経営

目指せ!経営社員

全国で25人中1人が経営者と言われる時代。残り24人は経営を知らずに与えられた仕事だけしていても、あなたの未来はないかも・・・社員でなく、経営社員を目指そう!

全て表示する >

目指せ!経営社員ーお客様活動9ー

2009/03/19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今日の【目指せ!経営社員】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 経営に参画し、経営を実践する社員の皆さんを支援し元気づけます。
------------------------------------------------------------------
                【お客様活動9】
------------------------------------------------------------------

前回にて、お客様同士のリレーション関係を確立することの重要性をお伝え
しました。そのリレーション関係を維持する方法として、クラブや会などの
コミニュティの結成という方法などでしたが、、今日はこのコミュニティ結成の
際のアイデアの抽出方法をご紹介いたします。

お客様のメンバー制クラブを結成する際は、会社側の方針を達成するために
企画は当然会社側が行うことがほとんどです。ある会社もお客様の満足提供と
新規顧客の紹介をスムーズに行いやすいような企画をたくさん行っていました。

しかし、数回は、その企画通りクラブ開催は盛況だったのですが4,5回目ぐ
らいからクラブに参加するお客様が徐々に減りだしたのでした。
これを見た経営者は思い切った行動をとりました。

クラブ運営の企画をお客様自身に聞き出したのです。お客様にクラブで何を
して欲しいのか、アンケートをとりだしたのです。そうすると、普段の顧客満足
度調査のアンケートレスポンスは10%も満たないことが多いのですが、この
アンケートレスポンスは18%を超えたのです。アンケートだけではもの足りない
お客様は、自発的な手紙やハガキも殺到したのでした。

この会社は、これらのすさまじい数のフィードバック情報をたたき台として、
お客様が望むようなメンバー制顧客クラブを創設したのでした。
そのことで、お客様にとってロイヤリティのかなり高いクラブが誕生し、新規
顧客紹介率も飛躍的に伸びたのでした。

特に中小企業の場合は、経営者の意向が強く反映しすぎて、経営者の趣味的
なことが企画内容になりやすい、たとえば経営者がゴルフ好きだと「ゴルフコンペ」
を実施したりなどです。

一度、顧客にクラブの企画を提案していただいてもらうことを検討しましょう!


☆お客様活動を始めませんか?3月23日開催
http://sites.google.com/site/withallarigato/Home/o-ke-yang-huo-dongsemina

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-05-27  
最終発行日:  
発行周期:毎日発刊(日刊)  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。