音楽

EM RECORDSメールマガジン

エム・レコードのリリース情報などいち早くご案内するマガジンです。

全て表示する >

EM RECORDS Mail Magazine VOL. 75 - 2017年 3月28日

2017/03/28

http://emrecords.net/

◆◇◆◇Soi48特集号:TV・ラジオ出演等ご案内◆◇◆◇

皆様、エム・レコードです。いつもお世話になっております。

今回も号外的に直近情報をご案内します。

Soi48が今週ラジオ、TVに立て続けに出演します。

初の著作で世界初のタイ音楽ディスクガイド『旅するタイ・イサーン音楽ディスク・
ガイド〜Trip to Isan』<http://emrecords.shop-pro.jp/?pid=114401479>
の発売を目前にしたSoi48が出演するラジオ、TVを直近順に整理しました:

■本日3/28 午後時〜【TOKYO FM WORLD】ラジオ出演■

先週、空族が出演した同じTOKYO FMのプログラム【TOKYO FM WORLD】
にバトンタッチでSoi48が出演。映画『バンコクナイツ』にまつわるタイ音楽
を紹介するそうです。目玉は井手健介と母船の新曲「おてもやん・イサーン」の
初OAです!!

TOKYO FMさんHP:http://www.tfm.co.jp/timetable/#hour18

■3/31(金)午後10時〜「2020 TOKYOみんなの応援計画」NHK出演■

オリンピックを控え、アジア各国の人々との交流を再考するeテレの番組
「2020 TOKYOみんなの応援計画」にSoi48登場。作年の爆音映画祭:
モーラム・ライブの舞台裏も見れるそうです。

■4/1(土)午後10時20分〜50分『海外出張オトモシマス!』NHK出演■

Soi48の活動がNHK総合で30分特番になります。
「普段Soi48がどのような旅を楽しんでいるのか?その一部分をNHKさん
が番組にしてくれました。バンコク、イサーンでのレコ掘り現場からミュ
ージシャンのライブ風景まで濃厚に撮影しています。是非チェックしてみ
てください。Trip to Isan!!」(Soi48公式ブログより)

【出演】又吉直樹、はるな愛【語り】リリー・フランキー
(↑人選が最高)

番組HP:http://www4.nhk.or.jp/P4043/

==================================================================
  ★3月〜4月初旬入荷情報★
==================================================================

まっとうな店にはただの迷惑(苦笑)と嘆かれているRSDで今年の3月も
工場ミスとアクシデントが引き起こされているようですが、エムのヴァイ
ナル・タイトルも見事にその悪のスパイラルに巻き込まれて絶賛遅れ中!

ひとまず3週間遅れていたナツメグ7インチ2Wはやっっっっと今週入庫
予定となりました。出来に問題が無ければ発売は4月第2、3週になります。

●トマトス「Rock Your Baby c/w same (Sunrise Mix Version)」[EMC-004]

<http://emrecords.shop-pro.jp/?pid=110837163>

●ピアニカ前田 & GOOD BAITES「Just You Just Me c/w South of the Border」[EMC-005]

<http://emrecords.shop-pro.jp/?pid=110837241>

Don’t DJの待ち遠しい新作も大絶賛で遅れております!

●Don’t DJ『Hyperspace is The Place / Hyperspace is No Place』[EM1161TEP]

ドイツの奇才、Don’t DJがエムで放つ新作はテクノ版サンラ/エスニック・テクノ
/アングラYMOの強力両A面の33回転ミニ・アルバム。なんなんだこの音楽。

<http://emrecords.shop-pro.jp/?pid=113677160>

●オリジナル・サウンドトラック『バンコクナイツ』[EM1162CD]

大好評品切れ・再入荷待ちの『バンコクナイツ』サントラですが4/4に
再入荷致します。
『バンコクナイツ』上映も次々決定しています。現時点の劇場案内はこちら
で確認できます(日付確定ぶんのみ)。

<http://www.bangkok-nites.asia/theater>

●=新装版=アンカナーン・クンチャイ『イサーン・ラム・プルーン』[EM1126CD] 

こちらは在庫ございます。<http://emrecords.shop-pro.jp/?pid=72416360>

==================================================================
  近況など
==================================================================

昨年よりタイ音楽/Soi48/空族「バンコクナイツ」関連でアジアの熱量が
極東日本で上がっている。空族風に言うと「アジアの風」が吹いているのだ。

世界初のタイ音楽ディスクガイド『旅するタイ・イサーン音楽ディスクガイド』
が壮絶な(笑)締切の攻防を越えて無事入稿し4/8発売まで秒読み段階だ。
『旅するタイ・イサーン音楽〜』は、執筆・校正・編集で参加させてもらっ
た。エムの作業はそこそこに置いておいて、本のことが最優先。宇都木・高木
君、そして編集を仕切った俚謡山脈の佐藤氏、最後は精魂尽き果てるくらいの
状態だった。

皆を振り回したのはタイ語のカナとローマ字表記である。耳で微細な発音の
違いで判断する表音言語なので、専用に作られた本国の文字はともかく、
表現の違う日本語カナで表記できるはずも無い。英語も曖昧さは同様だ。
タイの王立研究所(だったか?)が定めた<1999年式>というローマ字表記
システムがあって、これを準拠に、タイ語表音に近くなるように塩梅してカナ
にした。今回は絶好の機会だったので思い切って従来の表記を全て調べ直し、
変更したので、これまでのエムのリリースと違う表記になったものもある。

例えば、アンカナーン・クンチャイの名前は従来のままだが、ローマ字は

Angkanang Kunchai(旧式)> Angkhanang Khunchai(新式)に変更。
表音ニュアンスに沿って「h」が2つ追加されている。

彼女がかつて所属したウボン・パタナー・バンドは「ウボン・パッタナー・
バンド」になって、Ubon Pattana Band  > Ubon Phatthana Band
に。変革・刷新・革新の意の言葉は「パッタナー」が正しいそう。

また、プロデューサーのスリン・パクシリは「スリン・パークシリ」になり、
Surin Paksiri(旧式)> Surin Phaksiri(新式)となった。

他にもソンタヤー・カラシンが「ソンタヤー・カーラシン」に修正など。

既にリリースして広まった名を直すことで、非常に難しい決断でもあったが、
根気よく正して行く作業工程が重要で、これをまた繋いでいければと思う。

※このへんの話は4/28,29開催の福岡のイベントで話したいと思います!

少し長くなったが、このタイミングで、エドワード・ヤンの『牯嶺街(クー
リンチェ)少年殺人事件』の上映が始まっていて、関西の上映を指折り数え
て待っている。なんてことだ!物事は来るときは一度にやってくるのか。
その機を逃してはいけない。『恐怖分子』で十分ノックアウトされたが、
あれではまだ足りないそうだ!ひょっとして空族「バンコクナイツ」の読み
解きの材料にもなるかもしれと密かに思っている。(文責:江村)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、よろしくお願い申し上げます。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-08-08  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。