社会・社会学

会社でよくあるホンネの読み方

会社や仕事で「おいおい、それって違うんじゃない!」っておもうことって多いですよね。言ってること、やってる事の裏まで読めて一人前です。「会社でよくあるホンネ」の読み方を一緒に考えてみましょう。

メルマガ情報

創刊日:2007-04-19  
最終発行日:2007-10-27  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

************************************************************** 

............. 会社でよくあるホンネの読み方 .................

                           
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    週刊 サンプル号
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
===============================
【目次】
【1】ご挨拶
【2】【だから言ったじゃないか! ってナニ?】

===============================
【ご挨拶】
発行人です。
会社では人に言えないホンネというものが有ります
それは、はっきりいえないだけに察しないといけない部分の多い
大変厄介なものです

ここでは、色々な実例を元にそのホンネを解説していきたいと思います
会社生活、いや組織に属する全てに方にオススメです

それでは、スタートです! 

===============================

【だから言ったじゃないか! ってナニ?】

「だから冒ったじゃないか!」って、言われた事ありますよね、
まあ、実際は言われていないのにいわれることが多いんですけど。

勝ち誇ったように言い放つ人のホンネはどうなんでしょうか?
この言葉は「そんなことをすれば失敗するのは、自分にはあらかじめわかっていた」
ということを強調しています。

「自分ならもっとうまくやれたのに」とか、だから人のいうこと聞かないから」
ということが言いたいわけで、非常に優越欲求の強い人です。

失敗した人よりも、その失敗があらかじめわかっていた自分は、とても偉い。
それに比べて、君は忠告までされたにも係わらず、失敗する道を選んでしまった。
とんでもないバカ者です。
そのことを、よく「思い知りなさいよ!!」ということでしょうか。

しかし、言われるほうの立場に立ってみると、なんと嫌な奴でしょう。
すでに失敗して、プライドはずたずたにもかかわらず、追い討ちをかけるのですから。

これは、自分が、失敗した人に優越していることを見せつけ、
うむを言わさず勝ちをおさめようとしているのです。

相手の失態につけ入り、何にも云えない状態で勝ち誇ろうとしているのです。
実際に、その人に忠告されていた事実があれば、本当に何もいえません。

しかし、冒頭にも書きましたが『実際は言われていないことが多い』のです。
何故こんなことがおきるのでしょうか?

これは、その人が「こんなやり方じゃ失敗するんじゃないかな!」
と思ってはいたが、口には出さなかった 事によるんですね。

ところが相手が失敗してみると、自分が思っていたとおりだったので、
ついつい、「だから言ったじゃないか」と言ってしまいます。
自分でも、言ったような気になっているんですね。

この言葉は、相手を完膚なきまでに打ちのめす反面、深く傷つけます
恨まれる事にもなりかねませんから、出来れば使わないほうが良いのです。

それでは!今回はこの辺で・・・。
 
===============================




最新のコメント

  • コメントはありません。