トップ > 学校・教育 > 歴史 > 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

日本のように君主制を採用する国は世界的に少なくありませんが、神話の世界につながるほど古い歴史を持ち、国の歴史とともに、1つの王朝が連綿と続いているのは日本の天皇しかありません。しばしばテレビのニュースなどに登場する天皇は、本当は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部、斎藤吉久が事実に基づいて、できるだけ分かりやすくお話します。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



葦津珍彦の天皇論を学び直してほしい

発行日:5/29

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

葦津珍彦の天皇論を学び直してほしい
──竹田恒泰氏の共著『皇統保守』を読む 最終回

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 現代を代表する伝統主義者の1人である竹田恒泰氏の天皇論を、10回にわたり、あえて批判的に読み進めてきました。

 他意はありません。伝統主義的天皇論の進化を心から願うからです。

 しかしどうしても理解できない人もいるようです。私の表現力がつたないからなのか、個人攻撃をしていると見る人が少なくないようです。

 くれぐれも誤解のないようにお願いします。誰が間違っているとか、悪いとかいうのではありません。天皇論の進化がテーマなのです。

 結論的にいえば、竹田氏に限らず、伝統主義的立場の天皇論をもう一度、葦津珍彦のレベルにまで戻し、葦津の天皇論を原点として、あらためて学び直すべきだと思います。葦津の天皇論を超えるものを、少なくとも私は知りません。


▽1 「尊さ」から「存在理由」に変わる

 本論に入る前に、1点だけ申し上げます。

 前回、私は、8年前に出版された、八木秀次氏との共著『皇統保守』と、最近、iRONNAに載った竹田氏の論考を比較し、「何も変わっていない」と申し上げましたが、じつは大きく変化している点があります。

 竹田氏は『皇統保守』では、天皇の「尊さ」を問いかけたのでした。「万世一系論を議論することは、『天皇がなぜ尊いのか』という議論に直結する」と述べ、葦津珍彦の天皇論を引いたうえで、「葦津先生は『言葉では説明できない』と断言されるわけです。私もそうだと思うんです」と語っていました。

 これについて、私は、葦津は「なぜ尊いか」と発問していないし、「説明できない」とも言っていない。葦津は「日本の国体」の多面性を指摘し、「抽象的な理論で表現することは至難」と説明している(「国民統合の象徴」)。葦津の天皇論のテーマは「天皇制の存在理由を明らかにしようとするもの」(「天皇制研究とは何か」)だったと批判しました。

 それが、今回、たいへん興味深いことに、竹田氏の論点は「天皇の尊さ」から「男系継承の制度趣旨」に変わり、そのうえで、「人々の経験と英知に基づいて成長してきたものは、その存在理由を言語で説明することはできない」とあらためて言い切っています。

 論点は葦津風の「存在理由」に変わりましたが、「葦津」の名前は消えました。


▽2 「尊さ」と「存在理由」は同義ではない

「葦津」が消えたのはまだしも、「尊さ」が「制度趣旨」「存在理由」に変わったのはなぜでしょうか。

 天皇は「尊い」から「存在」すると竹田氏はお考えなのでしょうか。

 むろん古来、連綿と男系男子によって継承されてきた天皇の存在は「尊い」ものです。けれども、「尊さ」は「存在」の理由でも目的でもないでしょう。

 アメリカ建国時代の、もはや神話化された大統領の事績を「尊い」と感じるアメリカ国民はいるでしょうが、アメリカ大統領は「尊い」から存在すると考える人は少ないと思います。「尊さ」と「存在理由」は同義ではありません。

 同時に、歴史的に長く続いてきたことが「尊い」という感覚は、あくまで現代人の視点に過ぎないように思います。

 天皇という「存在」を編み出した古代人にとっては「尊さ」のほかに「存在理由」があったはずです。「歴史と伝統」への感覚を失いつつある現代人にとっては、むしろその「存在理由」こそが重要なのではありませんか。

 葦津が問いかけた、天皇の「存在理由」とは、現代人にとってのみならず、各時代において、多様なる、それぞれの民にとっての「存在理由」だったはずです。


▽3 神社界を本拠地とした葦津珍彦

 葦津珍彦は福岡・筥崎宮の社家の家系に生まれました。戦前から戦後の、知られざる日本近代史の生き証人でもあります。

 青年期には頭山満や今泉定助などと交わり、中国大陸での日本軍の行動や東條内閣の思想統制政策を痛烈に批判し、大戦末期、朝鮮の独立工作を進めたことも知られています。

 敗戦で日本の宗教伝統が過酷な状況に陥るといち早く察知した葦津は、「神道の社会的防衛者」となることを決意し、戦後の神社本庁創設、紀元節復活、靖国神社国家護持、剣璽御動座復古、元号法制定などに中心的役割を果たしました。

