お酒・ワイン

Sanoya News 

日本オンラインショッピング大賞ベストEC賞を受賞。
ネット月商1千万の実績を持つ地酒専門店、佐野屋発行のメールマガジン。
日本酒、吟醸酒、限定醸造酒、酒蔵情報等に関する情報をお届け。


全て表示する >

Sanoya News 父の日にお薦め! 播州ハムと日本酒のセット予約開始

2005/06/09

______________________________________________________________________
S A N O Y A    N E W S  メルマ配信版                        2005/06/09
======================================================================

       年末恒例 播州ハム&一湖房の鴨ロースセット
           受注生産でお届けします。

             http://jizake.com/html/Gift2/index.html
                              佐野屋酒店
======================================================================
もし2通メルマガが配信されてくる場合、こちらを解除下さい。
http://www.melma.com/taikai/(マガジンID m00016761)
======================================================================


昨晩のサッカーの「日本VS北朝鮮」戦。いやー良かったですね。

今朝、選手達がさっそくタイから帰国してきたそうですが、時間的に早朝の
飛行機でタイを出発した事になります。

試合が終わって、シャワー浴びて、ご飯を食べて、寝て、起きたら即帰国。

私が選手であれば「試合終了の翌日、少しくらい観光させて欲しいなー。
象に乗りたかったよー。」など言っていたと思いますが、ゆっくりする時間
さえ与えられていない厳しいスケジュールですよね。

さて、今週もご紹介する日本酒が沢山あります。
また父の日恒例の、播州ハムの和風ローストビーフと一湖房の鴨ロースセッ
トの準備が出来ました。

詳しくは本文をご覧下さい。

■■------------------------------------------------------------------
■■---目次-----------------------------------------------------------
■■
■■
■■ ●南部美人 品揃え強化します。
■■  南部美人 本醸造              南部美人(岩手県)
■■  南部美人 限定 大吟醸           南部美人(岩手県)
■■  南部美人 純米大吟醸            南部美人(岩手県)
■■    http://jizake.com/html/nanbubijin/indexAd.html
■■
■■
■■ ●「父の日ギフト」 お薦め品 その1
■■  ・播州ハムの和風ローストビーフと日本酒のセット
■■    http://jizake.com/html/Gift2/index2.html
■■
■■
■■ ●「父の日ギフト」 お薦め品 その2
■■  ・一湖房の鴨ロースと日本酒のセット
■■    http://jizake.com/html/Gift2/index3.html
■■
■■
■■ ●さくらんぼと山法師のセットについて
■■
■■
■■ ●新規入荷商品
■■  賀茂金秀 純米生詰め            金光酒造(広島県)
■■  根知男山 純米酒 根知谷産五百万石     渡辺酒造(新潟県)
■■  根知男山 限定純米吟醸 50%       渡辺酒造(新潟県)
■■    http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1
■■
■■
■■ ●今週のワイン
■■  ディ・マーヨ・ノランテ渾身の最高峰!
■■  ディ・マーヨ・ノランテ ドン・ルイジ 01(赤)
■■    http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewWine=1
■■
■■
■■------------------------------------------------------------------
■■--- 南部美人 品揃え強化します。 -------------------------------

大手ポータルサイト、ヤフーの検索回数において、佐野屋銘柄の中で2位を
誇る南部美人。
「google」においては4位という、高い注目を浴びている蔵元といえます。

そこで、当店では南部美人も品揃え強化銘柄に指定し、本醸造から純米大吟
醸酒まで、レギュラーアイテム全商品をインターネットで買える店を目指し
ます。

その為、空白でありました部分のお酒を取り揃えました。


●南部美人 本醸造                 南部美人(岩手県)
 720ml 1838円消費税込み)

 このお酒は、南部美人の普及酒として地元を中心に活躍している本醸造で
 す。
 南部美人では地元用に普通酒も造っていますが、このお酒は昔の表現でい
 うところの「特級」のお酒にあたり、飲みやすい綺麗な辛さと程良く余韻
 のある味わいに定評があります。
 
 原料米に地元の酒造好適米「トヨニシキ」を使用。精米歩合は60%。
 アルコール度数も15.8度。
 地元用というには少しスペックが良い点から、県外を意識して造られた本
 醸造である事が伺えます。(しかし地元では定番酒であるとの事です。)

