お酒・ワイン

Sanoya News 

日本オンラインショッピング大賞ベストEC賞を受賞。
ネット月商1千万の実績を持つ地酒専門店、佐野屋発行のメールマガジン。
日本酒、吟醸酒、限定醸造酒、酒蔵情報等に関する情報をお届け。


全て表示する >

Sanoya News iPod shuffleが当たる懸賞企画開始

2005/02/04

______________________________________________________________________
S A N O Y A    N E W S  メルマ配信版                      2004/02/04号
======================================================================

   iPod shuffleを3名様にプレゼント 「ひなまつり大懸賞2」

            http://www.digi-pre.com/present01h/0008.html
                             佐野屋酒店
======================================================================
もし2通メルマガが配信されてくる場合、こちらを解除下さい。
http://www.melma.com/taikai/(マガジンID m00016761)
======================================================================

昨日、2週間ほど注文していたiPod shuffleが届きました。

夫婦で5千円づつ出して共同購入したものですが、iPod shuffleを3名様に
プレゼントする懸賞企画がスタートしました!

佐野屋酒店は、この度17店舗の共同開催による懸賞企画。
「ひなまつり大懸賞2」に参加することになりました。

尚、懸賞申込み=メルマガ登録という条件付きとなり、自社配信版の佐野屋
ニュースが配信されてきます(自社配信版の方が良いです。)これを機会に
切り替えて頂ければと思います。

ひとつ注意点として、デフォルトでは17店舗全ての懸賞にチェックが入っ
ているので必要な物だけを選んでお申し込み下さい。
http://www.digi-pre.com/present01h/0008.html

さて、今週も様々な日本酒をご紹介します。
2月9日サッカー ワールドカップアジア地区最終予選 日本VS北朝鮮戦が
行われます。観戦用に飲む日本酒としておひとついかがでしょうか?

それでは本文をご覧下さい。


■■------------------------------------------------------------------
■■---目次-----------------------------------------------------------
■■
■■
■■ ●新規入荷【予定】商品
■■  ・梵 寒椿 純米大吟醸         加藤吉平商店(福井県)
■■  ・郷乃譽 純米吟醸 山桜桃 荒走り     須藤本家(茨城県)
■■  ・郷乃譽 純米吟醸 黒吟 荒走り      須藤本家(茨城県)
■■    http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1
■■
■■
■■ ●今朝しぼり 《純米大吟醸》 発売が決定!
■■    http://www.kamomidori.co.jp/shopping/indexkesa118221.html
■■
■■
■■ ●720ml 10万円以上の高額古酒の販売をします。
■■  ・小鼓 椿寿天楽 大吟醸古酒        西山酒造(兵庫県)
■■  ・郷乃譽 花薫光 純米大吟醸 限定品
■■     原酒10年熟成 1993無濾過 生  須藤本家(茨城県)
■■
■■
■■------------------------------------------------------------------
■■---新規入荷商品---------------------------------------------------

●梵 寒椿 純米大吟醸       加藤吉平商店(福井県)
 720ml 3675円(税込み)

 雪の庭に咲く一輪の花 「梵 寒椿」。

この純米大吟醸酒は、内に秘めた強さを持ちながら、爽やかで深い香りとと
もに、しなやかで骨格のある味の日本酒です。雪深い越前の雪庭に凛と咲く
寒椿のように、はかなさのなかに芯の強さを感じさせるような、気高さを感
じる日本酒です。

真性精米歩合40%の兵庫産の山田錦を使用。純米大吟醸として醸した酒を
0度で2年間熟成させました。

まず、外箱は淡いグレー色の手漉き紙。
貼ってある寒椿の日本画は蔵元が描いています。
箱を開けると、半透明の薄紙に墨で「雪の庭に咲く一輪の花」と書かれてい
ます。その紙をめくると、手漉き手もみ和紙に包まれたお酒が現れます。
まるで映画の名場面を観ているようです。

ビジュアルまで、寒椿の持つ、はかなさや強さ、気高さを感じさせます。

味わいの第一印象は、まさに可憐な香りと凛とした強さです。
手のひらに落ちた雪が、静かに溶けるように爽やかな吟香を残し、喉の奥に
静かに流れ落ちていきます。

このお酒は冬の夜長、積もる雪を見ながら冷たく冷やしてお召し上がり下さ
い。冷たい冬の空気のなか、旨さがしっとりと心に残り、鮮やかに消えてい
きます。これは真冬の今のシチュエーションでしか感じることが出来ない味
わいです。

