エコ・リサイクル

月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩“コマンタレブー”

旬を感じながら幸せになれるナチュラルでオーガニックな暮らし方を提案。美味しい・綺麗・気持ちいいが三原則。食の裏側の話や要注意の落とし穴も経験者が語ります。

全て表示する >

【月のリズム157】 2013/07/23

2013/07/23

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
コ┃マ┃ン┃タ┃レ┃ブ┃ー┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

∴★---月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩☆∴★

2013年 7月23日(満月) 第157号(あたりまえの食卓 Vol.186)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 暦・・・二十四節気:大暑(たいしょ) 〔 7月23日〜 8月 6日〕
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
インデックス
 1 暦の話 ・・・「夏土用」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

★☆暦の話☆★

「夏土用」

土用は立夏、立秋、立冬、立春の直前の約18日間を指し、
年に4回あります。
その中でも夏土用が有名ですね。たぶんウナギを食べるからでしょう。
どうしてウナギを食べるのかというと、諸説ありますが、
一番知られているのが平賀源内説。

商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため
源内の所に相談に行った。
源内は、「本日、土用の丑の日」と達筆で書いてやり、
それを店先に貼ったところ大変繁盛した。
という話です。
その後、他の鰻屋もそれを真似し、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した
といいます。仕掛け人がいたのですね(笑)。

食通で有名だった池波正太郎氏の小説に、ウナギは輪切りにしたものを
串刺にして焼き、甘辛のたれをつけたものが屋台で売られ、力仕事をする
者たちに好まれたというような描写があります。
その頃から精がつく食べ物として認知されていたのでしょうか。

今年は土用の丑の日が2回あります。7月22日と8月3日。
一説によれば「丑の日にウナギに限らず『う』の字が附く物を食べると
夏負けしない」という風習があったとされます。
梅干し、瓜、牛、うみぶどうでもいいのかな(笑)。
さて、何を食べましょうか?

                      (ながた けいこ)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
□・編集後記・□
冷蔵庫と洗濯機を新しくしました。カタログでスペックの比較、WEBで
口コミ深読み。こんなに真剣に集中したのは学生時代依頼かも。(な)
--------------------------------------------------------------------
鰻、薬膳では肝と腎によろしい食材。私的には、時々は食べておけと皆に
言いたいくらい。夏以外にもお勧めだよ、鰻は。(晴)
--------------------------------------------------------------------
値段もさることながら絶滅の危険にあるという点からも、なかなか食べにく
い鰻。名古屋出張に行くのでひつまぶし食べたいんだけどな。我慢?(絵)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
次回配信予定日:2013年 8月 7日(新月)
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
発 行:コマンタレブー編集部 http://www.atarimae.com/
代 表:ながたけいこ
和を嗜み・和を楽しむ:河井晴菜美
美しさはこころよさ:絵本まや
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
☆月のリズムメールマガジンのバックナンバーは下記へどうぞ。
http://www.atarimae.com/☆ご意見・ご感想はこちらへ。
mm@ atarimae.com☆登録の解除・変更は下記ページでお願いいたします。
まぐまぐ!http://www.mag2.com/m/0000229335.html
melma!http://www.melma.com/backnumber_167535/
☆禁複写・転載☆本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
Copyright(c)2005-2013 atarimaeno-shokutaku. All rights reserved.
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-25  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。