お酒・ワイン

Sanoya News 

日本オンラインショッピング大賞ベストEC賞を受賞。
ネット月商1千万の実績を持つ地酒専門店、佐野屋発行のメールマガジン。
日本酒、吟醸酒、限定醸造酒、酒蔵情報等に関する情報をお届け。


全て表示する >

Sanoya News 悦乃智 中取りなど限定品が色々と入荷。

2005/06/02

______________________________________________________________________
S A N O Y A    N E W S  メルマ配信版                       2005/06/02
======================================================================

  鑑評会出品酒がブレンド。悦乃智 中取りなど限定品色々と入荷。

            http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1

                              佐野屋酒店
======================================================================
もし2通メルマガが配信されてくる場合、こちらを解除下さい。
http://www.melma.com/taikai/(マガジンID m00016761)
======================================================================

いつもメールマガジンをお読みいただき有り難うございます。

いよいよ次の土曜日(6月4日)、無垢根亭で酒味の会の開催となります。

その際に、土曜日のお昼過ぎから、獺祭の桜井社長と佐野屋酒店のスタッフ
との間でミーティングを行います。

その為、土曜日の出荷作業ですが、通常通り行うことが困難となりますので、
申し訳御座いませんが、金曜日の午後1時以降のご注文は月曜日の発送とな
ってしまうかもしれません。ご理解下さいますようよろしくお願いします。

さて、今週も色々と限定品などが入荷しました。
早速本文をご覧下さい。


■■------------------------------------------------------------------
■■---目次-----------------------------------------------------------
■■
■■
■■ ●新規入荷商品
■■  天の戸 純米酒               浅舞酒造(秋田県)
■■  天の戸 大吟醸 吟の精           浅舞酒造(秋田県)
■■  作 悦乃智 中取り             清水醸造(三重県)
■■  作 雅乃智 純米吟醸 中取り        清水醸造(三重県)
■■    http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1
■■
■■
■■ ●小瓶300ml アイテム増加しました。
■■    http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?Sake300=1
■■
■■
■■ ●今週のワイン
■■  ロワールの赤ワインの代表格 これからの季節に大プッシュ!
■■    http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem_B3=1
■■
■■
■■------------------------------------------------------------------
■■--- 新規入荷商品 -----------------------------------------------


●天の戸 純米酒             浅舞酒造(秋田県)
 300ml 452円  1800ml 2415円(消費税込み)

 まだまだ普段に飲む日常酒というと普通酒や本醸造というお酒が大半かと
 思います。このお酒は日常酒のように、難しいことを考えず気軽に楽しん
 で頂きたい酒として蔵が提案する純米酒です。

 もちろん基本コンセプトは「美稲(うましね)」と同様。ただ美稲を少し
 ライトにして飲みやすくした感じでしょうか。

 純米酒としては優しさを感じさせる口当たり。吟醸酒とまでは言いません
 が、それに近い爽やかな芳香を持ち、最初の口当たりは好印象。

 優しく飲み疲れしない酒質のお酒ですが、けっしてあっさり味ではありま
 せん。米の旨味が程良く酒に溶け込み、純米酒として素直に美味しいと感
 じさせるお酒に仕上がっています。

 このお酒は、2千円台の中盤までで良いお酒を探している飲食店さんに強
 くお薦めします。程良く旨味があって杯が進むお酒ですので、お店でこの
 お酒を飲むと、お代わりをせずにいられない酒質です。

 蔵元の説明では「燗酒で良し常温で良し、もちろん冷やでも良し、味幅の
 ある純米酒。」との事です。

 2千円台の中盤までの純米酒ではお薦めの1本です。

┌─────────────────────────────────┐
│        ■佐野屋 スタッフ試飲コメント■         │
│伊藤:米の香りがするお酒。素直に美味しいと言える真っ直ぐな純米酒 │
│   だと思います。                       │
│雅子:良い香り。お菓子みたい。ふんわりまったり。純米酒と思えない │
│   華やぎがある。少し冷ためで飲むのがお薦め。         │
│                       試飲日:2005年06月 │
└─────────────────────────────────┘ 