 定番酒と言われるとおり、味わいは軽快ながら小味のある辛口酒。
 第一印象は綺麗・軽快。
 飲み疲れしない辛口酒ですが、味は単調ではありません。

 夏場なら冷たくして、冬場でしたらお燗をつけて。
 あまり難しく考えず、常温保存でOKです。
 シチュエーションにあわせて、自由な飲み方でお楽しみ下さい。
 

 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/html/nanbubijin/indexAd.html



●南部美人 限定 大吟醸              南部美人(岩手県)
 720ml 3150円(消費税込み)

 5月20日、平成16酒造年度の全国新酒鑑評会の結果が発表され、
 南部美人は惜しくも金賞を逃しましたが、その出品酒と同じ仕込みの大吟
 醸酒が入荷しました。

 このお酒は、独立行政法人 酒類総合研究所が主催する鑑評会への出品酒
 と同じ仕込みで造られた大吟醸酒です。
 お手頃な価格の範囲で、鑑評会出品酒に出来るだけ近いクオリティーを追
 求するため、昔ながらの木の槽で圧力をかけずに搾り、原酒を生々の無濾
 過で瓶詰めしました。
 
 南部美人で用いられている槽は、昔ながらの木の槽で、強い圧力が掛から
 ないため、無加圧に近いお酒が採取されます。粕歩合は50%、純粋に中
 汲みの部分のみを木槽から採取しました。
 鑑評会出品酒は「雫取り」ですが、雫酒に限りなく近いと思います。
 原料米は35%精米の山田錦を使用。

 スペック的に鑑評会出品酒の生原酒としては、極限を通り越した大変お手
 頃な価格だと思います。
 南部美人ファンのお客様がご自宅用として楽しむほか、日本酒好きなお客
 様が来られたときにちょっとしたうんちくも語れる楽しいお酒です。


 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/html/nanbubijin/indexAd.html



●南部美人 純米大吟醸               南部美人(岩手県)
 720ml 5093円(消費税込み)

 少し芸のない名前ではありますが、このお酒は南部美人の中で最高位に位
 置するお酒です。
 仙台国税局の鑑評会にて、純米大吟醸の部門で出品する為に仕込んだ純米
 大吟醸の一部を低温で保存。半年〜1年間熟成された後に出荷されます。

 出荷数は年間1升ビン換算で約800本。「蔵が造る最も良いお酒は地元
 の方に飲んで頂きたい。」そういう蔵元の方針から、その大半が岩手県内
 に出荷されます。
 その為、岩手県外では数えるだけの酒販店に出荷されていません。
 関西での出荷は当店のみ。売っていそうで売っていない幻の南部美人なの
 です。
 (ネットで検索してみてください。販売店が見つかりそうで見つからない
 と思います。)

 蔵元の説明では、仕込み水の質感が感じられる自然な味わい。
 アル添大吟醸とは異なり、手作りを感じさせる、奥ゆかしい純米大吟醸酒
 の味わいをお楽しみ下さいとの事です。

 南部美人ファンの方でも、まだ口にした事が無い人も多いと思うお酒です
 が、何か特別なときの1本としていかがでしょうか?
 また、立派な木箱に入った商品ですので、ギフトで頂くときっと喜んで頂
 けると思います。

 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/html/nanbubijin/indexAd.html


■■------------------------------------------------------------------
■■---「父の日ギフト」 お薦め品 その1-----------------------------

 6月19日は父の日です。
 何にしようか迷っている間に父の日はやってきてしまいますよ。

 当店ご利用のお客様にはもうお馴染み、まだお試しになったことのないお
 客様には尚のことお試し頂きたい品があります。

 その1つめは・・
          【播州ハムの和風ローストビーフ】

●播州ハムの和風ローストビーフのセット 限定50セット
  http://jizake.com/html/Gift2/index2.html

 播州ハムとは、姫路で手造りハムを作っている、食通の間でも知られたお
 店です。
 人気テレビ番組「どっちの料理ショー」にて、「キッシュ」対「ホットサ
 ンド」対決でホットサンドの食材に選ばれ、勝利したという実績もありま
 す。

