トップ > 学校・教育 > 語学 > 英語 > ビジネス英語を海外ドラマで学ぼう

ビジネス英語を海外ドラマで学ぼう

RSS

ビジネス英会話表現を毎日届けます。女性弁護士の奮闘を描いた、海外の人気ドラマ「アリー my love」から、使える英会話表現を抜粋。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2013-05-31
発行部数:
299
総発行部数:
524348
創刊日:
2007-08-12
発行周期:
日刊
Score!:
40点

【ビジネス英語】 赤字・損失(1) red ink

発行日: 05/31

     □□■
     □■■ ビジネス英語を洋画で学ぼう   【2012年05月31日】
     ■■■


  アメリカの巨大企業でのサクセスストーリーをラブコメディー風に描いた、
  マイケル・J・フォックス主演の「摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に」より、
  生きた・使えるビジネス会話シーンを届けます。

                         ▼発 行:「英語学習カフェ」 http://pceng.flw.jp/


━━━━ 今日のシーン ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【53-1】 赤字・損失(1) red ink


社長のコスト削減要求にクリスティーが具体策を提案する。


■英語表現

【Thomas】  Our job is to slash the red ink in every nook and cranny
            because our company needs the cash for its defense.


■単語

slash:切り取る

nook:(部屋などの)隅、人目のつかない所

cranny:割れ目、裂け目


■日本語

【Thomas】  我々は無駄な経費を目一杯切りつめて、会社のために株を買い戻す。


■会話シーンの完全版 → http://pceng.flw.jp/ny/ny_053.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★英語小説の英和対訳書

   読解力や語彙力を鍛えるために、精読トレーニングは欠かせません。
   そして、精読トレーニングを継続するには、興味のある面白い内容の小説
   を教材にするのが最適です。

   → 解説全文 http://pceng.flw.jp/310ky_toeic07.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. ニュースでマスター!英語フレーズ

    最終発行日:
    2015/03/31
    読者数:
    2191人

    英語のニュースで基本英単語・英熟語のフレーズを1つずつ紹介します.英会話,TOEICや英検のイディオム・語法,ビジネス英語・時事英語に強くなりますよ.「ビジネス英会話の公式75」(明日香出版社)の著者がお届けします.

  2. シングルパパ熱意上げ郎の子育て泣き笑い奮闘記

    最終発行日:
    2016/12/08
    読者数:
    3454人

    シングルパパのイクメン熱意上げ郎がお贈りする、笑いあり涙ありのドタバタ子育て奮闘記!福岡県飯塚市で娘3人と暮らす上げパパが子供たちとの日々の面白出来事を綴るメールマガジンです。是非、覗き見登録しちゃってくださいね♪

  3. N通!靴の新着情報

    最終発行日:
    2016/12/08
    読者数:
    351人

    オールデン・トリッカーズ・パラブーツ・ジョンロブ・KTルイストン・パトリック・ルーディックライター・トリッペンなど新商品情報をほぼ毎日お届けします。特別なセール情報もあります。

  4. 場面でおぼえる英単語

    最終発行日:
    2016/12/08
    読者数:
    462人

    イメージしながら英単語をおぼえます。映像は文字よりも長期記憶に向いています。たとえば、「花が咲き、チョウが飛ぶ」場面のなかに、「花」「咲く」「チョウ」「飛 ぶ」の単語がでてきます。1日に3個おぼえると、1年間で約1000個の単語になります。

発行者プロフィール