トップ > 学校・教育 > 小中高校 > 小学校教師用ニュースマガジン

小学校教師用ニュースマガジン

RSS

小学校の教師に役立つ情報をお届けします。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2017-03-16
発行部数:
1046
総発行部数:
750544
創刊日:
2000-09-17
発行周期:
不定期
Score!:
81点

□■□ MM小学校教師用ニュースマガジン□2188□種村エイ子

発行日: 03/16

特別号 種村エイ子先生 退官記念号 種村先生ありがとうございました

───────────────────────────────────
□■□ MM小学校教師用ニュースマガジン□2188□種村エイ子
───────────────────────────────────

子どもの自立を支える

・・・「いのちの授業」から「アニマシオン』へ 第5回        

「広がれ、アニマシオン」
 
                        種村エイ子
                      tanemura@int.iuk.ac.jp


 今回で私の担当は最後です。私のアニマシオン実践を少し紹介して、フランスのアニマ
シオンに触れます。
 私は、大学で司書課程、司書教諭課程を担当してきました。アニマシオンを実践してい
るのは、司書教諭科目の「読書と豊かな人間性」と司書課程の「児童サービス論」です。
「読書と豊かな人間性」では、子どもと本を結ぶ手法として、読み聞かせ、ブックトーク、
ビブリオバトルと続いて、最後がアニマシオンです。学生たちに実演もしてもらいます。
2月の初め、ひとつのグループが実演したのは、「ぼくのタイトル世界一」。絵本のタイ
トルの部分を隠して読み聞かせします。取りあげた絵本は、メキシコの昔話です。内容は
「うさぎは、自分が小さくていつも森の動物にいじめられていたので、神様に、もっと大
きくしてほしいと頼みます。神様は、トラとワニとサルの皮を持ってきたら、かなえてや
ると言います。うさぎは、知恵を使い3匹の皮をとり、神様のもとへ馳せ参じます。神様
は、こんなに頭のいいうさぎを大きくすれば他の動物をいじめるだろうと、耳だけを長く
した」という話です。グループでいちばんふさわしいタイトルを考えて、出されたものの
なかから参加者が「どれがいちばんいいか」を決めるのです。このとき“世界一”になっ
たのは、「小さなうさぎのおおきなねがい」、次点は「うさぎの猟奇殺人事件」でした。
絵本の題名『ウサギの耳はなぜ長い』と同じ回答を出したグループもあったのですが、世
界一には選ばれませんでした。

 私がこのところいろんな場所で実践しているのは「家出犬を探せ」作戦、別名「きみた
ちは図書館たんていだん」です。光村の「こくご」教科書2年下に「きみたちは、図書館
たんていだん」の単元があり、学校司書との連携で、なかなか楽しい授業が繰り広げられ
ていたのに、わずか3年で消えてしまったのが残念で、なんとかアニマシオンで復活でき
ないかと考案したものです。

 教科書は、まず子どもたちが、図書館内を探検し、グループごとに図書館配置図をつく
り、「お米やパンのことを説明している本」「かぶと虫がいるところや、何を食べるかが
分かる本」などのありかを探る、というものでしたが、アニマシオンでは、1時間で終わ
るために、違う方法をとりました。学校司書の協力をもらい、図書館のいろいろな分類の
棚から犬が出てくる本を選び、表紙と中身をコピーします。子どもたちに、まず犬の出て
くるページのコピーカードを示して「大変なことがおこってしまいました。図書館の本の
中から犬が家出してしまいました。どの本から家出したか探してください」と呼びかけ、
各グループ1枚ずつ選んだ犬がどの表紙の本のなかにいたかを探し、更に、図書館のどこ
の棚にいたのかも探し、図書館の配置図にシールを貼るというものです。犬でなくてもね
こでもオオカミでもかまいません。子どもたちは探偵団になったつもりで、楽しみながら、
図書館の分類(棚の配置)を覚えてしまいます。

 アニマシオンは、本が苦手と思っている子どもにも、本の世界の楽しさを伝える方法で
す。準備する大人も、ワクワクできるのが特徴です。そんなことを強く実感したのは、作
家で翻訳家の辻由美さんがコーディネイトしてくださったフランスアニマシオン研修旅行
(第4次 2015年3月)に参加した折でした。

 スペインから日本に伝わったアニマシオンですが、どうやらその源流は、フランス革命
後の民衆教育にあったようです。しかも、フランスでは、図書館が利用者に向けて企画し、
提案し、発信する読書と文化へのいざないのすべてをアニマシオンと言っているのです。
ドミニク・アラミシェル著 辻由美訳『フランスの公共図書館60のアニマシオン』による
と、読み聞かせやおはなし、紙芝居、ブックトーク、作家との出会い、映像や画像の分析、
ディベートに哲学カフェなど、図書館がおこなう催しや行事、ありとあらゆる図書館の蔵
書に息を吹き込む活動のすべてをアニマシオンと呼んでいるのです。