 当店はこの播州ハムとはインターネットビジネスが黎明期だった1997
 年、播州ハムの堀田社長に知り合いました。
 佐野屋酒店がインターネットでここまでたどり着けたのは、播州ハムの
 堀田社長のお力が大きく影響しています。


●播州ハムの和風ローストビーフがお薦め。

 播州ハムのはドイツ製法の骨付き生ハムなどが人気ですが、当店では日本
 酒やワインに相性がピッタリの和風ローストビーフがお薦めです。

 和牛肉のやわらかい赤身部分を伊豆大島産の自然海塩と沖縄産のさとうき
 び砂糖、その他秘伝のスパイスで味付けし、専用のロースターでゆっくり
 焼き上げています。

 肉質が非常に柔らかく、基本となる味付けも、たれをかけずに食べても美
 味しく、添付のたれをかければもちろんますます美味しいローストビーフ
 なのです。

 「和風」というだけあって、たれは醤油ベースの甘い味。
 ジューシーなこのたれを、やわらか〜いお肉にかければ、ごはんのおかず
 としてもとまらない美味しさです。

 この和風ローストビーフを、当店お薦めの日本酒とセットにして下記のア
 ドレスにて販売させて頂きます。

  ------------------------------------------------------------------

 ・和風ローストビーフ&黒牛 純米酒セット 3516円(税込み)
 ・和風ローストビーフ&霊峰湧水セット   3975円(税込み)
 ・和風ローストビーフ&白露垂珠セット   4236円(税込み)
 ・和風ローストビーフ&梵 艶セット    4480円(税込み)
  などなど・・。

 詳細は下記のアドレスをご覧下さい。
  http://jizake.com/html/Gift2/index2.html


●ご注文方法について。

 お届け日   :6月18日〜20日
 このセットは完全予約品で、受注分のみを作って頂きます。
 お届け日は6月18〜20日の範囲となります。
 大阪からお届け日が2日かかる地域は19日〜20日となります。

 予約締め切り日:6月12日(日) 
 ただし、これ以前でも販売予定数に達した場合はその時点で締め切りま
 す。

 ほかの商品と一緒にお届けするには?
 今回の買い物カゴには、播州ハムとその他の商品は同じ買い物カゴに入
 りません。
 お手数をおかけしますが、播州ハムは播州ハムのみでご注文し、その他
 の日本酒・ワインは別途ご注文頂くことになります。

 別途ご注文頂きます際にご注文フォームのご意見欄などに
          「播州ハムと同送を希望」
 とご記入下さい。播州ハムと同送させて頂きます。
 
 ご記入がない場合、別送となり、送料も発送回数分かかりますのでご注意
 下さい。

 ご予約は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/html/Gift2/index2.html


■■------------------------------------------------------------------
■■---「父の日ギフト」 お薦め品 その2-----------------------------

●一湖房の鴨ロースと日本酒のセット  限定50セット
  http://jizake.com/html/Gift2/index3.html

 一湖房(いっこぼう)とは、滋賀県の琵琶湖の湖面に位置する、先代は呉
 服屋を営む近江商人でした。
 京都のお得意さん訪問の際に、手土産に炊いた「あゆ」を持っていき大変
 喜ばれておりました。
 やがて「あの鮎を分けてくれないか」という方々の声におこたえし、
 「一湖房」というお店を作ることにしました。

 長浜では、鮎など魚を獲るために仕掛けた網に鴨がかかることもしばしば
 で、この辺りでは川魚屋が鴨も扱うようになり、いつしか長浜は
 「鴨の本場」と呼ばれるまでになりました。

 こうして鴨は一湖房の名物商品になり、関西のこだわりの地酒専門店など
 に、お酒のおつまみとして限定流通されています。


・一湖房の鴨ロースの味わいはいかに!

 皆様、鴨のロース肉をお召し上がりになられた事はあるでしょうか?