┌─────────────────────────────────┐
│        ■佐野屋 スタッフ試飲コメント■         │
│伊藤:口当たりが良い。滑るように滑らか。冷やして飲んだらかなり  │
│   美味しいと思う。                      │
│雅子:あぁ!美味しくて良いんじゃないの。             │
│   原酒でないのに味はしっかりしている。力強く綺麗な味わい。  │
│大濱:香りは穏やか。口当たりはツルンって感じ。味に存在感有り。  │
│   徐々に味が現れるって感じ。ビジュアルにも雰囲気がある。   │
└─────────────────────────────────┘
 ---スペック---------------------------------------------------------
 原料米:山田錦 精米歩合:40% ALC:16〜17度 日本酒度:+5
 酸度:1.5 甘辛:辛口 保存・発送:静かな冷暗所・普通便可
 --------------------------------------------------------------------
 ご注文は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1

 または、下記のフリーダイアルでも受付けております。
 0120-464-135 月〜金(11:00〜18:00)土曜(13:00〜17:45)
        日曜祝日は定休日です。


 テイスティングスタッフ プロフィール

 伊藤:当店の女性スタッフ。出荷担当。2児の母。開運のファン。
 大濱:大学生バイト。現役女子大生。(ただしこの春まで)女流の学生
    書家という顔も持つ。日本酒は苦手だとか?
 雅子:店主吾郎の妻。HappyWine.comを運営するワイン担当。
    日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー。
 喜美子:吾郎の母。酒歴こそ長いものの利き酒能力はかなり疑問。
     テイスターが揃わない時の為の臨時要員という説がある。

 当店では、大学生、主婦、日本ソムリエ協会公認ワインドバイザー、そし
 ておばあちゃんに至る広い層からテイスターを揃え、味を詳しくお伝えし
 たいと思います。


●郷乃譽 純米吟醸 山桜桃 荒走り 生      須藤本家(茨城県)
 720ml 2310円  1800ml 4620円
 【このお酒は5日(土)入荷予定です。お届けは7日以降になります。】

 郷乃譽の代表的銘柄の一つ山桜桃(ゆすら)。
 その山桜桃の新酒の荒走り(あらばしり)が2月5日入荷してきます。

 「あらばしり」は、新酒を搾る際に一番最初にしぼられて出てくる、白く
 濁った部分を指します。白濁していることから、昔は荒走り部分のみを出
 荷されるという事は珍しく、蔵の関係者のみが口にすることが出来たお酒
 です。

 須藤本家では、「荒走り」を消費者の皆様にも味わって頂きたく、新酒が
 出来た冬季に限定し「真の荒走り」の部分を出荷します。
 その為、新酒特有のフレッシュ感を全面的に表現したお酒となっています。

 醪の白さがうっすらと残り、炭酸ガスによる程よい酸味があり、新酒独特
 の新鮮な香りが漂います。開封直後は炭酸を感じますが、1日置くことで
 落ち着き、開封直後とはまた違った味わいが感じられます。
 出来たての山桜桃の味わいをご堪能下さい。

 平行して、既に完成の域に入っている熟成酒の山桜桃を残り僅かながら販
 売しております。2種類の山桜桃を飲み比べるのはいかがでしょうか?

 ---スペック---------------------------------------------------------
 原料米:山田錦 精米歩合:50% ALC:15〜16度 甘辛:やや辛口
 保存・発送:要冷蔵・クール便
 --------------------------------------------------------------------

 ご注文は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1

 または、下記のフリーダイアルでも受付けております。
 0120-464-135 月〜金(11:00〜18:00)土曜(13:00〜17:45)
        日曜祝日は定休日です。


●郷乃譽 純米吟醸 黒吟 荒走り 生   須藤本家(茨城県)
 720ml 2205円  1800ml 4410円
 【このお酒は5日(土)入荷予定です。お届けは7日以降になります。】

 改めてご紹介する必要もないかと思いますが「黒吟」の新酒が間もなく入
 荷します。

 新酒の段階で既に、透き通るような透明感を持つ郷乃譽。
 中でも特に黒吟は、華やかな吟醸香が加わり、新酒の中では一番高い日本
 酒を飲んだ、という気にさせてくれる純米吟醸酒ではないでしょうか。

 黒吟の香り・透明感は健在。しかし開封直後はまだ出来たての新酒という
 事も加わり、香りはまだつぼみの状態。
 黒吟限定品と比べて少しライトに感じると思います。

 少し空気に触れさせることで、お酒が目覚めはじめ、黒吟の貫禄が徐々に
 現れてきます。
 慌てず、デキャンタージュなどをしてゆっくりとお召し上がり下さい。

 尚、通常の黒吟(完成された味わいの1年熟成)は、現在の在庫が無くな
 れば、新酒に切り替わります。
 ご注文はお早めに。

 ---スペック---------------------------------------------------------
 原料米:山田錦 精米歩合:50% ALC:15〜16度 甘辛:辛口
 保存・発送:要冷蔵・クール便
 --------------------------------------------------------------------
 ご注文は以下のアドレスから行えます。
  http://jizake.com/cgi-bin/db.cgi?NewItem=1



