お酒・ワイン

Sanoya News 

日本オンラインショッピング大賞ベストEC賞を受賞。
ネット月商1千万の実績を持つ地酒専門店、佐野屋発行のメールマガジン。
日本酒、吟醸酒、限定醸造酒、酒蔵情報等に関する情報をお届け。


全て表示する >

Sanoya News AYUで〜す。一湖房のあゆ 発売開始。

2005/07/21

______________________________________________________________________
S A N O Y A    N E W S  メルマ配信版                        2005/07/21
======================================================================

           今度は「鮎(あゆ)」です。

     一湖房のあゆ 予約生産による出来たてを発送します!
              http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?Ikko=1
                              佐野屋酒店
======================================================================
もし2通メルマガが配信されてくる場合、こちらを解除下さい。
http://www.melma.com/taikai/(マガジンID m00016761)
======================================================================

夏です。夏の食材の1つに「鮎」があります。

全国各地の河川では漁協などが放流した鮎の解禁日を迎えていますが、実は
その鮎の多くは琵琶湖産のものです。

今回は、その日本の鮎のルーツとも言える琵琶湖の天然鮎を柔らかくなるま
で煮て作った一湖房(いっこぼう)のあゆをご紹介させて頂きます。

本当に美味しいです。
早速本文をご覧下さい。


■■------------------------------------------------------------------
■■---目次-----------------------------------------------------------
■■
■■
■■ ●是非とも食べて頂きたい食材があります。
■■  一湖房のあゆ 予約生産による出来たてを発送します!
■■  ついでに「一湖房のちりめんじゃこ山椒」も予約限定販売。
■■    http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?Ikko=1
■■
■■
■■ ●新規入荷商品
■■  山吹極 亀の尾 純米吟醸 無濾過原酒
■■  小鼓 栗焼酎 深山美栗
■■    http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1
■■
■■
■■ ●重要なお知らせ
■■  ・霊峰湧水 最高のビンテージで完結。
■■  ・新企画 3〜4年周期で蔵を変更しシリーズを続行。
■■  ・どこの蔵で造るの?皆様のご意見を募集します。
■■    http://blog.livedoor.jp/jizake_com/archives/28586631.html
■■
■■
■■ ●今週のワイン
■■  ビオの先駆者が作るロゼ。
■■  マルセル・ラピエール シャトー・カンボン
■■    ボージョレー・ロゼ 04(ロゼ)
■■    http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem_A2=1
■■
■■
■■------------------------------------------------------------------
■■--是非とも食べて頂きたい食材があります。--------------------------


●一湖房のあゆ 予約生産による出来たてを発送します!

 鴨ロースでお馴染み。滋賀県の長浜の一湖房(いっこぼう)のルーツは鮎
 の佃煮です。

 呉服商を営んでいた先代が、京都のお得意さん訪問の際に、手土産に手製
 の鮎の佃煮を持っていき大変喜ばれておりました。

 やがて「あの鮎を分けてくれないか」という方々の声におこたえし、
 「一湖房」というお店ができました。

 一湖房のあゆの佃煮は本当に美味しいです。
 皆様にもこの味をご賞味いただきたいとずっと思っていたので、今回遂に
 ご紹介することにしました。
 只今一湖房で取れたての天然鮎を煮込んでいる最中です。
 

 全国各地の河川では鮎漁の解禁を迎えていると思いますが、実はその多く
 が琵琶湖産の鮎であるのをご存じでしょうか?
 そうです、多くの河川では、琵琶湖の漁協から購入した鮎が放流されてい
 ます。

 しかし、同じ鮎でも川で育った鮎と琵琶湖で育つ鮎は少し違います。
 琵琶湖は深さのある湖です。水圧の影響で川鮎のように大きくならない鮎
 は「小あゆ」と言われ、成魚になっても小魚のように小さいのが特徴です。

 只今琵琶湖で収穫されている鮎は、「なごり鮎」と言われる、小あゆより
 少し大きいサイズ。それでも通常の鮎の半分くらいの大きさです。
 
 その小振りの鮎を柔らかく煮込み佃煮にした一湖房のあゆは、頭の先から
 しっぽの先まで丸ごと食べる事が出来ます。



●一湖房のあゆ
 90グラム 998円(消費税込み)
 賞味期限:45日(冷蔵)