 著書は50冊を超え、一介の野人を貫いて、平成4年春、82歳でこの世を去りました。

 生涯、本拠地とした神社界では「戦後唯一の神道思想家」と呼ばれていますが、いまやその存在と言説を知る人はけっして多くはないと思います。

 かくいう私も、単なる「右翼ジジイ」ぐらいにしか思っていませんでした。知らないというのはじつに恥ずかしいことです。

 膨大な著書は、論理をつないでいる事実がしばしば飛んでいて、読みやすいものではありません。私の葦津研究は、歴史の事実を再確認し、穴埋めするところから始まりました。葦津がいみじくも

「日本の国体というものは、すこぶる多面的であり、これを抽象的な理論で表現することは、至難だ」

 と述べているように、私は神道学や民俗学のほか、食文化、稲作農業史、比較文化など多岐にわたる著書を読みあさる羽目になりました。しんどいことでした。


▽4 葦津の天皇論を知らない人なら

 竹田氏が「なぜ男系男子でなければならないのか」を問いかけ、そして「理由などどうでもよい」と切り捨てたエッセイは、葦津が仕事場とした神社界でもっともよく知られる神社の一社が開設したサイトに載っています。

 八木氏との共著は、「葦津珍彦に学ぶ」ことが表明され、著書が何度か引用され、「神社界では」という表現も見られます。

 葦津を知らない現代人に葦津の名前を知らしめた点では、竹田氏は間違いなく最大の功労者の1人だろうと思います。

 しかし、すでに指摘したように、葦津とは問題関心も違うし、引用の内容も正確とはいえません。結論も異なります。

 葦津の天皇論を内容的によく知らない人にとっては、正統な保守主義を引き継ぐ葦津の後継者が現れたと大歓迎するかも知れません。

 著名神社のサイトにエッセイが載っているのは、その結果と思われます。

 出版や講演のほか、メディアへの露出も多いのは、ビジネスとしては大成功なのでしょう。喜ばしいかぎりです。


▽5 葦津を知る人ならすぐ分かる

 けれども、葦津とその天皇論を知る人たちは、どう考えるでしょうか。

 竹田氏は「葦津に学ぶ」と表明し、天皇=祭り主論を展開していますが、葦津の天皇論は単なる祭り主論ではありません。竹田氏はある神道学者の学説に依拠し、宮中祭祀=稲の祭りと論じていますが、葦津は違います。

 葦津は稲の祭りともそうでないとも述べた形跡はありません。少なくとも私は読んだことがないのですが、稲の祭り論では葦津が主張する、天皇=「国民統合の象徴」とはなりにくいでしょう。

 天皇の祭祀=稲の祭りでは、稲作民を精神的に統合することはできても、畑作民をも統合する儀礼とはなりにくいでしょう。ローマ教皇の典礼がカトリック信徒を統合し得たとしても、プロテスタントやムスリムたちを精神的に統合し得ないのと同じです。

 稲作民のみならず畑作民をも精神的に統合することが天皇の存在理由であるならば、古代律令に「およそ天皇、即位したまはむときは、すべて天神地祇祭れ」と定められたように、天皇は皇祖神のみならず天神地祇に、米と粟を捧げ、祈ることになるのでしょう。

 伊勢神宮の祭りが徹頭徹尾、稲の祭りであるのとは当然、異なるわけです。

 竹田氏の天皇論が葦津の天皇論とは似て非なるものであることは、葦津をよく知る人なら簡単に分かるでしょう。


▽6 心からお願いしたい

 もちろん結論が異なること自体は、批判されるべきことではありません。

 しかし、「学ぶ」というのなら、誤解されかねない「引用」は避けるべきだろうし、何がどう異なるのか、なぜ異なるのか、明らかにされるべきでしょう。

 もし本気で「葦津に学ぶ」とお考えなら、あらためて葦津の研究を読み直し、天皇研究を総合的に深めていただけないでしょうか。心からお願いします。

 葦津が生涯をかけて取り組んだ天皇研究は、神道論、近現代史論、憲法論など、多岐にわたっています。多面的アプローチが必要だと考えていたからでしょう。

 総合研究としての天皇論が求められています。けれども、だとすれば、1人では困難です。1人の人間が短い生涯でできることは限られています。どうしても共同研究が必要なのです。

