小中高校

小学校教師用ニュースマガジン

小学校の教師に役立つ情報をお届けします。

メルマガ情報

創刊日:2000-09-17  
最終発行日:2018-06-22  
発行周期:不定期  
Score!: 79 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

★MM小学★2359□総発行部数3600□内山義朗  

2018/06/22

───────────────────────────────────
□小学校教師用ニュースマガジン2359□総発行部数3600□内山義朗     
───────────────────────────────────

正義と勇気を育てる学級&学年集団づくりNO181   (2018年6月号)
                       
                       道徳のチカラ奄美代表  内山義朗

                 私の仕事術

 年度初め、4月は実に慌ただしい。
 家庭環境調査票・保健調査票・通学路調査票の回収・確認。
 就学援助希望調査書・PTA専門部希望調査書・食物アレルギー調査書の回収・確認。
 5月にかけて結核検診問診票・尿検査容器の回収・確認もある。
 これらは集まらなければ、各家庭に至急提出を要請せざるをえない。
 教室にある学級担任用の事務机。そこに大きめの箱を置いておく。そこに、まとめて入
れさせるようにしている。子どもたちが出した提出書類を分類してクリップでとめる。あ
る程度集まったら名簿順に並べ未提出分の確認。まずは、子ども本人に出し忘れていない
か確認する。引き出しやランドセルに入っていることお結構あるものだ。また、提出文書
が家庭に届いていない場合もある。引き出しの奥先にぐしゃっとなったままのプリントが
たまっている子も稀にいる。
 だから、帰る準備をさせる際、引き出しを机上に置き、机の中に物がないか確認させる。
ランドセルは椅子の上に置き、引き出しに残して良い物以外、全て持ち帰りのために入れ
させる。「色鉛筆・のり・はさみ・定規は引き出しに残しておいて可」としている。

 学級担任にとって作成物も多い。学級名簿・時間割表(校時表)児童保護者名簿・緊急
時用学級連絡網表・家庭訪問計画書。さらには、年度初めのPTA関連資料作成。希望に
基づくPTA専門部割り振り案文書・年間行事予定表・学級PTA委員一覧表。
 年度初めには、児童指導要録・健康診断表・歯科検針票・出席簿等公募の作成や並べ替
え・記入もある。学級名・出席番号記入や学校長名・学級担任名ゴム印押印。
 できるものは春休みからとりかかる。例えば公募の仕分けや並べ換え等。そうでなくて
も、年度初めから、できるところから期限が近いものから時間がある時に進めていく。終
わらずとも退庁時刻には切り上げる。

 5月から6月にかけては、会合も多い。PTAの理事会や専門部会・新旧役員会やPTA
総会。PTA奉仕作業やPTA球技大会。教職員のスポーツ大会。
 行事・活動計画を目的とするPTA各専門部からの調査用紙配布や回収依頼も多い。
 地域によって異なるが、地域行事や会合への参加要請もある。
 これらの多くは勤務時間外活動である。奄美市では数年前から土曜授業が月1回4月か
ら実施されている小中学校が多い。そのため、4月から6月にかけて土日曜日も十分に休
養できない多忙な日々が続くと感じる。自身の体力や疲労状況・健康状況に配慮しながら、
必要な所は参加し、参加必然性のないところは不参加。こんな判断も大事。疲れがたまる
ようなら、平日に年休をとってでも過労とならないようにしていきたいものだ。

 集金に伴う金銭管理もある。学級費・教材費・PTA会費・給食費を集金袋に入れて子ど
もたちが持ってくる。学級担任が回収して、それぞれの担当に提出するか金融機関に入金
するなどして保管。学級費・教材費納入済みは名簿に記入して長期間の未納家庭には催促
する。未納金額と納入のお願いを記して封筒に入れて子どもに届けていただく。集金袋紛
失のケースも多い。

 6月から7月にかけては1学期通知表や夏季休業中の課題作成もある。通知表作成のた
めに成績処理もある。通知表の形式確定及び通知表記入用紙の配布が5月までにできてい
れば、ありがたい。氏名ゴム印押印や身体計測の記録や出席番号・担当係活動名の記入等
できるところから早めに作業を進めておけば効率的。通知表配布が6月末までにない経験
が幾度かあった。そうなると7月が、かなり慌ただしい。また、特別支援学級の通知表作
成のために全教科の4段階評定と所見及び行動や交流学級での活動の様子を突如お願いさ
れると厳しい。通常学級と異なる形式で早い時期の事前提示なしで、それが一人・二人な
らず一気に7人分。そんな交流学級担任経験もある。予定して進めていたものと異なる即
対応しづらい仕事が急遽入ってくると計算が違ってくる。いずれにせよ自身の担当部署は
早めに仕事を進めながら、他者に影響の出る仕事は早めに提示していきたいものだ。
 子どもたちへの「夏休み課題」作成もある。子どもたちの実態を考慮しながら、早めに
用意していく。

 ここに示した以外に様々な作業がどんどん入ってくる。特に1学期は多い。例えば、行
事反省の記入提出だったり行政機関からくる調査だったり、子どもたちの学習や生活に関
する調査だったり、PTA関連のアンケートだったり、・・・・・。報告物・提出物・配布

