小中高校

小学校教師用ニュースマガジン

小学校の教師に役立つ情報をお届けします。

メルマガ情報

創刊日:2000-09-17  
最終発行日:2017-10-22  
発行周期:不定期  
Score!: 79 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

□■□ MM小学校教師用ニュースマガジン □2279□内山義朗 

2017/10/22

───────────────────────────────────
□■□ MM小学校教師用ニュースマガジン □2279□内山義朗 
───────────────────────────────────

正義と勇気を育てる学級&学年集団づくりNO174   (2017年10月号)
                       
                       道徳のチカラ奄美代表  内山義朗

          「一つの花」と「ごんぎつね」

 今から10年前。2017年度。私は鹿児島市内の小学校に勤務していた。
 今と同じく小学校4年学級担任だった。当時は、転出入を含めれば42人学級。
 当時の記録が幾つかデータで残っていた。
 当時と同じく今年度、現任校では光村教育図書の国語教科書を使用している。ただし、
「一つの花」は1学期に実施済み。「ごんぎつね」は2学期。最近実施したばかり。
 懐かしいものの似たような授業はしていることが確認できた。
 参考までに10年前に記した「一つの花」と「ごんぎつね」の授業プランや概要を一部
お示しする。

 10年前の10月26日(金)に記録した内容
  
 国語科「一つの花」終了。今日は、単元テストを実施。100点満点のテストで全員が
90点以上。約90%の子が100点。
 前日までの授業内容は、おおよそ次の通り。あくまで単元前に作成した授業構想。実際
には、かなり変えて実施した。

    小学校4年「一つの花」主題にせまる授業プラン

【第1場面】
1.ゆみ子は何歳くらいか。
2.ゆみ子は、当時何を食べていたのか。
3.その食料は、どうやって手に入れたのか。
  以上が主発問。1.2.はノートに書いてから検討。
  1.では、数々の根拠が出されるはずである。例えば、次の叙述。
 ・「はっきり覚えた最初の言葉」
 ・「知らず知らずのうちに、お母さんの口ぐせを覚えてしまった」
 ・「お父さんは、決まってゆみ子をめちゃくちゃに高い高いするのでした。」
 ・「お母さんにおぶわれて」
 ・「おじぎり」
 ・ 母親から、ご飯やお芋や豆や南瓜を食べさせてもらっている。
 自分たちと類比して考えさせた。そのために、次の問いを出す。覚えている子・親か
 ら聞いたことがある子に発言させる。
 「覚えた最初の言葉は何ですか。それは、何歳の頃ですか。」
 「ご飯を食べ始めたのは、何歳頃からですか。」
 「お母さんにおぶわれていたのは、何歳頃までですか。」
  また、2.では「西瓜」「冬瓜」「苦瓜」についても「読み」を扱う。
4.ゆみ子が最初に覚えた言葉は,何ですか。(「1つだけちょうだい。」)
  列指名で確認する。            
5.ゆみ子は、なぜ、この言葉を覚えてしまったのですか。それが分かる文全部に線を 
 引きなさい。
 『「1つだけし 。1つだけ 。」と…………ゆみ子は,知らず知らずのうちに,お母さ
 んのこの口ぐせをを覚えてしまったのです。』の箇所を確認させる。  