 牛肉や豚肉のようにそう食べ慣れた肉でもないので、未経験の方や、食べ
 ず嫌いの方もいるかと思います。

 鴨ロース肉の第一の特徴は「絹のような柔らかさ」です。一湖房の鴨ロー
 スは独自の出汁に漬っていて、他の肉では表現できない柔らかさに、出汁
 の味が絶妙に鴨にからみ何とも言えない味を出しています。

 鴨肉の旨味成分は、皮と肉の間にたくさん含まれています。
 逆に臭みは皮に含まれています。
 

   一湖房では鴨の持つ旨味をより引き出すために、

        皮面だけをこんがりきつね色になるまで焼き、
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   表面についた余分な脂をとるために
        湯に通して脂抜きをします。
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        
それから「ゆず」をいれて熟成させた「極上のだし醤油」で作り上げます。
ここから先は企業秘密ですが、なにせ手間ひま惜しまず作っています。

賞味期限は、冷蔵で7日間です。
   
 原料
 ・「国産鴨むね肉」
  100%国産鴨肉を使用。生臭みはなく、鴨本来の風味と旨味のある鴨
  肉。

 賞味期限:冷凍30日、冷蔵7日


この鴨ロースを、単品・または当店お薦め日本酒とセットにして販売させて
頂きます。

  ------------------------------------------------------------------

・鴨ロース400グラム 単品  3675円(税込み) 単品販売も可能です。
・鴨ロース黒牛 純米酒セット 4791円(税込み)
・鴨ロース&霊峰湧水セット  5250円(税込み)
・鴨ロース&白露垂珠セット  5510円(税込み)
・鴨ロース&梵セット     5670円(税込み)
 などなど
 
 ご予約は以下のアドレスから行えます。
  http://jizake.com/html/Gift2/index3.html

  ------------------------------------------------------------------

●ご注文方法について。

・お届け日   :6月17日〜20日
 このセットは完全予約品で、受注分のみを作って頂きます。
 賞味期限の問題もありますので出来たてを出荷したいと思いますので
 お届け日は6月17〜20日の範囲となります。
 大阪からお届け日が2日かかる地域は18日〜20日となります。

・予約締めきり日:6月14日(火) 
 ただし、これ以前でも販売予定数に達した場合はその時点で締め切りま
 す。

・ほかの商品と一緒にお届けするには?
 お手数をおかけしますが、鴨ロースセットのみでご注文し、その他の
 日本酒・ワインは別途ご注文頂くことになります。

 別途ご注文頂きます際にご注文フォームのご意見欄などに
          「鴨ロースセットと同送を希望」
 とご記入下さい。鴨ロースセットと同送させて頂きます。
 
 ご記入がない場合、別送となり、送料も発送回数分かかりますのでご注意
 下さい。

 ご予約は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/html/Gift2/index3.html


■■------------------------------------------------------------------
■■---さくらんぼと山法師のセットについて-----------------------------

●ごめんなさい。父の日お届けは出来なくなりました。

 毎年「父の日」恒例となりました「さくらんぼと山法師」のセットについ
 てご連絡致します。

 本年は、昨年以上に大雪に見舞われたため開花が遅れ、また季節はずれの
 「ひょう」の被害も重なり「父の日」に向けての出荷が難しくなりました。

 無理に父の日への出荷を行うと、クオリティーが低下し、昨年同様の品質
 を期待されご注文頂くお客様を裏切る事になりかねます。

 その為、苦渋の決断ではありますが、本年は父の日出荷を中止させてい
 ただきます。

 何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

 尚、本年度のさくらんぼセットの出荷予定は下記のようになります。

 1回目 6月29日(水)発送
 2回目 7月 6日(水)発送

 こちらのご予約は準備が出来次第メールマガジンでご紹介させて頂きます。

 取り急ぎ以上お伝え致します。


■■------------------------------------------------------------------
■■--- 新規入荷商品 -----------------------------------------------

●賀茂金秀 純米生詰め               金光酒造(広島県)
 1800ml 2415円

 味のあるお酒が多い賀茂金秀。
 しかも無濾過生原酒であるため、これからの季節は少し重たいと感じる人
 も多いかもしれません。

 それはそれで賀茂金秀の持つ特徴の1つと言えるのですが、このお酒は暑
 くなる季節に軽快に飲めるお酒として、今回蔵元が提案したものです。

 原料米には広島産の八反錦(サッパリ系)を使用。この米は他県で例える
 なら「五百万石」に近い特徴を持った、サッパリした辛口酒を造りやすい
 米です。
 八反錦(サッパリ系統)を使って、小味を出しながら夏に軽く飲める酒質
 に仕上げました、との事です。