 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1



●天の戸 大吟醸 吟の精              浅舞酒造(秋田県)
 720ml 3066円(消費税込み)

 地元、秋田の米にこだわる浅舞酒造は、鑑評会への出品用のお酒も兵庫産
 の山田錦を用いず秋田県の酒米を用います。兵庫産の山田錦を用いても簡
 単には金賞を取れないのに、美山錦や吟の精といった地元の酒米で過去に
 5回連続金賞を受賞した異色の蔵元です。それらがきっかけで全国から引
 き合いが来る蔵になりました。

 蔵元曰く、このお酒は
 「吟の精で大吟醸を造らせると、ウチが秋田で一番よい酒が造れるでしょ
 う」。
 そう言いきる蔵元の自信作が「大吟醸 吟の精」です。

 その理由は、蔵の仕込み水の琵琶寒水と秋田花酵母との相性の良さ。
 過去の鑑評会でも、吟の精での金賞受賞回数が最も多いのです。
 
 このお酒は出品酒の候補として仕込むお酒ですが、天の戸ならではの「味」
 も意識し造られた大吟醸です。そのため華やかな吟醸香・洗練された質感
 と同時に、米の味を感じて頂ける大吟醸酒に仕上がっていると思います。
 
 冷やし過ぎるよりか、常温に戻りかけの温度で、美味しさが発揮されるお
 酒です。程良く香りが広がり、上品な質感とともに、口の中で様々な味が
 現れます。

 酒造技術や原料の質のみでの酒造りは、工場で工業製品を作るのと同様、
 蔵の持つ自然環境も酒造りに取り込まれていて、はじめて地酒といえるの
 ではないでしょうか。天の戸の酒造りの話を聞かされると、そう思わされ
 ます。

 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1



●作 悦乃智 中取り               清水醸造(三重県)
 720ml 1680円 1800ml 3360円 (消費税込み)

 今年、清水醸造は全国新酒鑑評会では惜しくも金賞は逃しましたが、代わ
 りに銀賞を受賞しました。

 このお酒は鑑評会出品用に仕込んだ2種類の大吟醸を中核とする、複数の
 吟醸酒のブレンドによって造られ 、「悦乃智 中取り」として出荷され
 る特別酒です。

 吟醸酒である通常の悦乃智とは全く異なる原酒から造られます。
 ラベルには精米歩合50%と記載されていますが、中核となるお酒には、
 麹米に40%精米の山田錦。掛米に35%精米の山田錦を使用した、この
 蔵で一番良いクラスの原料米で造られた大吟醸酒がメインで用いられてい
 ます。

 異なるブイが用いられているため「出品酒とは名乗れませんが」かなりク
 オリティーの高いお酒であるとご理解下さい。

 それは味に現れています。
 いつもながら、鮮やかさを感じさせる特徴のある吟醸香は健在。
 膨らんではスッと消える含み香と原酒を思わせるノリのある味わい。
 後味の小気味よい辛さのハーモニーが良く、思わず杯が進んでしまうお酒
 です。

 雅乃智と比べこちらの方が香りは鮮やか。後味のキレが良く綺麗です。
 しかし、単なる香りの吟醸酒ではなく、少しだけ男酒っぽい杯が進む辛口
 酒の要素も持ちます。

 特徴がありながら飲みやすい。飲んだときに、初心者でも美味しさが解り
 やすいお酒。
 その為、新しい日本酒ファンを開拓するのに向いている酒質だと言えます。

┌─────────────────────────────────┐
│        ■佐野屋 スタッフ試飲コメント■         │
│伊藤:柑橘系を思わせる爽やかな甘さを伴った香り。口の中ではほのかな│
│   丸みを感じるが喉越しは心地よく入ってきます。        │
│雅子:砂糖菓子のような甘い香り。味に厚みがあり濃い。味が乗ってい │
│   る。しかりとした骨格のある感じ。              │
│                       試飲日:2005年06月 │
└─────────────────────────────────┘ 