■■------------------------------------------------------------------
■■---今朝しぼり 《純米大吟醸》発売が決定!-------------------------

丸本酒造からのメールマガジンで、既にご存じの方も多いと思いますが、
特別増便の純米大吟醸の出荷が決定しました。


        今年も「純米大吟醸」が出荷されます。

山田錦35%精米という純米大吟醸の中の純米大吟醸です。

通常、このクラスの日本酒を、今朝しぼりのような企画として、お客様に提
供するという蔵はほとんど無いと思います。

これを機会に是非とも搾り立ての純米大吟醸の味わって頂きたいと思います。


●今朝しぼり 特別増便《純米大吟醸》 8,925円(限定150口)
 720ml×2本 8925円 または 1800ml×1本 8925円(消費税込み)
 2月下旬〜3月上旬発送予定

 今朝しぼり 特別増便《純米大吟醸》は蔵元が自ら栽培する山田錦を、鑑
 評会出品酒クラスの精米歩合35%にまで磨き小仕込み醸したお酒です。

 今年も「純米大吟醸」です。
 鑑評会の出品酒はアル添大吟醸が中心で、純米では金賞受賞が難しいとさ
 れています。
 その為、大吟醸に関していうと、アル添大吟醸の方が物が良いという風潮
 があります。

 しかし、丸本酒造は

    蔵の味と出品酒の味は別もの。
    ウチの場合は、純米大吟醸の方がよい形で蔵の味が出せる。

 との考えで、純米大吟醸での販売となります。
 
 通常、このクラスのお酒を今朝しぼりのような企画として、お客様に提供
 するという蔵はほとんど無いと思います。

 ご注文は以下のアドレスから行えます。
  http://www.kamomidori.co.jp/shopping/indexkesa118221.html

 

■■------------------------------------------------------------------
■■---720ml 10万円以上の高額古酒の販売をします。---------------

昨年12月、花薫光から10年古酒が発表されました。

720mlで22万円という高価な日本酒であった為、驚かれた方も多かった
と思いますが、私自身はこのような価格の日本酒のニーズは必ず存在すると
考えていました。

といいますのは、現在日本酒にはワインの世界のようなプレミアム価格の日
本酒が存在しません。

「一四代や越乃寒梅がプレミアム価格で販売されているじゃないの。」とい
う方もいるかもしれませんが、残念ながらワインの世界では1〜2万円程度
の価格ではプレミアムとは言われないのです。

10万円を超さないとプレミアムと呼ばれないワインの世界から、1〜2万
円でプレミアムと騒ぐ日本酒の世界はどう写るのでしょうか。

私は、日本酒がより高い文化的な価値を持つためには、プレミアムワインを
購入する消費者層に関心を持ってもらうだけの高い価値を持つことが必要だ
と考えていました。

またプレミアムワインを購入される方は、ワインと対等の高い価値を持つ
日本酒の存在を望んでいると思います。

当店は、インターネットを用いればこのような高額商品をもとめる消費者に
商品の存在を伝えることが出来ると考えました。


●蔵元で保管している商品を直送させていただきます。

このような高額の日本酒を求める消費者は存在するでしょう。

しかし、その方に「こういう商品がありますよ」という声が届くまでそれな
りの時間がかかります。

当店で在庫するとなると長期間の在庫を覚悟しなくてはいけません。
幸い、今回の日本酒は全て長期熟成酒です。

鮮度をうたった商品では無いため、当店で在庫し日本酒セラーで正しく保管
すれば問題はないでしょう。

しかし、当店では蔵から出荷された最新の日付のお酒をお客様におとどけさ
せて頂きたいと思います。

ご希望でしたら蔵元から直送も可能です。

また、これらの商品はライブドアデパートになりますが、3%のアフィリエ
イトを実施させていただきます。
単価が高いので売れたら大きいと思います。
ライブドアのアフィリエイトに関しましては下記のアドレスをご覧下さい。
http://partner.depart.livedoor.com/docs/guide.html


●小鼓 椿寿天楽 大吟醸古酒      西山酒造(兵庫県)
 720ml 105,000円(消費税込み)

 西山酒造が造る最高峰の日本酒が「天楽(てんらく)」。

 1998年ロバート・パーカー氏が来日した際に行われた日本酒をテイス
 ティング評価するイベントで、216酒類の日本酒の中で、パーカー氏が
 最も高得点を与えたのが天楽でした。

