雑学

魅惑的な人間になる心得術

魅惑的な人間になるための心得帖です。あなたの、ビジネスに必要な、素敵な人間関係を築く「魅惑的な人間力アップ」人に好かれる能力開発を考える自己啓発、ビジネス必携版。花音(かのん)が担当です。

全て表示する >

魅惑的な人間になる心得 創刊号

2007/09/04

□━━ビジネス必携版━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

┃        【魅惑的な人間になる心得術】      創刊号

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 みなさん、はじめまして!

発行人の魅惑人間力を調査研究しています花音(かのん)です。

「魅惑的な人間になる心得術・ビジネス必携版」にようこそ!
あなたのビジネスに必要な、人に好かれる能力アップ・心得を考えながら、
素敵な人間関係を築く「魅惑的な人間力」を養って行けたらと思います。

----------------------------------------------------------------------

 * 心理的に魅力を感じる要素の瞳の秘密


人間の瞳孔の開き方を調べると、
その人の関心の強さや興味を知ることができるそうです。

自分が興味をもっているものを見ている時には、瞳孔はふつうより、
2〜3割大きく開いているが、いやなもの、興味のないものを見ている時には、
瞳孔はふつうより小さくなってしまうという、心理学者の実験結果がある。

女性の愛らしき、美しさは瞳孔の輝きが大きな役目をしているというが、
物事に興味・関心が強い人は瞳が大きく見えてより魅惑的ということの様です。






 * あなたは「まだ・・・」、「もう・・・」

   「まだ、もう」との人間関係って?


友人とよく行くお店にお酒をキープしているのですが、
そのボトル、見ると、残った量はちょうど半分である。

そのとき、「まだ半分もある。今宵は大いに飲もう」と思うか。
それとも、「もう半分しかない。今夜はチビチビやろう」と思うか。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

性格の判断手法は、血液型から星座までいろいろハマってる方も多いですが、
「まだ」「もう」の2タイプ分類法は、心理学的にも有効とされている。


結果ポイントは、同じデータであっても、
そこから感じることは人によって正反対のことがあるという点なのです。

(ある事例を紹介すると)

権威ある勉強会で、恒例により、
参加している民間系と官僚系の二つの経済研究組織の部長が、
交代で年頭の年間の景気予測を発表されるのだが・・・。

その年担当の民間系組織のA部長の見通しは、かなり楽観的な明るい物だった。
ところが、話が終わったとたん、
いつもは温厚な官僚系組織のB部長が憤然と立ち上がり、語気鋭く質問。

「われわれの研究機関とはまったく違う予測だ。
 どうしてそんなに明るい見通しができるのか。
 根拠となったデータをここで明らかにしてほしい」と。

A部長はむっとした顔で、景気判断の根拠としたデータを示した。
B部長は拍子抜けしたようにつぶやいた。
「なんだ。まったくうちと同じじゃないか。
 それなら、どうしてそんな楽観的な見通しになるのかな」

A部長の答えに、勉強会の会場はどっとわいた。
「うちの研究員は血液型ではB型が多く、
 酒を飲みに行けばボトル1本空にしないと気がすまない連中なんですよ。
 もしかしたらおたくの研究所では悲観的性格のA型が多く、
 酒場でもチビチピやるタイプの人が大勢いるんじゃないですか?」


研究員の性格が、景気の見方にまで反映したというわけですね。
性格分類でいうと、

「まだ」のタイプは楽観的で強気だが、問題点を軽視して突っ走って
 失敗するおそれがある。
「もう」のタイプは慎重で堅実だが、問題点ばかりが目について
 目的遂行力に弱いのが難点のようですね。


●人に好かれる能力アップ・心得

少なくとも自分の「まだ、もう」タイプを知って、人間関係に役立てましょう。
素敵な人間関係を築く「魅惑的な人間力」を養う要素ですから。


次回からもっと読みやすく簡潔にを心掛けますね・・・。
お楽しみに・・・!


皆様の引き続きのご購読をお願いします!それでは。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ビジネス必携版━━□
■タイトル:魅惑的な人間になる心得術 
■発  行:人間力アップ研究調査の花音canon
■お問合せ:hanaoto_hanaoto@yahoo.co.jp
■登録解除:melma http://www.melma.com/backnumber_170626/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-09-03  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。