 【第2場面】
  ゆみ子の現在の状況や将来のことを悲しく思うお父さんやお母さんの気持ちを想定で
 きるのが、ねらい。 
1.第2場面の登場人物は、だれですか。
 ・ ゆみ子 ・ゆみ子の母 ・ゆみ子の父
2.それぞれの会話文は、だれの語った言葉ですか。ゆみ子・父・母、どれかを書きまし
 ょう。                 
   確認の後、3人グループで音読させる。「母」の会話文・「父」の会話文・ナレー
 ションに役割分担して音読させる。                       
  始めは母役・父役の2人を指名して授業者がナレーターをする。3人で、やってみせ
 る。その際「お母さんとお父さんの顔を思い浮かべながら読むんですよ。」と指示する。
 その後、子ども3人ずつで音読させる。その際、「いかにも、ゆみ子の母・父になった
 つもりで読みなさい。」「他の人は,読み方がいいかどうか,と考えながら聞いてくだ
 さい。」と指示してから始める。 
3.「とてもよかった。」という人はノ−トにO,「よくなかった。」という人は,ノ−
 トに× を書きなさい。                 
  Oか×、それぞれ挙手により人数確認してから、理由を発言させる。子どもたちは、
 「深いため息をしていない。」(情景叙述)「悲しい,暗い,つらそう,ゆっくり,小
 さめの声で、よい。」(表情・口調・読み方)などを指摘してくるだろう。 
4.ゆみ子の父の会話文を音読しなさい。いくつの文からできていますか。
 ・5つ。                    
  文の順に1から5の番号を付けさせる。        
5.父は,悲しそうな顔をしながらゆみ子のことを語っています。では,1〜5のうち,
 どこで1番悲しそうな顔になったでしょう。1つ選んで,ノ−トに番号を書きなさい。
 挙手による人数確認をする。5,4,1の順で多いであろう。それぞれ理由を発言させ
 る。
6.ずばり父は,何が悲しいのですか。また,何が心配なのですか。「何々が悲しい,何
 々が心配」とノ−トに書きなさい。      
 ・ゆみ子の将来が心配。                       
 ・ゆみ子の将来のことを考えると悲しい。                
 ・ゆみ子に少ししか喜びをあげられないことが悲しい。 
7.父は,どこを見ながら語っていたでしょう。「A ゆみ子の顔」「B 天井」「C ど
 こも見ていない」「D ほか」どれですか。
  ノ−トに書いた後、人数確認。その後,意見を発言させる。           
  そこを見たときのお父さんの気持ちやそのときの状況が浮き彫りにされるであろう。
8.父は、ゆみ子をめちゃくちゃに高い高いします。「めちゃくちゃに」があるのとでな
 いのとでは,どうちがいますか。                        
 ・高さが違う。
 ・気持ちの入れようが違う。
 ・やるせない気持ち。
9.父さんが「めちゃくちゃにも高い高いした」のは,なぜでしょう。  
 ・ゆみ子がすごく喜ぶから。
 ・思いっ切りすることで,自分のつらい気持ち(戦争に行く,家族と別れる,死ぬかも
 しれない)をまぎらわせるため。
 ・ゆみ子にはふだん何もしてあげられない。せめて高い高いをすることで,喜ばせてあ
 げたいから。           
10.「そんなとき」とは「どんな時」ですか。              
 ・ゆみ子のことを話したとき。
 ・ゆみ子のことを母と話したとき。
 ・ゆみ子のことを話して暗い気分になったとき。                 
       
 【第3場面】
 『一つの花』第3場面の検討。前時の続き。「おにぎりは、もともと幾つ入っていまし
たか。」などの検討。

 【第4場面】
 「登場人物の確認」「ゆみ子の年齢」などの検討。

 【第1〜4場面】(全文)
1.「一つの花」を時代別に二つに分けると、どこで分かれますか。
 ・「第1・2・3場面」と「第4場面」。
2.第3場面までと第4場面を対比しましょう。
 たっぷりノートに書かせる。ノートに書かせた内容の発表。その後、対比して気づい
 たことを発表させる。
3.第1〜第3場面と第4場面を、それぞれ一言で表しましょう。
 ・過去と現在。
 ・乳児時代と少女時代。
 ・父の生きていた時代と亡くなってしまった後。
 ・戦争時代と平和な時代。

4.「最も多く出てくる言葉は何ですか。
 ・一つ。
5.『一つ』は何回出てきますか。
 ・21回。
6. 話に出てくる『一つ』のものは何ですか。
  書く時間をたっぷりとった後に、すべて発言させる。
 ・芋・豆・南瓜の煮付け・おにぎり・花・秋桜・防空頭巾・配給された切符・喜び
 ゆみ子・ゆみ子の父・ゆみ子の母・人々の命・・・・・・
7.その時代、世の中に一つしかなかったものは何ですか。
 ・ゆみ子の命。
 ・父の命。
 ・母の命。
 ・地球。
 ・世界。
8.第4場面に出てこないのは、だれですか。
 ・父。
9.父が出てこないのは、なぜですか。
 ・戦死したから。
10.この物語の主題は、何ですか。『――の大切さ』のように書きなさい。
 ・平和の大切さ。
 ・命の大切さ。
 ・家族の大切さ。 

2月22日(金)に記録した内容

  5校時は国語科。教科書最後の掲載物語文「ごんぎつね」の授業。
  いよいよ最終段階。第6場面の授業。
  この単元を次のように授業してきた。概要は以下の通り。

  第1時は、新出漢字指導。漢字の読み書き。
 『ごんぎつね』第2時。第1場面音読。
 さらには、第1場面に出てくる動植物の名前を出させる。教科書では、すべて平仮名
 で示されている。漢字でどう書くのかを辞書で調べさせる。
  第3時。『ごんぎつね』第1場面の音読・言葉の意味調べ。
  そして、第4時から「読みの指導」も開始。第1場面「読みの指導」における学習課
 題は、「ごんは、どんな狐か。」。
 以下、場面ごとの授業。主発問は、次の通り。

