トップ > 仕事&就職 > 資格 > 賢法講義〜民訴刑訴制覇編

賢法講義〜民訴刑訴制覇編

RSS

新司法試験択一における民事訴訟法・刑事訴訟科目において、(余裕で)8割とるべく、両科目の条文・定義から過去問等の検討に至るまで、○×形式を中心に、自己学習も兼ねて配信!!



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2011-01-01
発行部数:
80
総発行部数:
5725
創刊日:
2007-09-23
発行周期:
日刊又は隔日
Score!:
93点

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

今回は、百選判例や条文を基にしたオリジナル問題です。
基本的には新司法試験問題や条文を中心に正誤を問うものにしてあります。
特徴としては、可能な限り判例引用を長くしてある点です。
ご購読お待ちしております。

★★★刑訴★★★
0182「裁判所が弁護人出頭確保のための方策を尽したにもかかわらず、被告人が、弁護人の公判期日への出頭を妨げるなど、弁護人が在廷しての公判審理ができない事態を生じさせ、かつ、その事態を解消することが極めて困難な場合には、当該公判期日については、弁護人がいなくとも開廷することができる」








→○
最決平7.3.27百選58
1 刑訴法二八九条に規定するいわゆる必要的弁護制度は、被告人の防御の利益を擁護するとともに、公判審理の適正を期し、ひいては国家刑罰権の公正な行使を確保するための制度である。
2 被告人は、第二次第一審において、本件が必要的弁護事件であって、審理を行うには弁護人の立会いが必要であることを熟知しながら、前記のように、弁護人を公判期日へ出頭させないなど、種々の手段を用いて、本件公判審理の進行を阻止しようとしたものであり、私選弁護人両名は、このような被告人の意図や目的を十分知りながら、裁判所による公判期日の指定に応ぜず、被告人の意向に沿った対応に終始し、裁判所が公判期日を一括して指定するや、公判期日への不出頭あるいは在廷命令を無視した退廷を繰り返し、裁判所からの再三にわたる出頭要請にも応じなかったものである。さらに、裁判所が弁護人出頭確保のため弁護士会の推薦に基づき順次選任した同会会長を含む国選弁護人も、被告人の意向に従って、あるいは、被告人の弁護人本人やその家族に対する暴行ないし脅迫によって、いずれも公判期日に出頭しなくなったものである。そして、このような被告人の言動あるいは被告人の意向に沿った弁護人らの対応によって、多数回にわたり実質審理が阻止され、弁護人の立会いの下に公判期日を開くことが事実上不可能になったものであることは明らかである。
3 このように、裁判所が弁護人出頭確保のための方策を尽したにもかかわらず、被告人が、弁護人の公判期日への出頭を妨げるなど、弁護人が在廷しての公判審理ができない事態を生じさせ、かつ、その事態を解消することが極めて困難な場合には、当該公判期日については、刑訴法二八九条一項の適用がないものと解するのが相当である。けだし、このような場合、被告人は、もはや必要的弁護制度による保護を受け得ないものというべきであるばかりでなく、実効ある弁護活動も期待できず、このような事態は、被告人の防御の利益の擁護のみならず、適正かつ迅速に公判審理を実現することをも目的とする刑訴法の本来想定しないところだからである。





★★★民訴★★★
0182「手形訴訟においては、対照の用に供すべき筆跡又は印影を備える物件の提出の命令又は送付の嘱託を除き、文書の提出の命令又は送付の嘱託はすることができない。」










→×
(証拠調べの制限) 
第三百五十二条  手形訴訟においては、証拠調べは、書証に限りすることができる。 
2  文書の提出の命令又は送付の嘱託は、することができない。対照の用に供すべき筆跡又は印影を備える物件の提出の命令又は送付の嘱託についても、同様とする。 

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 知らなきゃ損する! 面白法律講座

    最終発行日:
    2016/11/14
    読者数:
    5333人

    NPO法人リーガルセキュリティ倶楽部がお送りする、わかりやすくて役に立つ弁護士監修の法律講座。あなたの疑問もこれで解決! 誌上無料法律相談受付中! 法律情報提供サイト「法、納得!どっとこむ」とも連動!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2016/12/03
    読者数:
    23727人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 宅建の過去問

    最終発行日:
    2016/12/05
    読者数:
    288人

    過去問を解けば宅建の合格が見える!合格への最短コースは過去問です。このメルマガでは、宅建の過去問に関する情報を平日の毎日配信します。内容は、一問一答形式の問題を基本に、宅建講義の動画案内、過去問の「じっくり解説」など盛りだくさんです。過去問の解法を通じて宅建の知識の理解を深めて下さい。

  4. 資格ゲット 〜スキルアップ&キャリアアップ〜

    最終発行日:
    2012/05/09
    読者数:
    60人

    これは資格についての様々な情報を紹介するメルマガです。 資格試験の種類と内容、学習方法、ポイントなどなど…… 資格を取得してスキルアップ、キャリアアップを目指そう!

  5. 行政書士試験:毎日コツコツ一問一答

    最終発行日:
    2015/06/05
    読者数:
    198人

    行政書士試験の問題(一問一答)を平日日刊で配信しています。公務員試験、司法書士等の資格試験の勉強にもご活用頂ければと思います。只今、憲法の問題を掲載しています。

発行者プロフィール