 しかし、実際の味はどうでしょうか?
 香りは、賀茂金秀らしい甘くまったりした感じ。男性的な強さを感じさせ
 るしっかりした日本酒というのが第一印象。
 口当たりは確かに、スィっと入っていく引き締まった辛口酒。飲みやすさ
 を感じるものの、無濾過系の純米酒らしい複雑な余韻が長く残ります。
 
 基本的には引き締まった辛さを持つ無濾過系の純米酒。
 例えばサバの塩焼きのような焼き魚が食べたくなる味わいです。

 本年度は600本のみの蔵出し。
 白地に紫で「賀茂金秀」と書かれたラベルは「夏の江戸」をイメージさせ
 る粋で爽やかな外観です。

 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1


●根知男山 純米酒 根知谷産五百万石        渡辺酒造(新潟県)
 720ml 1500円  1800ml 3000円(消費税込み)

 ラベルの外観のデザインから察する通り、このお酒は今までの根知男山と
 は異なり、新しい根知男山シリーズの第一歩となる純米酒です。

 今まで日本酒は「造り」と呼ばれる製造部分に重点が置かれてきました。
 しかし技術というのは行き着く先の答えは1つです。

 米は兵庫産の山田錦が最も優れている。酵母は協会●号にしよう。米はよ
 く磨いた方がよい。仕込みは小さい方がよい。
 これらが特別な事では無くなった今、その気になれば何処の蔵でも卒なく
 それなりのお酒を造ることが可能になりました。しかし真似して造られた
 だけの酒は、皆が似たり寄ったりでオリジナリティーが感じられません。

 同時に10年先の日本の農業を考えると、良い酒造好適米の入手が困難な
 状況になっていきます。そのような背景から根知男山の渡辺社長は、原料
 米のありかたから考え直します。
 農協などから仕入る「代用品がきく米」ではなく、ワインでいうところの
 ドメーヌのような、自分達が管理する田んぼで収穫した米で造った酒だけ
 が「根知男山」と名乗れるような地酒を考えます。

 酒米の契約栽培を始めて10年、自社栽培を始めて3年を経過し、根知谷
 産の原料米にて、納得のいく美酒が造れるようになりました。そこで新し
 い根知男山の第一歩となる純米酒が誕生しました。

 味の第一印象は、米の旨味・甘味が爽やかな綺麗系の純米酒です。
 味に程よい厚みがあり、バランスが取れている優等生的な存在。
 米の特徴を活かすのも大切ですが、その前に解りやすく美味しく飲めない
 と意味がありません。

 蔵元の話では「このお酒が10年後にはウチの普及酒になっている事でし
 ょう。」との事です。
 新たな一歩となる、根知男山の純米酒。取りあえず難しいことを考えず、
 純粋に美味さをお楽しみいただけたらと思います。

 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1



●根知男山 限定純米吟醸 50%          渡辺酒造(新潟県)
 720ml 1838円  1800ml 3765円(消費税込み)

 このお酒はレギュラーの「55% 純米吟醸」とは根本的に異なる、更な
 る上位グレードに位置する純米吟醸酒です。

 この蔵の純米吟醸の最高位である「純米吟醸 仕込12号」の原酒と、隠
 し味用に秘蔵されている、味にボリュームがある「一本〆の純吟」の原酒
 をブレンド。
 わずかに加水してびん燗火入の後に出荷される特別品です。

 鑑評会へ出品する大吟醸と平行して、出品酒と同じ仕込みで造られていま
 す。その為、レギュラーの純米吟醸酒と香りの質感が全然違います。出品
 酒ならではの華のある美しい吟醸香。フレーバー豊か。
 それに一本〆をブレンドすることで、旨みが絶妙に加わり、単独のお酒で
 は表せない味を産み出しています。

 1回のビン詰め単位がわずか100本。受注ごとにビン詰めするに等しく、
 受注生産に近い事から「限定品」と銘打っています。
 
 出荷されている店が少ないため、根知男山の中でも目にする機会が少ない
 マニアックお酒です。
 ネットでの販売店も少ないと思いますので、商品が入荷する限り販売を続
 けたいと思います。