 【第1場面】
 [前半部分]
 1 主人公は、だれですか。
 ・ごん。
 2 ごんは、何ですか。
 ・狐。
 3 ごんは、どんな狐ですか。(わかる言葉4箇所に線を引きなさい。)
 ・ひとりぼっち。
 ・子ぎつね。
 ・いたずらばかり。
 ・あなをほって住んで。
 4 ごんは、どんないたずらをしてきましたか。(わかる所に線を引きなさい。)
 5 これまでしてきたいたずらは、三つだけですか。
 ・三つだけではない。
 6 どの言葉からわかりますか。
 ・「〜たり〜たり、いろんなことをしました。」。
 7 被害者は、だれですか。
 ・ 村の人々。
 8 ごんのいたずらは、村の人々にとって許せますか、許せませんか。(「許せる」は
「○」、「許せない」は「×」を書きなさい。理由まで。)
 ・ ×。
 [後半部分]
 1 この場面でも、ごんはいたずらをします。被害者は、だれですか。
 ・ 兵十。
 2 どんないたずらですか。(わかる所に線を引きなさい。)
 ・ ごんは、びくの中から魚をつかみ出しては、〜ぽんぽん投げこみました。 
 3 ごんのいたずらは、兵十にとって許せますか、許せませんか。(「許せる」は
「○」、「許せない」は「×」を書きなさい。理由まで。)
 ・ ×。
 4 いたずらを発見した瞬間、兵十の言った言葉は、どれですか。(指しなさい。)
 ・「うわあ、ぬすっとぎつねめ。」
 5 どう読むといいのでしょう。(やってもらいましょう。)

 【第2場面】
 1 ごんは、どこに出かけましたか。(わかる所に線を引きなさい。)
 ・ 弥助というお百姓のうちの裏。
 ・ 兵十のうちの前。
 ・ 村の墓地の六地蔵のかげ。
 ・ 穴の中。
 2 この日、ごんは、何を知りましたか。
 ・ 兵十の母の死。
 3 何を見て知りましたか。(わかる言葉に線を引きなさい。)
 4 穴の中で、ごんは何を考えましたか。(指しなさい。)
 ・ 全員で音読。
 5 ごんの気持ちを2字熟語で表すと何ですか。(ノートに書きなさい。)
 ・ 反省。
 ・ 後悔。

 【第3場面】
 1 いたずらを後悔したごんは、変わります。何をするようになりましたか。(一言で
  書きなさい。)
 ・ 償い。
 2 どんな償いをしましたか。(二つ書きなさい。)
 ・ 鰯を投げ込んだ。
 ・ 栗や松茸を持っていった。

 【第4・5場面】
 1 1日の中のいつですか。
 ・ 夜。
 2 夜だとわかる言葉は、どれですか。(すべて見つけて線を引きなさい。)
 3 登場人物は、だれですか。
 ・ ごん。
 ・ 兵十。
 ・ 加助。
 4 会話文は、それぞれ、だれの言葉ですか。(会話文の上に名前の頭文字を書きなさ
 い。)
 ・ 確認の後、隣同士二人で役割分担して会話読み。
 5 ごんは、二人の話が、とても気になっていますか。(わかる所に線を引きなさ  
 い。)
 ・ とても気になっている。 

 【第6場面】
 1 兵十が、ごんを見つけた時の気持ちを一言で表します。「ようし。」の後に、どん
  な言葉が続きますか。
 2 かけつけた兵十が見たのは何ですか。(見た順に四つ書きなさい。)
 3 六つの場面は、それぞれ起承転結のどれですか。
 4 主題は、何ですか。

───────────────────────────────────

編集者の心に残った言葉



ゆみ子が最初に覚えた言葉は,何ですか。(「1つだけちょうだい。」)



聞く物の心にじわじわと伝わってくる言葉ですね。
人の言葉に隠された意味を読み取る力は、互いを理解し
合ううえで役に立つ力だと思います。
私は四年生を教えた経験が1度しかないので、ごんぎつ
ねも1度しか教えていません。今から原作を読んでみま
す。内山さんの発問を横に置いて。

