経営

目指せ!経営社員

全国で25人中1人が経営者と言われる時代。残り24人は経営を知らずに与えられた仕事だけしていても、あなたの未来はないかも・・・社員でなく、経営社員を目指そう!

全て表示する >

目指せ!経営社員ーゴーイングコンサーンー

2009/04/02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今日の【目指せ!経営社員】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 経営に参画し、経営を実践する社員の皆さんを支援し元気づけます。
------------------------------------------------------------------
          【ゴーイングコンサーン】
------------------------------------------------------------------

ゴーイングコンサーンという言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。
簡単にいうと「継続企業」という意味です。継続、存続する企業と言う意味で
あって、成長する企業という意味とは少し違います。

経営目的を継続や存続ということであれば、成長は手段となります。成長は
目的ではなく手段です。人が健康の為に生きるのではなくて、生きるために
健康が必要であるのと同じ理屈になります。

そのように考えると、企業が継続・存続していくには適度な成長が必要となり
ます。では、何をもって適正な成長と言えるのでしょうか?

そこで、いくつかの指標が使われます。

人件費の成長
売上高の成長
粗利益の成長
経常利益の成長
自己資本の成長


上記の指標を使っていちばん適正な成長として考えられるのは

人件費の成長<売上高の成長<粗利益の成長<経常利益の成長<
自己資本の成長

という順番になります。

存続の為には成長が必要です。その成長のあり方としてバランスのよい成長が
できているかどうか上記のような指標で評価できます。

しかし、これはあくまでも結果であって成長の過程でどのような考え方つまり
企業哲学または理念を持たなければならないのか?、

どんな業種業態も継続・存続するには「お客様」志向が最も大切です。
上記の財務指標も「お客様」が維持増加ができてバランスよい成長が可能と
なるものです。

今一度、ゴーイングコンサーンのために我が社は、お客様に対する考え方が
理念の中にしっかり組み込まれていてそのような社風や企業文化が形成され
ているか自問自答してみましょう!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-05-27  
最終発行日:  
発行周期:毎日発刊(日刊)  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。