 辻さんがセレクトした図書館でのアニマシオンは、想像以上に多彩でした。研修後半に
訪問したパリ市立の図書館2館では、「家族の肖像展」「コンサート」「新人アーティス
トの作品展」「クレープ作り」「就労支援」「動画(アニメーション)制作」「ヒップホ
ップダンス」まで、実施されていました。なかでも興味深かったのは、パリ20区の図書館
が地域の中学・高校と連携して行っている「戯曲に夢中!」「漫画に夢中!」の企画です。
あらかじめ司書がピックアップした戯曲や漫画の作品をアニマシオンに参加する生徒たち
が読み、議論し、受賞作を選び、選んだ理由をプレゼンし、授賞式までやるのです。図書
館や読書に親しむだけではなく、「批判的精神」を養い、「自己肯定感」をもち、自分の
意見を発表できる「自立した市民」を育てるのが目的だそうです。
研修前半は、パリ近郊ブルジュ市で、「エタミーヌ」というクラス全員が協力して一冊の
本をつくるプロジェクトを見学しています。これには、フランス全土の幼稚園から高校生
まで参加し、本を書く「著者クラス」、他校のクラスが書いた本を評論する「評論者クラ
ス」、本を書き評論もする「著者・評論者クラス」があり、どれに参加するかは、クラス
で話しあって決めるそうです。本づくりの課程で図書館の司書がアニマシオンを行います。
どんな本をつくるか、そのイメージは図書館で用意された本との出会いで決まることも多
いようです。  

 絵本づくりは、日本でも実施しますが、子どもたちが、他のグループが手がけた作品の
評価までやることはありません。コンクール形式になっていても、審査するのは大人だけ
です。

 フランスでは、図書館で実施するアニマシオンの年間計画を学校へ送り、学校は参加す
るアニマシオンを選ぶ、という仕組みになっています。これだけ豊かなアニマシオンを継
続して実施できるのは、1館あたり約40〜50名も正規司書がいて、それぞれが、美術や音
楽、文学など専門分野を持っているからです。

 このフランスのアニマシオンをたくさんの方に知ってもらうべく、日本でのアニマシオ
ン20周年を記念して、この9月ドミニク・アラミシェルさんをお招きして、アニマシオン
ワークショップを開催します。ただ今、ドミニクさんを招くための基金を集めています。
そして、わが鹿児島でもワークショップと講演をやってもらう予定でいます。鹿児島市内
の小学校での子どもたち向けのワークショップも計画中です。台風シーズンなので、それ
がいちばんの心配です。詳しくは、読書のアニマシオン研究会のサイトhttps://www.anim
ation-club.net/をごらんください。

 まだまだ紹介したい実践はあるのですが、アニマシオンは本で読むより、実際に体験す
ることが、楽しさを知る近道です。さいわい、アニマシオンクラブは、全国各地にありま
す。岩辺先生は、全国各地でアニマシオンの種をまき続けています。私も、この3月に退
職します。今後はボランティアでアニマシオンの輪を広げるお手伝いが続けていけたらい
いなと思っています。

 さっそくこの夏は、岡山で行われる学図研全国大会、福岡で行われる日本子どもの本研
究会の集会で、アニマシオンをやることになっています。ただいま準備をすすめています
が、どんな出会いがあるのか、今から楽しみです。

───────────────────────────────────

編集者の心に残った言葉

どんな出会いがあるのか、今から楽しみです。



 退官記念講義の様子が新聞で報じられていましたが,退官で終わりではないし,今後ま
すます好きなことに専念できる始まりなのではと思う私でした。

 数日前に東京のゴールデン街で朝日新聞記者の上野創さんと語りました,飲みました。
上野創さんとの出会いは,私の種村先生との出会いがなければありえないことでした。
鹿屋市寿北小学校の私の学級で,種村先生が命の授業をされるということになり,その授
業を横浜から取材にこられたのが上野創さんでした。1999年だと思うので,18年前
になります。その後もフェイスブックでつながってはいたのですが,直接お目にかかるの
は18年ぶりでした。種村先生あってのご縁ということになります。

 私は無類の本好きです。好きが高じて書く側にもなりました。アニマシオン的な取り組
みもやってはきましたが,まとめたことがありません。種村先生の今回の文章を読んで,
まとめてみたい,もう少し実践をしてみたいと思っています。種村先生はたくさんの人に
こういう刺激を与え続けてこられたのだと思います。本当にありがとうございました。

 このメルマガの最初の連載執筆者が種村エイ子先生です。
 メルマガという当時は得体の知れないメディアへの執筆依頼,原稿料のない執筆依頼
(今も原稿料はありません),蔵満というそれほど親しいわけでもない小学校教員からの
依頼を快く引き受けて長い間書いて下さった素敵な方です。
 心から感謝します。

 もちろん,種村先生の道はこれからも,ある意味先鋭化して,ひょっとしたらしたいけ
れど我慢していた新しい道に足を踏み入れるということもあるなら逆に大きな道なのかも
しれませんが,どちらにしても続くのです。

