経営

目指せ!経営社員

全国で25人中1人が経営者と言われる時代。残り24人は経営を知らずに与えられた仕事だけしていても、あなたの未来はないかも・・・社員でなく、経営社員を目指そう!

全て表示する >

目指せ!経営社員ーお客様活動15ー

2009/03/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今日の【目指せ!経営社員】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 経営に参画し、経営を実践する社員の皆さんを支援し元気づけます。
------------------------------------------------------------------
              【お客様活動15】
------------------------------------------------------------------

今日のテーマは、「数ある商品群から自社の商品をお客様に選んでいただけ
る方法」です。

少し古い話になりますが、日本でまだワインを飲むと言う習慣がないときに、
全国でフランス料理店を開店したオーナー達に営業を行ったワインメーカー
がありました。もちろんそのワインメーカーは自社商品を購入いただくために
訪問を繰り返すわけですが、行くところ行くところで競合他社の営業マンに
先手打たれていたのでした。

このような状況の中で、いかにして自社商品を購入していただくか?この
ワインメーカーの経営者は考えに考え抜いた結果、とった行動とは?

その当時、各お店のウェイターは、洗練されたワインサービスのあり方の
高等な教育訓練を受けていないことに経営者は気がつき、無料で教育訓
練を提供すれば飛びつくはずだと考えた。

その名も、「エクセレンス イン サービス」という研修サービスを全国のフランス
料理のオーナーに提案したのでした。瞬く間に研修は満員御礼となりました。

そして、研修受講後各お店にもどったウェイター達は、来店客にワインを勧め
る時、研修実施したワインメーカーに恩義を感じる潜在意識が働き、このワイン
メーカーのものを自然と進めてしまっていたのでした。

このワインメーカーがこの研修制度を提供しだしてから、売上が急成長したのは
いうまでもありません。自社で教育したウェイターが自社の商品を勧めてくれる
のですから。

上記の事例はあくまでもヒントとして考えていただきたい、自社商品のファンにな
るのは、何も自社社員だけでなく、小売店舗の売り子の方々にファンになって
もらうことも大事です。

最近では、カリスマブロガーと呼ばれる人たちに自社商品を使っていただき、
その商品の好評をブログに書いてもらうということで、ブログを読んでいる人たち
の購買意欲をそそり、売上に大きく影響させています。

いつの時代にも、自社商品の販売に大きな影響力を与える人たち、つまり
キーパーソンをしっかり把握しておかなければならないということですね。


☆新企画!中期経営計画策定集中研修<一泊二日>
http://sites.google.com/site/withallweb/Home/chuuki-keiei-keikaku-sakutei-shuuchuu-kenshuu

☆中期経営計画策定の秘訣無料謹呈中!
http://www.jinjivision.com/pg22.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-05-27  
最終発行日:  
発行周期:毎日発刊(日刊)  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。