 差し迫った現実問題として、次の御代替わりを考えるなら、前回のような不都合が繰り返されないためには、一刻も早い取り組みが求められていると思います。

 竹田氏だけでなく、竹田氏が組織する研究会の方々にも、お願いしたいと思います。「葦津に学ぶ」が出発点です。

 必要とあれば、私もご協力を惜しまないつもりです。

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。



  1.  世界最初の皇帝だった始皇帝は、中国から見た東海の彼方にある蓬莱、方丈、瀛州、いわゆる三神山のある島を求めて徐福を派遣した。紀元前3世紀の頃である。同じようにコロンブスは、ジパング(黄金の島)を見つけようと大西洋に船出して、途中でアメリカ大陸の一部を発見した。ヨーロッパ、とくに英語圏ではブレスター・ジョンと言う名前で呼ばれているが、極東、海の彼方に黄金の島があり、川も森も金で覆われている。その国はキリスト教国だという。世の中が滅びる寸前に、世界(ヨーロッパ)を救いに彼らは東から馳せ参じてくる。マルコ・ポーロはそれを確かめに来た。それが「東方見聞録」である。途中でモンゴルに寄り、フビライにそのことを話すと、「そんなに金があるなら税金を取ろう」と言って、鎌倉幕府に外交の名を借りた献上命令を出して、幕府が拒絶して起きたのが「元寇」である。

     江戸時代末期にペリーが浦賀に黒船でやってきて、1858年に「日米修好通商条約」が結ばれる。これは不平等条約で、銀と金の両替の差額で、アメリカが日本の金のほとんどを奪い去った。そのために、日本国内は経済危機に陥って、幕府の土台が揺らいだ。その金を使って起こしたのがアメリカ南北戦争(1861年)である。北軍が日本の金を利用して戦争を起こしてアメリカを統一した。ペリーはそのために来た。要するに、日本を押さえたら黄金が手に入り世界を制覇できるというわけである。

     中国は、今まで日本を秒殺してやると言っていたが、最近の論文を見ると無理だと言っている。実は町工場が日本の軍産複合体の最大のシステムだったと言い始めたからである。確かに町工場で作っている技術が桁違いに凄まじい。日本の技術がないと、アメリカの軍産複合体は維持できない。技術者は世界トップ1である。政治家と官僚が馬鹿なので世界は助かっている。核戦争も実は既に起きていて日本で勃発した。2011・3・11のアメリカの地震兵器による福島原発崩壊だ。

     世界最古の企業は日本の「金剛組」である。天皇家は2000年以上続いている。イギリスの王室とはけた違いである。

     第2次世界大戦は軍部の暴走だと言うが、実は宗教戦争と言う一面もあった。「古事記」と「日本書紀」には冒頭から3柱の神を基礎としている。天御中主、高皇産霊、神皇産霊の三神は独人神であり、三位三体である。一方、キリスト教国は三位一体である。日本書紀に三位三体それぞれの柱が男神と書いてある。

     日本は首の皮一枚でロシアに勝利した。小村寿太郎と言う切れ者の外務大臣がいたので、樺太の割譲と言う形でとりあえずは勝利した。しかし、本当に金が無くてロシアがその気になったら日本は危なかった。小さい国がロシアに勝った、「太平洋戦争」ではイギリスの大艦隊も破壊した。つまり、日本によってアジア中で勇気が出てきて、欧米列強から独立できるのだぞという機運になった。

     日本には天皇陛下がいる。

     天皇陛下の本当の仕事は神事である。

     2016/6/1

  2. 詳細な記述、とても興味深く頷きながら拝読しております。
    さて、前向きな批判の場合、対話など直接的な交流が理解を深める(誤解を解く)ために有効である気がします。

    私は、斎藤先生が竹田氏の個人攻撃をしていると考えてはいません。
    誰が間違っているとか、悪いとかいうのではありません。
    天皇論の進化がテーマなのですから、(協力を惜しまれないならば)往復書簡も良いかと…

    斎藤先生のますますのご活躍(天皇論の進化)を楽しみにしております。

    元気 2016/5/29

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17046人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    24197人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7053人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

http://www.namiki-shobo.co.jp

日本人の精神史の語り部、日本で唯一の宗教ジャーナリスト。「斎藤吉久の天皇学研究所」代表。著書に『天皇の祈りはなぜ簡略化されたか』など。

過去の発行記事