心における女性の生き方について、問題提示をしながら、意識的に、自分の気持ちを振り返り、どう家族と向き合うのか、社会に参加するのかを考えていきたいとおもいます。


3、わたしらしくいきるためにー成人当事者からの発信ー

ひとりの当事者男性の発信から、発達障害をもち生きるために、ご自身が努力したことや、まわりへの協力をどのように培っていったかを伝えていただき、アドバイザーからの提案も付け加えていき、問題提示をしながら、社会にみなさんがどのように男女共同参画するかを考えていただくきっかけつくりをしたいとおもいます


場所:ジェフリーすずか

日程は1回目は終了、11月22日木曜日、12月4日火曜日それぞれ10時〜2時

午前は講座。

午後は中谷さんとの個別相談(希望者)
あと3枠空きがあります。

毎日、子どもと向き合ってるお母さんのと個別の時間をとることにより、お母さんが安心して自分の心をひらき、悩みを吐き出すことや、障害を理解し、障害児との楽しい生活に繋がる工夫を提案する時間にしていきたいとおもいます。

注意@午後の個別相談を受ける方、サポートブック講習を受ける方はお弁当持参してください。



最新のコメント

  • コメントはありません。