 本メルマガの執筆も,きっと三回目の連載があるのではと期待しています。
 よろしくお願いします。

          一番の読者と自負している 編集者 蔵満逸司

───────────────────────────────────
編集者ニュース

〇教科書の編集会議に参加してきました。子どものために素敵な教科書を作ります。
〇今日と明日,宮古島で社会の授業二本と講演をしてきます。
〇『特別支援教育を意識した小学校の授業づくり・板書・ノート指導』(黎明書房)2013
年 4刷になりました。4000冊です。
〇3月中旬,もう一度宮古島に行くことになりそうです。本年度7回目になります。
〇明後日からタイに行きます。タイに住む読者の方・・・おられませんよね。
〇3月14日東京出張です。出版社とのの打ち合わせです。
〇教員免許更新講習 大学主催の市民公開講座,高校生向けの出前講座  楽しみです。 
〇南日本新聞 ミナミさんちのクイズ 6年目に入りました。 
○『教師のためのiPhone & iPad超かんたん活用術』(黎明書房)3刷になりました。
〇新著の発行予定が6月に決まりました。現在,初回校正中です。苦しい・・・。
〇学習クイズの仕事が二つ入りました。単著と共著6冊です。
───────────────────────────────────
発行基準日一覧 ※掲載は数日前後することがあります。ご了承下さい。

4月
01日 先生も子どもフォローし合う学級づくり       
千葉県小学校教諭 城ヶ崎滋雄 
03日 図書館と子ども
鹿児島県 指宿市立指宿図書館館長 下吹越かおる
05日  想いはきっと伝わる 〜伝え続けることの大切さ   
大阪府元中学校教諭(沖縄県寺子屋主催)  泉本理惠子
06日 今月使える学習クイズ 
琉球大学 准教授 蔵満逸司
07日 心を育てる銅像教育実践記
丸岡慎弥
09日「今こそ本気で取り組もう!」共に学び高め合う学級づくり
学級づくり研究会「ちから」 代表 川端成實
10日 子どもが大喜びで先生もうれしい!中村のネタ大放出!!・ 
山口県小学校教諭 中村健一 
12日 判決書事例で学ぶ安全教育
石巻専修大学 特任准教授 新福悦郎
14日                  
旭川市内小学校教諭 宇野弘恵
15日 楽しく使おう!学校図書館ーかませんのつぶやきー      
元筑波大附属小教諭 帝京大学教授 鎌田和宏  ・・・
17日 沖縄のチャンプルーばなし
琉球大学 教職大学院准教授 比嘉俊 ・・・
18日 世界のどこかで発見 こんなところに教材
熊本県小学校教諭 笹原信二     
20日 正義と勇気を育てる学級&学年集団づくり 
鹿児島県小学校教諭 内山義朗 
22日 実務家教員トボトボ日記                 
上越教育大学教職大学院准教授 阿部隆幸
25日 学級通信『きらきらひかる』が紡ぐ物語
札幌市立小学校教諭 大野睦仁
26 若手教員の役立ち 学級経営のアイディア 
静岡県小学校教諭 森竹高裕 
27日 性(sexuality)を学ぶとは何をすることか? 
三重大学教授 佐藤年明 
28日
教材開発の極意 旅する教師 熊本県小学校教諭 村上浩一
30日 不定期連載
子どもの「事実」から始める教育実践  〜養護教諭の視点で〜 
熊本県養護教諭  澤栄美

───────────────────────────────────

3月と8月はお休みです。

───────────────────────────────────
2017/3/2 藏滿逸司(琉球大学)編集発行 
  tabibito99+@yahoo.+co.jp (+は抜いてください)
───────────────────────────────────

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 総合・道徳教育メールマガジン

    最終発行日:
    2017/03/03
    読者数:
    929人

    道徳授業実践記録,全国の「総合的な学習の時間」情報・問題行動への対処・キチッとさせる指導・現代子ども論・基礎学力・学習指導要領解説・心のノートの使い方・教師向け研修,イベント情報を扱うメールマガジンです。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/23
    読者数:
    24206人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法

    最終発行日:
    2017/03/22
    読者数:
    766人

    平凡な人間が経済的にも精神的にも多大な幸せをつかむ方法をお教えします。経営者、セールスマンからOLさん、学生等、3万2千人以上の意識の高い方が読んでいます。

  4. カジノバ通信

    最終発行日:
    2017/03/22
    読者数:
    216人

    世界各国のカジノ情報をお届けするサイト「カジノバ」。カジノを中心に世界各国の観光地など魅力たっぷりの情報をお届けしています。カジノバ通信ではカジノバの更新情報、その他最新情報などを発行していきます。日本でカジノが合法化される事を夢見て!同志大歓迎!!

  5. 欧米人男性とのまじめな出会い、理想の国際結婚への近道

    最終発行日:
    2017/03/21
    読者数:
    186人

    素敵な外国人男性会員のプロフィールを写真入で毎週ご紹介。Coolな欧米人の彼氏をみつけて、憧れの国際結婚への近道をつかむチャンス!!

発行者プロフィール