 一湖房のあゆは、琵琶湖産の天然の小あゆに山椒の香辛料を少し効かせて
 作った佃煮です。
 冷凍原料は使わず獲れたてを炊きます。伊吹山の山椒を少しきかせて、
 水あめは使わず柔らかく煮あげます。

 上品な甘さ。固柔らかい質感と山椒の風味。舌が肥えた京都のお得意さん
 に認められた上品な味わい。佃煮のイメージを捨てて是非お召し上がり下
 さい。リピートせずにいられない味わいです。

 養殖物ではありません。琵琶湖の漁師さんが取った天然物です。
 天然物ですので漁が不安定ですが、今回3連休明けから本格的に鮎が取れ
 たため100セットを確保させて頂きました。
 
 ご注文は下記URLでどうぞ
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?Ikko=1



●一湖房のちりめんじゃこと山椒 45g 546円

 鮎を機会に、こちらの商品もご紹介させて頂きます。

 この「ちりめんじゃこと山椒」は、以前サンプルで購入したときに、個
 人的に大変気に入った商品です。

 普通、ご飯を食べる時というのは、真っ白のまま食べるのが基本で
 「振り掛け」というのは、あくまでオプション的な存在であると思いま
 す。

 オプションであることは認めます。ご飯を食べる際に絶対に必要である、
 という性質の物ではありません。

 しかし一湖房の「ちりめんじゃこと山椒」は、一度炊きたてのご飯と一
 緒に食べてしまうと、かなり高い確率で「もう一度食べたい!」という
 衝動に駆られてしまう麻薬のような振り掛けです。

 私は、一湖房で何かをサンプル仕入れする際は、小アユと「ちりめんじ
 ゃこと山椒」は絶対についで買いしてしまう商品です。
 
 これほどに美味しい商品ですので、あわせて皆様にご紹介いたします。

 これを機会に是非ともご予約下さい。
 
 参考までに、佐野屋の場合、夫婦二人で一袋が2日でなくなります。
 3分の2以上が家内に食べられます・・。ちなみに、ごはん自体も普段
 の倍ぐらい食べてしまいます。


 ご予約は下記URLでどうぞ
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?Ikko=1


●ご予約について

 今回の一湖房の商品は、当店からの受注分のみ一湖房にオーダーします。
 出来たての新しい物を、一湖房から佐野屋に送って頂き、佐野屋からお
 客様に発送します。

 日本酒・ワインなどとの同送が可能です!

 是非、お酒・ワインなどのご注文と一緒にご予約下さい。

 ご予約期間:7月21日〜7月25日(月曜日)
 お届け日:7月29日〜
      沖縄・九州・東北の一部・北海道は30日着
      離島は地域によって異なります。
 完全ご予約制です。お届けはクール便(210円)となります。


 ご予約は下記URLでどうぞ
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?Ikko=1



■■------------------------------------------------------------------
■■--新規入荷商品----------------------------------------------------

●山吹極 亀の尾 純米吟醸 無濾過原酒    朝日川酒造(山形県)
 720ml 1575円(消費税込み)

 着々とラインナップを広げる山吹極(やまぶき)から、亀の尾が登場しま
 した。

 このお酒は地元の山形県の河北町産の亀の尾を使用し、ご家庭の晩酌で冷
 やして飲んで頂く食中酒をイメージして造った、柔らかく穏やかな味わい
 の純米吟醸酒です。

 仕込みの大きさは非常に小さく500キロ。小仕込みによる目の行き届い
 た仕込みを行い、醸造後しばらく生で貯蔵した後、このあたりがベストと
 いう所で火入れを行いました。

 いかにも原酒系の強い日本酒を思わせる香り。香り系のお酒ではありませ
 んが、素朴な感じでもありません。

 味わいは意外と綺麗に整っています。亀の尾の素朴な風味を前面に持って
 きたタイプではなく、吟醸酒らしく綺麗に整い、じわっと現れる旨味の中
 に亀の尾の素朴な風味が感じ取れます。また、結構辛いです。

 少し冷やして飲んで頂くのがベストです。その為、家庭用の冷蔵庫で冷や
 せるよう720mlのみをご用意しました。

 香りではなく、味わい+旨味で個性を表現しているこのお酒は、どちらか
 というと「上級者」受けする味わいではないでしょうか。

 ご注文は以下のアドレスから行えます。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1

 ---スペック---------------------------------------------------------
 原料米:亀の尾 精米歩合:50% ALC:17.4度 日本酒度:+5
 酸度:1.3 甘辛:辛口 保存・発送:静かな冷暗所・普通便可
 --------------------------------------------------------------------