・回収物が近年増加傾向にあり危惧するところだ。
 いずれにせよ締め切り間際にならぬよう早くできるところから進めていく。そして、退
庁時刻には終わらずとも作業を打ち切る。続きは後日進め、締め切り期限は守る。
 必要性の分からぬ取り組みには、意図をお尋ねする。必要性のない取り組みには排除や
精選を申し入れる。作業時間の確保のために意見を率直に言う。担当部所においては他者
の貴重な時間を奪わぬよう、関わる人々の効率と実施効果を考えて仕事を進める。特に提
案やお願い事項は精選して意味あるものに限定して皆の作業時間を考慮しながら仕事を進
めたいものだ。
 何より、教職員の仕事は関わる子どもたち全員をよりよく育てるためにあるのだから。
とりわけ、学級担任ならば、学級づくり・授業づくりのためにこそ準備・反省を含め、貴
重な時間を使いたい。子どもたちを全員育てるための計画・実務・評価の時間確保に努め
ていく必要がある。

  
───────────────────────────────────

編集者の心に残った言葉

必要性の分からぬ取り組みには、意図をお尋ねする。必要性のない取り組みには排除や
精選を申し入れる。

大賛成です。私もこの点については徹底して意見を言ってきました。誰も言わないと、い
くらでも仕事が増えていきます。しかし、一人でもちゃんと意見を言うと、ある程度は、
調整が行われ、提案が取り下げられたり、内容が簡素化されたり、多忙な時期からそうで
もない時期へ移動したりと、何らかの効果があるものです。全か無かの議論になることも
ありますが、修正する方向で建設的で誰もが納得できる代案を出すと意外と通ったもので
した。

───────────────────────────────────
編集者ニュース  http://urx.mobi/JDkI アマゾンでの検索は「蔵満逸司」
 6月 バンコク 
 7〜9月 免許更新講習 琉球大学、やんばる、石垣島他  
 7月 中城村算数・久高島道徳・糸満市小道徳・糸満市中道徳・宜野湾市道徳 
 
 8月16日「第19回未来教育セミナー霧島プロジェクト ユクサおおすみ海の学校」
    テーマ:「共にすばらしい未来教育を創造しょう!」 
 
 8月 糸満市中道徳 
 9月 島尻教育事務所・道徳、中城村算数
 9月22日 琉球大学(仮題)石川晋さんと考える教師の生き方
11月 中城村算数
11月23日 熊本市 参加者募集中
     「主体的・対話的で深い学び」を考えるセミナー2018霜月in熊本」

◆出前授業 琉球切手で学ぶ沖縄他 随時募集中(小6以上)
───────────────────────────────────
発行基準日一覧 ※掲載は数日前後することがあります。ご了承下さい。
         ☆当月分発行済み
6月
07日 心を育てる道徳教育実践記 丸岡慎弥 
☆08日「放課後の職員室〜中学校の風景〜」 杉本直樹 
09日「今こそ本気で取り組もう!」学級づくり研究会「ちから」代表 川端成實
10日 子どもが大喜びで先生もうれしい!中村のネタ大放出!! 中村健一
☆12日 判決書事例で学ぶ安全教育 石巻専修大学 教授 新福悦郎
☆14日 高学年女子との付き合い方 旭川市内小学校教諭 宇野弘恵
☆17日 沖縄のチャンプルーばなし 琉球大学 教職大学院准教授 比嘉俊
☆18日 世界のどこかで発見 こんなところに教材 熊本県小学校教諭 笹原信二
☆20日 正義と勇気を育てる学級&学年集団づくり 鹿児島県小学校教諭 内山義朗
22日 実務家教員トボトボ日記 上越教育大学教職大学院准教授 阿部隆幸
25日 学級通信『きらきらひかる』が紡ぐ物語 札幌市立小学校教諭 大野睦仁
26日 若手教員の役立ち 学級経営のアイディア 静岡県小学校教諭 森竹高裕
27日 三重大学30年 〜教員養成の仕事を振り返る〜 佐藤年明 
28日  教材開発の極意 旅する教師 熊本県小学校教諭 村上浩一

───────────────────────────────────

3月と8月はお休みです。

───────────────────────────────────
2018/6/22 藏滿逸司(琉球大学)編集発行 
  tabibito99+@yahoo.+co.jp (+は抜いてください)
───────────────────────────────────

最新のコメント

  • 中村博志2006-11-03 22:26:57

    私も大学で「死を通して生を考える教育」を行っております。

    2ヶ月に一度の土曜日に「死を通して生を考える教育」研究会を行っております。

    先日も都内の某中学校でこのテーマで授業をしました。

    冒頭の近藤先生の持論は私の持論と全く正反対です。近藤先生は死を前面に立てないのに対して、私は題名のとおり、死を前面に掲げます。

    先生のお考え方はいずれでしょうか?

    ご意見をお聞かせください。

     蔵満先生           中村博志

    PO:ご希望であればこれまでの仕事をまとめたDVDがありますのでお送りします。 

  • まみゆ2005-08-30 09:35:02

    てこ天秤のことを教えてください