 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1


●作 雅乃智 純米吟醸 中取り  清水醸造(静岡県)
 720ml 1840円  1800ml 3680円(税抜き)

 出品酒仕様の悦乃智の中取りに対し、こちらは味を意識して造った純米吟
 醸酒です。
 しっかりと味わいのある酒を目標としているため、精米はあえて50%迄
 に留めました。

 香り重視して仕込んだ純米吟醸と、味を重視した仕込んだ2種類の純米吟
 醸酒をブレンド。香りと味のバランスを整え、味にボリュームがある中取
 りを目指しました。

 グラスから漂う吟醸香は悦乃智と同様に鮮やか。
 味わいも同様に、香りが口に広がる香り系の純米吟醸酒ですが、中盤から
 綺麗な酸味と共に純米酒ならではのコクのある味わいが現れます。
 
 一瞬キラッと光るような香りが印象に残るため「香り系」と錯覚しそうで
 すが、コクと旨味が程良く存在し、純米ならでのは乗りのある味わいが持
 ち味のお酒です。

 最近では、味わいを重視した純米吟醸酒が好評な事から「人気の雅乃智
 実力の悦乃智」と人気を二分しています。

 作(ザク)は火入れ酒が基本ですので、常温保存が可能。(飲むときは少
 し冷ためがお薦めです。)今回から、お試ししやすい720mlをご用意しま
 した。
 悦乃智 雅乃智、両方を飲み比べてみてはいかがでしょうか?

┌─────────────────────────────────┐
│        ■佐野屋 スタッフ試飲コメント■         │
│伊藤:甘い香りに反して飲むと酸味を感じます。しっかりしているけど │
│   気軽に飲めるのではないでしょうか?             │
│雅子:やや控えめだが甘い香り。綺麗な酸のある軽快ながら味のある酒。│
│                       試飲日:2005年06月 │
└─────────────────────────────────┘ 

 ご注文・詳細は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1


■■------------------------------------------------------------------
■■---小瓶300ml アイテム増加しました。---------------------------

通常、日本酒は大きな1升ビンが主流ですが、保管が大変だったり、もし口
に合わなかった場合のリスクを考えたりしますと、初めての銘柄を買うのは
少し勇気がいることかもしれません。

そこで、当店では300mlのミニボトルもご用意させて頂きましたが、思っ
た以上に好評でしたので、徐々にアイテムを増やしていました。

現在の取り扱い商品は下記の通りです。

・天の戸 純米酒         452円 浅舞酒造(秋田県)
・黒牛 純米酒          500円 名手酒造(和歌山県)
・獺祭 純米吟醸50%      525円 旭酒造(山口県)
・琵琶のさざ浪 純米吟醸 香の蔵 590円 麻原酒造(埼玉県)
・霊峰湧水 純米吟醸 晴嵐    580円 富士高砂酒造(静岡県)
・山法師 吟醸          630円 六歌仙(山形県)
・山法師 純米吟醸        580円 六歌仙(山形県)
・郷乃譽 純米吟醸 生      600円 須藤本家(茨木県)
・梵 艶 純米大吟醸       630円 加藤吉平商店(福井県)
・郷乃譽 純米吟醸 山桜桃    998円 須藤本家(茨木県)

 価格は全て消費税込みです。
 ご注文は下記のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?Sake300=1


●【注意点】ギフトには、あまり向いていない商品です。

 通販では商品の現物を見て確認できません。
 その為、マイナスの部分もお伝えする必要があります。

 当店では、お客様の自由を尊重し、300mlでもギフト指定は可能です。
 ただし、注意点として「ギフトには向いていない商品」である事を伝えさ
 せていただきます。

 例:「720ml 2本 と 300ml 1本」これをギフト包装で、という
    ケース。
                 ↓
   720ml 2本 だけにされる事をお薦めします。
                 ↓
   その理由は、全く異なる大きさのお酒が1本混ざると、統一された大
   きさのセットと比べ見栄えが劣るからです。
                 ↓
   ギフトでは、変に300ml1本を加えるより、大きさを統一させ見栄
   えを調えたほうが、受け取られた方の満足度が高いと思います。