●小鼓 栗焼酎 深山美栗          西山酒造(兵庫県)
 1800ml 2625円(消費税込み)

 こちらは「栗焼酎 古丹波」を少しグレードアップさせた焼酎です。
 原料の栗の使用比率を10%アップ。少し栗の風味を高めてみました。

 古丹波は専門店ブランド。こちらの深山美栗は百貨店など一般流通ブラン
 ドとしてスペックと名称・ラベルを変えて出荷されています。
 栗の使用比率を10%アップした以外は、ほぼ同じ物だとお考え下さい。

 丹波といえば「黒豆」と共に「栗」も有名です。
 その小鼓が丹精込めて造った、栗をベースにした焼酎が「深山美栗」です。

 一次仕込みで米を、二次仕込みで栗を仕込んで、それを発酵後蒸留し一年
 間じっくりタンクで寝かせてから、最後に焼酎では珍しい竹炭ろ過を施し
 ています。

 山の幸、川の幸をつまみに食べるのに最適。
 いつもながら垢抜けたラベルデザインは、手に取った時に何とも嬉しい
 特別感が得られるでしょう。

 ご注文は以下のアドレスから行えます。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1

 ---スペック---------------------------------------------------------
 焼酎乙類 原料:栗・米・米麹 ALC:25度 甘辛:辛口
 保存・発送:静かな冷暗所・普通便可
 --------------------------------------------------------------------


■■------------------------------------------------------------------
■■--重要なお知らせ--------------------------------------------------


●霊峰湧水 最高のビンテージで完結します。

 皆様からご愛顧を頂いております霊峰湧水ですが、お陰様で今年度のもの
 は例年より香りが華やかで、もっとも良いビンテージといえる出来になり
 ました。

 そろそろ来年度の酒造りに向けて、米の確保を行う時期ですが、思い切っ
 て霊峰湧水は今年で完結させる事を決意しました。

 霊峰湧水シリーズは3年目になり、皆様もご満足されたのではないでしょ
 うか?このままダラダラと同じシリーズを続けるより、完成の域に達した
 事で富士高砂酒造で造る霊峰湧水は今年で完結したいと思います。

 霊峰湧水というシリーズ名前は富士高砂の名前として封印し、来年、新た
 に別の蔵元の造りによる「晴嵐」「蒼風」「憂月」「深響」この4つのお
 酒を、新しい味で皆様にご提案したいと思います。


 
●新企画 3〜4年周期で蔵を変更しシリーズを続行。

 日本酒の楽しみは飲み比べをすることにあります。
 今後は3〜4年周期で蔵を変え、その都度シリーズ名を改め様々な味をご
 提案したいと思います。

 新たなシリーズ名は皆様から募集で決めたいと思いますが、先ずは蔵を決
 定しないとイメージが湧きません。
 そこで、どこの蔵で造ってもらうのか、皆様からリクエスト・ご意見を募
 集したいと思います。


●どこの蔵で造るの?皆様のご意見を募集します。

 現在、どこの蔵で造っていただくかは全く決まっていません。
 そこで皆様にも一緒になって考えていただきたいと思います。

 皆様のリクエスト・ご意見をお待ちしております。
 また同時に蔵元からの立候補もお待ちしております。


 リクエスト・ご意見の様子は、是非とも皆様にもご覧になって頂きたいと
 思い、当店のブログを使いたいと思います。

 皆様のリクエスト・蔵元の立候補募集
  http://blog.livedoor.jp/jizake_com/archives/28586631.html

 リクエスト・蔵元からの立候補は上記のアドレスからお願いします。



●今の霊峰湧水は今年度で最後になります。
 冒頭でも少しお伝えしましたが、今年の霊峰湧水は独特の柔らかい質感に
 加え吟醸香が少し華やかなめに仕上がっております。

 今年のビンテージは例年にも増し非常によい出来です。

 この味わいを出来るだけ多くの方に味わって頂きたいと思います。
 その為、霊峰湧水をお買上の皆様には、送料全国一律500円キャンペー
 ンを実施させていただきます。

 一湖房のアユとご一緒にいかがでしょうか?

