小説

メルマガ版「奇跡の外科医に」

小説版「奇跡の外科医に」の更新等をお知らせするメルマガです。 メルマガ限定の小説も配信します。

メルマガ情報

創刊日:2007-08-19  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

////////////////////////////////////////

      メルマガ版「奇跡の外科医に」

      < Vol.1 2007年8月○日発行 >

   http://blog.livedoor.jp/acorn_afro/

////////////////////////////////////////


こんにちは、とんぷくアクロです。
ブログで展開している「奇跡の外科医に」の小説版、
をより親しんでいただくため、メルマガを発行する
ことになりました!
更新情報や、メルマガ限定の小説も配信する予定ですので、
ご愛読よろしくお願いします。

-----------------------------------------

2007年8月20日更新

CASE14 「青の魂」(1) 



「・・・コレは凄い装備ですね」



「mirum」の地下駐車場で、奥笹は感心したように言った。
その車を整備しているケトと呼ばれている、、、機器チームのチーフは、黙々と作業を続けていた。
奥笹は道具が乱雑におかれた机の上に目をやり、積まれていた紙を持ち上げる。

「もしかしてこの分厚い辞書みたいなのが、、、マニュアル?」

「・・・・・・」

そう問いかけたが、、、ケトは聞こえていないかのように、全く反応がなかった。
奥笹は邪魔をしたかな、、、と思いながら、そのマニュアルにざっと目を通す。
小さな文字でびっしりと手書きされており、彼の几帳面さを感じさせるものだった。
しばらくしても反応がないため、奥笹はこっそりとその場を去ろうとすると、

「・・・・・・・・・ええ」

ボソリと聞こえるか聞こえないくらいの声で、ようやく返事がかえってきた。

「そ、そうですか。また整備が終わったら、詳しい話を聞かせてください」

「・・・・・・」

「(・・・全く、謎の多い人だ)」

彼とは必要なこと以外は、ほとんど会話を交わすことがなかったが、良く言えば無駄がないことだ、、、と奥笹は自分に言い聞かせるかのように、自分の机へと戻っていった。

-----------------------------------------

続きは下記アドレスにてご確認ください。

http://blog.livedoor.jp/acorn_afro/


////////////////////////////////////////

発行者:とんぷくアクロ

////////////////////////////////////////

最新のコメント

  • コメントはありません。