雑学

☆ 数 の フ  シ  ギ ? ?

巷を歩いている時、テレビを見ている時、ふと数について疑問が生じる事があります。例えば、太陽の直径が何故分かるのか?古切手の値段はどうやって決めるのか?そんな事をあれこれ詮索します。

全て表示する >

☆ 数 の フ  シ  ギ ? ?

2008/06/20

1?2?3?4?5?6?7?8?9?8?7?6?5?4?3?2?1?

            ☆ 数 の フ  シ  ギ ? ?

                      〜数のあれやこれや雑学〜
                                                   vol.48

9?8?7?6?5?4?3?2?1?2?3?4?5?6?7?8?9?





 【目次】

・ご挨拶
・☆ 出版社は本の売れゆきをどうやって判断している?
・☆ 味度メーターは米のうまさをどう測定するの?
                  
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


■■■■■■■■■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■■■■■■■■■■

【ご挨拶】



メールマガジン「☆ 数 の フ  シ  ギ ? ?」発行人の私、

山本 敏(やまもと びん)です。よろしくお願い致します。

巷を歩いている時、テレビを見ている時、ふと数について疑問が生じる

事があります。

例えば、太陽の直径が何故分かるのか? 古切手の値段はどうやって決めるのか?

星占いの星座は何故13? 次男坊なのに何故一郎?

とかどうでもいいんだけどでも気になる。そんな事をあれこれ詮索します。 

それでは早速お楽しみ下さいませ。

■■■■■■■■■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■■■■■■■■■■


     ==PR============================

     子どもの塾代、進学、住宅ローン・・・足りない家計に不安の毎日。

      あと5万・・・いや、あと3万あったら。。。そんな事でいつも喧嘩。

       http://nourifusion.sakura.ne.jp/ppp/mofu/new.htm  

      空き時間に自宅で起業♪今月も、家賃+光熱費稼いじゃった♪

     ============================PR==



   ☆ 出版社は本の売れゆきをどうやって判断している?


 数えきれないほど出版される本の中で、増刷されるのは、

ある判断基準をクリアした本だけである。

その判断のために利用されているのが、売り上げスリップのデー夕である。

 売り上げスリップとは、いわば本の【商品タグ】。

本を買うとき、レジで本の中から抜かれるしおりのような紙が、それだ。

 全国の主要書店で抜かれた売り上げスリップは、まず出版社ごとに分けられる。

そして、毎日、宅配使で出版社へ送り届けられるのである。

 出版社では、届いた売り上げスリップをもとにコンピューターで分析し、

実売数を推測する。

さらに、過去の類書の売り上げデータをもとに今後の売れ行きも予想する。

ここで、まだ売れると判断できれば、増刷されるのである。

 部数の目安は、著者やジャンルによってちがう。

マニアックなものなら初版5000〜6000部で、

3000部ずつ増刷というものもあれば、有名作家のものは初版10万部で、

以後、数万部単位で増刷されていくこともある。


     ===PR======================

      借金を返すために借金をする。そんな生活がイヤだった。

     将来の為の貯金が無い。そんな不安から抜け出したかった。

       http://winsome.sakura.ne.jp/mof/kog/index.htm
  
     あと5万欲しくて始めた副業で、旦那の給料そのまま貯金!

     ======================PR===



   ☆ 味度メーターは米のうまさをどう測定するの?


 和歌山県の会社が「味度メーター」なる機械を発明し、売りだした。

この機械、その名のごとく味の度合いをはかるもので、

お米のうまさを数字で表示してくれる。

 たしかに狙いどころはいいように思える。

今のニッポン、何を混ぜているかわからないブレンド米がブランド米として出まわり、

消費者は高い米を買わされている。

しかし、袋の中身を「味度メーター」で確かめたうえでお米が買えるようになれば、安心だ。

でも、この機械のお値段は、なんと1000万円だとか。個人が買えるものではない。

 それに、どうやって米のうまさがはかれるのだろうか?

 新米がおいしいのは水分を多く含んでいるからで、新米を炊くときには、

いつもより水の量を減らすのがふつうだ。

また、研いだ米を水につけるのも、米に水分をよくませるためである。

つまり、水分をたっぷり含んだ米はふっくらと炊きあがっておいしいというわけだ。

逆に、古米がまずいのは、表面がカチカチに固まって水分を吸収してくれないから。

 このように水分を含むか含まないかは、米粒にある保水膜によって決まり、

保水膜が厚いほど水分を含んだうまい米ということになる。

そして、「味度メーター」では、この保水膜の厚さを測定して

米のうまさを判定するようになっている。

たとえば、100という数値を最高とした場合、85以上あれば、

誰もがおいしいと感じる米なのだという。
  
「味度メーター」の出現によって、インチキ米は一掃できるだろうか?




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-04-29  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。