 天楽は市販用の大吟醸酒として一部の限られた店でされていますが、この
 椿寿天楽(ちんじゅてんらく)は蔵から殆ど出る事がない日本酒で、蔵元
 とその特別な顧客の間で静かに売買されている日本酒です。


 椿寿天楽は、昭和56年、西山酒造が最初に全国新酒鑑評会で金賞を受賞
 した記念した品で、20年以上の歳月を蔵のセラーの中で静かに眠ってい
 る長期熟成酒です。

 0度で貯蔵されているため、淡熟タイプの綺麗系の古酒です。
 大吟醸特有の華やかな香りは、派手さはなく比較的穏やか。口に含んだと
 きの膨らみは奥深く、後味に静かな余韻を残して消えていきます。
 とても20年以上が経過した古酒とは思えない、綺麗な保存状態です。
 

 このお酒は容器はガラス瓶ですが、その外側は、芸術家の綿貫 宏介氏が
 所有する窯で自身の手で焼いたものです。壺にも全体の2割くらいの価値
 が あります。

 「このような高額日本酒を求めるニーズは必ず存在する」と思った当店の
 要望で、お客様からオーダーを受けた後に、蔵出しされたばかりの製造
 年月日が新しい商品をお届けさせていただくことになりました。
 
 
 この商品は、当店では在庫を持っていません。
 お客様からオーダーを受けた後、蔵元から取り寄せお客様にお届けさせて
 頂きます。

 ご注文は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/html/kotudumi/indexD3017.html

 または、下記のフリーダイアルでも受付けております。
 0120-464-135 月〜金(11:00〜18:00)土曜(13:00〜17:45)
        日曜祝日は定休日です。


●花薫光 純米大吟醸 限定品 原酒10年熟成 1993無濾過 生
 720ml 220,500円(消費税込み)

 こちらは昨年の年末にもご紹介した日本酒です。

 価格はタイプミスではありません。
 22万5百円もする史上最高値の花薫光です。

 よくある、高価なボトルが用いられているために値段が高くなったお酒で
 はありません。
 桐箱には入っていますが、ボトルは普通の花薫光のものです。
 純粋にお酒の価格だけで22万5百円もする日本酒です。

 しかし、それだけで驚いてはいけません!
 昨年末にこのお酒を発表したところ、アメリカからオファーが来たのです
 が、何と日本価格の5倍〜6倍くらいの価格で販売したいとのことです。

 私は、この話しを須藤さんから聞いたとき、返す言葉が思いつきませんで
 した。

 これが実現すると、ロマネコンティ以上の価値を持ってしまった日本酒が
 誕生する事になります。
 もし、そうなったとしたら投機目的などで日本市場から姿を消すかもしれ
 ませんね。
  
 ちなみに、日本で6825円で販売されている通常の花薫光720mlですがアメリ
 カのレストラン価格では300ドルで提供されているとの事です。
 高級レストランでも、リストに載っているような商品ではなく、特別なお
 客様が来られたときに、店の奥からお出しする特別な日本酒として提供さ
 れているようです。
 蔵元の話では、花薫光はアメリカに到着する前から、全てに買い手が決ま
 っているような状態で、蔵に毎日のように輸出の催促の電話が寄せられて
 いるとの事です。

 しかし、郷乃譽の販売のメインはあくまで日本であり、日本の皆様には海
 外市場のような価格ではないものを、飲んで頂きたいとのことです。
 
 そこで日本国内向けの確保分を、今年の酒造年度が終わる6月まで、蔵元
 の在庫が続く限り販売させていただきます。
 

 この商品は、現在は当店では在庫を持っていません。

 お客様からオーダーを受けた後、蔵元より在庫を確認させていただきます。
 その後、正式オーダーとして手配させて頂きます。

 販売は蔵元の意向で6月30日まで行います。

 この貴重な日本酒を海外に消えてしまっていいのでしょうか?
 いくつかは日本に残しておきたいと思う次第です。


 ご注文は以下のアドレスから。
  http://jizake.com/html/sudou/indexD2001.html

 または、下記のフリーダイアルでも受付けております。
 0120-464-135 月〜金(11:00〜18:00)土曜(13:00〜17:45)
        日曜祝日は定休日です。


------------------------------------------------------------------■■
------------------------------------------------------------------■■


■ 佐野屋ニュース購読中止 アドレス変更は
  メルマ配信  http://www.melma.com/taikai/(マガジンID m00016761)
  
■ 発行:サノヤ酒店  代表 佐野 昭吾
           http://happywine.com/ ワイン
            http://jizake.com/    地酒
■ 編集:佐野 吾郎
電話番号 0120-464-135(代表) ファックス番号 072-890-2233

      未成年者への酒類の販売はいたしておりません。
======================================================================


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。