経営

目指せ!経営社員

全国で25人中1人が経営者と言われる時代。残り24人は経営を知らずに与えられた仕事だけしていても、あなたの未来はないかも・・・社員でなく、経営社員を目指そう!

全て表示する >

目指せ!経営社員ー「見ると見えるの違い」見える化2ー

2009/02/06

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今日の【目指せ!経営社員】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 経営に参画し、経営を実践する社員の皆さんを支援し元気づけます。
------------------------------------------------------------------
        【見ると見えるの違い」見える化2】
------------------------------------------------------------------

『「見る」は意識して見に行くのに対して、「見える」は意識しなくても自然に
目に入ることでである。

例えば、千円札の表が野口英世の顔、裏には富士山の絵のみしか描かれ
ていなければどうだろうか?間違いなく覚えるはずだ。見えなくても見えてしまう
からだ。

「見える化は、意識しなくて自然に目に入ること、しかし不要な情報まで、どん
どん目に入ってきたらかえって混乱してしまう。必要な情報だけ見えるのが
一番いい

「見る」
見方→意識して見に行く
メリット→不要な情報を入手しなくてすむ
デメリット→見に行くのを忘れたら、必要な情報が入らない

「見える」
見方→自然に目に入る
メリット→あえて見に行かなくても、必要な情報が得られる
デメリット→不要な情報が入り、かえって混乱することもある』
*『』内文章は、「よくわかる「見える化」の本  日刊工業新聞社 越前行夫著
  本体価格1800円」の出典


「見える化」は「見る化」ではないのです。
意識しなくても自然に目に入る事なのですね。

よく、上司の方が言われます。「意識しないから見落とすのだ!」そのような
指摘を受けた方は少なからずいるのではないでしょうか?

しかし、考えてみれば、特に日常業務であれば、意識しなくても見落とさない
ように創意工夫するのが、その上司の役目なのかも知れませんね。

意識しなくても、見落とさないように「見える化」するには、創意工夫が必要です。



☆新企画、「お客様活動セミナー」開催!
http://sites.google.com/site/withallarigato/

☆ビジョンをデザインしアクションプランを創る!中期経営計画策定研修7ヶ月
http://sites.google.com/site/withallweb/Home/zhong-qi-jing-ying-ji-hua-ce-ding-jin-tou-yan-xiu7-ke-yue

☆経営社員になろう!経営社員養成講座6か月
http://sites.google.com/site/withallsite/Home/jing-ying-she-yuan-yang-cheng-shu

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-05-27  
最終発行日:  
発行周期:毎日発刊(日刊)  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。