経営

目指せ!経営社員

全国で25人中1人が経営者と言われる時代。残り24人は経営を知らずに与えられた仕事だけしていても、あなたの未来はないかも・・・社員でなく、経営社員を目指そう!

全て表示する >

目指せ!経営社員ー変革の7つのチャンスー

2009/04/16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今日の【目指せ!経営社員】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 経営に参画し、経営を実践する社員の皆さんを支援し元気づけます。
------------------------------------------------------------------
           【変革の7つのチャンス】
------------------------------------------------------------------

『イノベーションの機会は7つある。第1が予期せぬことの生起である。予期せぬ
成功、予期せぬ失敗、予期せぬ出来事である。第2がギャップの存在である。
現実にあるものと、かくあるべきものとギャップである。第3がニーズの存在であ
る。第4が産業構造の変化である。第5が人口構造の変化である。第6が認識
の変化、すなわちものの味方、感じ方、考え方の変化である。第7が新しい知識
の出現である。これら7つの機会それぞれが、異なる性格をもち、異なる分析
を必要とする』P.F.ドラッカー 変革の哲学 ダイヤモンド社 

さあ、7つの機会を活用しているでしょうか?それとも見過ごしているでしょうか?
今回の金融不況は、第1の予期せぬことの生起でしょうか?それとも予期された
ことなのか?いずれにしても、この金融不況から始まった実体経済の不況化は
イノベーションのチャンスです。

第2は、会社内で考えれば、経営ビジョンと現実のギャップです。これは常々お
伝えしている事ですが、中期経営計画でギャップを埋めるシナリオをいつも作り
続け実践することです。

第3の顧客のニーズの変化については、食の問題が発生して、安心安全に対する
心配事が噴出し、食に対するニーズがかなり変化をしました。これもチャンスです
生産者の顔の「見える化」によってニーズの変化からイノベーションのチャンスを
活用しているようです。

第4の産業構造の変化については、数年前からインターネットが産業構造を大きく
動かしています。インターネットは地球全体を巻き込んで進化していくでしょう。
よって、これからもイノベーションのチャンスとして大きく取りあげられます。

第5の人口の構造変化は、以前から日本の場合は少子化が叫ばれ、国の対策
のコミットメントの低さから現状を余儀なくされています。しかし、ここが大きなイノベ
ーションのチャンスです。高齢化社会、少子化社会、核家族化これらをヒントにした
事業展開が数多く始まっています。

第6については、特に消費者の価値観の変化です。特に車の需要を見ればそれが
手に取るようにわかります。最近の若い方々の車に対する興味の低さが需要の足
を引っ張っているとのことです。逆に自動車の代替産業が伸びています。自動車の
代替産業をどう捉えるかで、違ってきますが、自動車を余暇のドライブという位置づ
けで購入していた消費者は、余暇の暮らし方をかえています。

家から家族全員で外へ出かけると出費がかさむので、家の中でテレビゲームを楽
しむ。こうなると自動車の代替はテレビゲームになるのです。価格面からの競争で
は、自動車はテレビゲームの価格の何百倍なので、とうてい自動車は太刀打ちで
きないのです。

第7の知識、携帯電話で手紙のやりとりが簡単にできてしまうという知識の吸収が
小中学生の生活を一変させてしまい、政府も規制に走らざるを得なくなっていること
もイノベーションのチャンスです。小学校の授業のあり方をイノベーションするチャンス
です。携帯電話を介さないコミュニケーションの取り方を教えるチャンスです。

以上のように考えると、やはりドラッカーが述べていることを真剣に考えていかなけれ
ばならないのかと思います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-05-27  
最終発行日:  
発行周期:毎日発刊(日刊)  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。