   他にも様々なケースがございますが、300mlが絡むと見栄え・体裁
   が整わないケースが多いと認識下さい。


 ・300ml単品でもギフトには適しません。

  基本的に300mlは自家消費用としてご用意したお酒で、300ml専用
  の見栄え良い化粧箱は用意されていません。
  化粧箱に入った1升瓶や720ml瓶と同じような荷姿を期待・想像され
  ると期待が外れるかもしれません。
 
 当店としましては「ギフトには向いていない」「避けることをお薦めしま
 す」という情報を提供いたします。

 しかし、基本的にはお客様の自由な考え方を尊重します。
 上記の情報から、ギフトに用いるかどうかはそれそれのご判断でお願いし
 ます。
  

■■------------------------------------------------------------------
■■--今週のワイン----------------------------------------------------

【ロワールの赤ワインの代表格 これからの季節に大プッシュ!】

●ジョエル・タリュオー
 サン・ニコラ・ド・ブルグイユ 02(赤)
 Joel Taluau  St.Nigolas-de-Bourguieil
 
 飲み口:ライト〜ミディアムボディ
 産 地:フランス ロワール地方
 格付け:AOCサン・ニコラ・ド・ブルグイユ
 品 種:カベルネ・フラン100%
   
 750ml 市場価格2000円〜2300円 → 1500円(税込)  

 
 日本の夏に楽しむワインなら、ロワールは正しい選択でしょう。ロワールを
 代表する赤ワインのひとつが、この「サン・ニコラ・ド・ブルグイユ」。
 ボルドーでは補助的に用いられるカベルネ・フランですが、この地区では主
 役となり、「軽快」の一言で片づけるにはいかない、良い味わいを持つワイ
 ンになります。
 
 生産者のジョエル・タリュオー氏は、カベルネ・フランをこよなく愛する醸
 造家で、土壌がバラエティに富む17ヘクタールの畑を所有。異なる区画か
 らの葡萄を、特徴に応じて樽やステンレスなどを使い分けてワインを熟成さ
 せ、最終的に、それぞれ異なったスタイルのワインをブレンドして仕上げる
 という手法でワインを作ります。
 
 やや暗い色調ながら透明感のあるガーネット色。イチゴや木イチゴのような
 果実香と共に少し炭を連想する香り。ふわりとした酸味に続いて、やや硬質
 感のあるかっちりした果実味とタンニンがあり、お手本的なサン・ニコラ・
 ド・ブルグイユと言えます。
 
 温度が高いとぼやけ、低いと硬すぎて旨みが感じられません。適温が難しい
 のですが、丁度良い温度帯を見つけると、これが、クラシックな構造がなん
 とも言えず美味しいのです。その意味ではワインラヴァー向きな1本と言え
 ます。ワインだけで楽しむより、お食事に合わせたほうが絶対美味しいです。
 それも、焼肉などの刺激的なタレの味がするものより、素材そのものの味を
 楽しむような調理法の肉料理のお伴が良いでしょう。 
 
 ご注文は以下のアドレスから。
 http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem_B3=1

 または、下記のフリーダイアルでも受付けております。
 0120-464-135 月〜金(11:00〜18:00)土曜(13:00〜17:45)
        日曜祝日は定休日です。

 ご注文に関する詳細な説明は下記のアドレスをご覧下さい。
  http://HappyWine.com/html/info/

------------------------------------------------------------------■■
------------------------------------------------------------------■■


■ 佐野屋ニュース購読中止 アドレス変更は
  メルマ配信  http://www.melma.com/taikai/(マガジンID m00016761)
  
■ 発行:サノヤ酒店  代表 佐野 昭吾
           http://happywine.com/ ワイン
            http://jizake.com/    地酒
■ 編集:佐野 吾郎
電話番号 0120-464-135(代表) ファックス番号 072-890-2233

      未成年者への酒類の販売はいたしておりません。
======================================================================


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。