語学

中国人が教えるデキる中国語【パワフルチャイニーズ】

中国は大連にてオンライン中国語講座を運営するプロのスタッフが書く中国語メルマガ。言葉の説明だけでなく、その言葉の背景にある歴史文化も紹介。日本語堪能な中国人と、中国人に間違われる日本人がお届けします。

全て表示する >

中国人が教えるデキる中国語【パワフルチャイニーズ】創刊準備3号

2007/06/22

中国人が教えるデキる中国語【パワフルチャイニーズ】

創刊準備3号

ご挨拶〜今週は創刊準備号です

日本の皆さん、你好 nǐ hǎo。
日本に住んでいない日本人の方も你好 nǐ hǎo。

これから何回も出していくつもりのメルマガ「パワフルチャイニーズ」ですが、創刊準備号を発行して迎える初めての週末です。

テストのための創刊準備号を含めると、これまでにすでに3回配信してきましたが、毎回の終わりに書いていながら、説明をしていない言葉があります。今回はその話をします。

本日のお題:またあいましょう

キーフレーズ:再見

再見 zài jiàn (さようなら)

解説:別れの言葉は「また会いましょう」

多くの日本人の方がご存じでしょうが、お別れの際に言うことば再見 zài jiàn です。

日本語の「さようなら」には「お別れ」の気分が濃厚だと、私たち中国人は感じていますが、再見 zài jiàn は少し違います。

再は「再び、また」の意味。見は、見るではなくて「会う」の意味です。

ですので、再見 zài jiànと言うのは、お別れに際して「また会いましょう」と再会を約する言葉になります。
「今日はこれでお別れだけど、また会いましょう」という意味が込められているのです。

追加

再見 zài jiàn はお別れの際にいう「また会いましょう」の意味ですが、日常生活では別の表現を使うこともあります。

また明日

毎日、学校や会社で会っていて、また翌日に会うことが分かっているときには、明天見 míng tiān jiàn 「また明日(会いましょう)」と言うことが多いです。

さらに、今日は金曜日で明日明後日はお休みというところが多いですが、また月曜日には会えるのであれば、下周見 xià zhōu jiàn 「また来週(会いましょう)」と言います。

明天 míng tiānは「明日」、下周 xià zhōuは「来週」の意味です。
日本語とは使っている文字が違いますが、これを読んでいる方はお分かりになることでしょう。

次回予告

さて、来週は「まぐまぐ!」さんの公式メルマガで、当メルマガの紹介がされるそうです。
多くの方が読者になってくださることを祈りながら、今週のメルマガを終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。また来週お会いいたしましょう。
そのときまでお元気で。下週見!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-06-15  
最終発行日:  
発行周期:毎週 火・木曜日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。