 ご注文はこちらから
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?Soufu=1



■■------------------------------------------------------------------
■■--今週のワイン----------------------------------------------------

夏に飲むのがもっとも美味しいと思うのが、ロゼワインです。
甘口から辛口まで様々な個性があるロゼワインですが、本日ご紹介するのは
軽い赤ワインがわりになる、しっかりした味わいの辛口ロゼ。
見た目にもさわやかで美しい真夏のロゼを、是非ご賞味下さい!


【ビオの先駆者が作るロゼ 夏の青空の下で飲みたい!】

●マルセル・ラピエール シャトー・カンボン
 ボージョレー・ロゼ 04(ロゼ)
 Marcel Lapierre  Chateau Cambon  Beaujolais Rose
 
 飲み口:辛口
 産 地:フランス ブルゴーニュ地方
 格付け:AOCボージョレー・ロゼ
 品 種:ガメイ
   
 750ml 2080円(税込)
 
 ボージョレー・ヌーヴォーの人気商品の一角を占めるマルセル・ラピエール
 シャトー・カンボン。近年ブームになっているビオ・ワインの草分けの一人
 が、このマルセル・ラピエール氏なのです。
 
 ボージョレーの傑出した生産者であると同時に、昔ながらの完全有機農法と、
 亜硫酸塩(酸化防止剤)無添加のこだわりを持つ特異な生産者です。
 
 彼のこだわりはこれだけではありません。ワインは葡萄の皮につく天然酵母
 で発酵されています。当店では、これ以外にも天然酵母使用のワインもいく
 つかありますが、それらに共通するのは、造りが難しいということです。培
 養酵母は発酵プロセスが予測できますが、畑に何種類も存在する天然酵母の
 場合は、年によってどの酵母が優位性を持つか違うので、毎年が新たな挑戦
 なのです。普通のワイン作り以上に手をかけ、目をかけて出来上がるのが天
 然酵母使用のワインなのです。
 
 このロゼは、通常の赤ワインを作るのと同じ過程で、発酵期間を短くし、ロ
 ゼとしての色合いが付いた頃にワインを発酵タンクから抜き取る手法で作ら
 れます。
 
 色合いをそのまま見せる透明瓶とシンプルなラベル。お手元に届いた時には
 まずその外観で最初の満足を得て頂けると思います。
 赤みの強い朱色。チェリーパイやさくらんぼのどんぐりアメを連想する、ど
 こかノスタルジックな香り。ふんわりフルーティーな第一印象から、適度な
 酸と甘味のコク、ごく軽いタンニンを感じ、かなり軽めの赤程度のボディが
 あるしっかりした味わい。
 
 「赤では重い」「冷たいワインが飲みたいが、白では不足」という時にも難
 なく応えられる重宝ワインです。夏野菜のラタトゥイユ、鳥肉や豚肉の香草
 焼きなどに合わせて、さわやかにお楽しみ下さい。
 
 輸入元からのメッセージ→マルセル・ラピエールは完全有機製法をとって
 おり、弊社が輸入しているキュヴェは酸化防止剤(SO2)も添加せずに瓶詰
 めされます。但しSO2はワインの醸造過程で自然にごく少量発生します。日
 本の法律では1リットルあたり350mgまでは、人体に害がないとされ、輸入
 が可能です。フランス政府より認可を受けた機関で食品検査を行った結果、
 本ワインにも、醸造過程で自然に発生するSO2が微量(10mg)に含まれてい
 る為、報告する義務があり、内容物の表示も酸化防止剤含有を表示しなけれ
 ばならないために、輸入者ラベルに明記されています。(通常のワインには
 約100mgのSO2が含まれます)
  
 ご注文は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem_A2=1

 または、下記のフリーダイアルでも受付けております。
 0120-464-135 月〜金(11:00〜18:00)土曜(13:00〜17:45)
        日曜祝日は定休日です。

 ご注文に関する詳細な説明は下記のアドレスをご覧下さい。
  http://jizake.com/html/info/


------------------------------------------------------------------■■
------------------------------------------------------------------■■

■ 佐野屋ニュース購読中止 アドレス変更は
  メルマ配信  http://www.melma.com/taikai/(マガジンID m00016761)
  
■ 発行:サノヤ酒店  代表 佐野 昭吾
           http://happywine.com/ ワイン
            http://jizake.com/    地酒
■ 編集:佐野 吾郎
電話番号 0120-464-135(代表) ファックス番号 072-890-2233

      未成年者への酒類の販売はいたしておりません。
======================================================================


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。