 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1


■■------------------------------------------------------------------
■■--今週のワイン----------------------------------------------------

【ディ・マーヨ・ノランテ渾身の最高峰!】
●ディ・マーヨ・ノランテ ドン・ルイジ 01(赤)
 Di Mayo Norante  Don Luij
 
 飲み口:フルボディ
 産 地:イタリア モリーゼ州
 格付け:DOC
 品 種:モンテプルチャーノ90% ティンティリア10%
   
 750ml 輸入元参考価格5250円 を 初回ご紹介価格 4000円(税込)  

 「ドン・ルイジ」とは、このワイナリー「ディ・マーヨ・ノランテ」の創業
 者の名前です。
 ワインの世界では、その蔵の最高峰に位置するワインには創業者の名前を付
 ける風習があります。
 今回ご紹介するワインは、ディ・マーヨ・ノランテの最高峰にあたります。
 

 ディ・マーヨ・ノランテは、当店ではHP開設当初から定番にしている南イ
 タリア・モリーゼ州を代表する優良生産者。1800年代から葡萄栽培に携
 わり、現在では約85ヘクタールの自社畑から、全製品を作りだしています。
 
 今回、直接現当主のアレッシオさんのセミナーに出席して感じたことは、生
 産者としてとてもバランス感覚にあふれた人だという事。有名評論家やワイ
 ン雑誌での高評価を喜びつつもそれに振り回されず、またオーガニック栽培
 や、土着品種の保護育成を当然のように自然体で取り組んでいる様子がうか
 がわれました。「リリースされて開けてすぐに美味しいワイン、毎日楽しめ
 る現実的な価格で楽しめるワインを目指している」というとおり、どのワイ
 ンも非常にコストパフォーマンスに優れています。有名生産者らしからぬ?
 庶民感覚をも大切にされている感じがしました。ワインと関係ないですが、
 ノータイにポケットチーフの「ちょいシャレ イタリアおやじ」でした。
 
 その、ディ・マーヨ・ノランテの最高峰がこのドン・ルイジ。最高峰でもこ
 の価格ですから、ちょっと奮発して試しみて下さいね。とにかく、実際に味
 わって頂ければ、このワインがいかにお買い得か納得頂けるはずです。
 
 58年樹齢の葡萄を収量を抑えて作られています。ティンティリアは300
 〜400年前の古代品種で、たまたま森の中で再発見されたもので、ディ・
 マーヨ・ノランテでは、今後もこのような絶滅しそうな品種を少しずつ増や
 して残していきたいと考えているそうです。
 
 1ヶ月もの長期マセラシオン(かもし)を経て、80%をフレンチオークの
 新樽、20%を1年樽で13ヶ月熟成。
 
 透けない赤黒い濃い色。香りはワインというよりまるで焼き菓子のようです。
 プリン、カスタード、クッキー、キャラメル、ミルクチョコ・・。うっとり
 してしまう甘い甘い香り。
 味わいのイメージは大きなゴムまり。樽の影響を大きく受けたものながら、
 ワインそのもののポテンシャルの相当の高さを感じます。爆発的な果実の濃
 厚さ、素晴らしい樽の力、尖ることなく見事に溶け込んだタンニン・・。
 
 「パーカーポイント91点。2016年までに飲むのがお薦め」ですが、ア
 レッシオ氏いわく「今楽しめます」。酸が少々低めなので、私も今すぐ飲ん
 で全く問題ないと思いました。かえって熟成させるより、パワーみなぎるこ
 の時期を楽しんで頂きたい気がします。

 ご注文は以下のアドレスから。
 http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewWine=1

------------------------------------------------------------------■■
------------------------------------------------------------------■■

■ 佐野屋ニュース購読中止 アドレス変更は
  メルマ配信  http://www.melma.com/taikai/(マガジンID m00016761)
  
■ 発行:サノヤ酒店  代表 佐野 昭吾
           http://happywine.com/ ワイン
            http://jizake.com/    地酒
■ 編集:佐野 吾郎
電話番号 0120-464-135(代表) ファックス番号 072-890-2233

      未成年者への酒類の販売はいたしておりません。
======================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。