感想メール待っています。
匿名希望と書いていただければお名前は掲載しませんが、最初からお名前がないメールは
原則掲載しておりません。お名前を書いていただいた上で、匿名希望でお願いします。
すてべの投稿を掲載するわけではないこともお承知おきください。

tabibito99+@yahoo.+co.jp (+は抜いてください)藏滿まで。

───────────────────────────────────
編集者ニュース 

■雑誌『授業づくりネットワーク』27号 沖縄にこだわる授業づくり6P執筆■□
□最新刊『ワークシート付き
       かしこい子に育てる新聞を使った授業プラン30+学習ゲーム7』
      https://goo.gl/Fdz8te 黎明書房  ヤフーの検索は「蔵満逸司」□■
■メールマガジン「教師教育を考える会」http://www.mag2.com/m/0000158144.html
に近日原稿掲載。

〇10月25日 中城村 助言  幼小中公開授業 小一算数
〇11月    台湾・台北 
〇11月12日 大阪  エデュコレ2017 -多様な教育の博覧会参加 
〇12月 1日 大牟田 吉野小ESD研究公開参加       
〇12月 2日 大牟田 第9回ユネスコスクール全国大会
〇12月10日 東京 教職大学院協会大会 
○12月    韓国・釜山
○12月    新作童話掲載誌発行予定
〇 1月    台湾・淡水
〇 2月 3日 琉球大学  講座  「琉球切手で学ぶ沖縄」 ※募集前
                  https://ercll.u-ryukyu.narayun.jp/
〇 2月17日 やんばる  講座  「やんばるで学ぶ世界自然遺産教育」 ※募集前 
        琉球大学・大島順子先生と担当

◆高校向け出前授業 琉球切手で学ぶ沖縄 随時募集中

☆台湾・韓国・タイ・ベトナム・カンボジア・マレーシア・インドネシア・
 香港・中国上海・マカオ の日本人学校の先生、読者におられたらぜひご連絡ください。
☆11月12日大阪 エデュコレ2017に参加される読者の方、事前にご連絡いた
だければ、ささやかな沖縄土産を差し上げます! 11月6日締め切り

───────────────────────────────────
発行基準日一覧 ※掲載は数日前後することがあります。ご了承下さい。
         ☆当月分発行済み

03日 図書館と子ども
鹿児島県 指宿市立指宿図書館館長 下吹越かおる
☆04日 開発教育は世界を救う
アース(明日)カレッジ校長 肥田進
☆05日  想いはきっと伝わる 〜伝え続けることの大切さ   
大阪府元中学校教諭(沖縄県寺子屋主催)  泉本理惠子
☆07日 心を育てる銅像教育実践記
丸岡慎弥
☆09日「今こそ本気で取り組もう!」共に学び高め合う学級づくり
学級づくり研究会「ちから」 代表 川端成實
☆10日 子どもが大喜びで先生もうれしい!中村のネタ大放出!!・ 
山口県小学校教諭 中村健一 
□休刊 12日 判決書事例で学ぶ安全教育
石巻専修大学 教授 新福悦郎
☆14日 高学年女子との付き合い方            
旭川市内小学校教諭 宇野弘恵
☆15日 楽しく使おう!学校図書館ーかませんのつぶやきー      
元筑波大附属小教諭 帝京大学教授 鎌田和宏  ・・・
☆17日 沖縄のチャンプルーばなし
琉球大学 教職大学院准教授 比嘉俊
☆18日 世界のどこかで発見 こんなところに教材
熊本県小学校教諭 笹原信二     
☆20日 正義と勇気を育てる学級&学年集団づくり 
鹿児島県小学校教諭 内山義朗 
22日 実務家教員トボトボ日記                 
上越教育大学教職大学院准教授 阿部隆幸
25日 学級通信『きらきらひかる』が紡ぐ物語
札幌市立小学校教諭 大野睦仁
26 若手教員の役立ち 学級経営のアイディア 
静岡県小学校教諭 森竹高裕 
27日 性(sexuality)を学ぶとは何をすることか? 
三重大学教授 佐藤年明 
28日
教材開発の極意 旅する教師 熊本県小学校教諭 村上浩一

不定期連載
子どもの「事実」から始める教育実践  〜養護教諭の視点で〜 
熊本県養護教諭  澤栄美

───────────────────────────────────

3月と8月はお休みです。

───────────────────────────────────
2017/10/22 藏滿逸司(琉球大学)編集発行 
  tabibito99+@yahoo.+co.jp (+は抜いてください)
───────────────────────────────────


 .
 .

最新のコメント