エコ・リサイクル

月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩“コマンタレブー”

旬を感じながら幸せになれるナチュラルでオーガニックな暮らし方を提案。美味しい・綺麗・気持ちいいが三原則。食の裏側の話や要注意の落とし穴も経験者が語ります。

全て表示する >

【月のリズム152】座談会・日々是ナチュラルのその後 2013/05/10

2013/05/10

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
コ┃マ┃ン┃タ┃レ┃ブ┃ー┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

∴★---月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩☆∴★

2013年 5月10日(新月) 第152号(あたりまえの食卓 Vol.181)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 暦・・・二十四節気:立夏(りっか) 〔 5月 5日〜 5月 20日〕
           小満(しょうまん)〔 5月21日〜 6月 4日〕
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
インデックス
 1 暦の話 ・・・ 「夏の準備」
 2 「日々是ナチュラル」についてあれこれ話そう No.1
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

★☆暦の話☆★

「夏の準備」

お天気もよく湿度の低い爽やかな連休でしたね。
5月5日のこどもの日はちょうど「立夏」でした。
九州では麦が穂を出し、北海道では馬鈴薯や豆の種まきが始まります。
田んぼのある地域では、カエルが鳴き出すのもこの頃だそうです。

私は、混み合う行楽地には出かけず、衣服の入れ替えをしました。
日傘とサングラスと日焼け止めも用意しました。

身体も「緩みの春」から「発散する夏」への準備が必要です。
手軽にできることとしては、お天気の良い日に、日向ぼっこがてら、
しっかり息を吸い込んで、カラダを伸ばして、深呼吸してあげると
よいそうです。

また、気持ちが忙しいまま、無理をして過ごしていると「ぎっくり腰」に
なるのですって。
身体の不具合はこれ以上無理をしないようにと言う警告でもあります。
どうぞ、体のメンテナンスをしっかりして、夏への準備万端に。

                        (ながた けいこ)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  ■□「日々是ナチュラル」についてあれこれ話そう No.1□■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

本メルマガでは河井晴菜美さんの新しいコーナーが始まり、
これまで河井さんが書いていた「日々是ナチュラル」は終わりました。
でも、そこで取り上げられていたテーマはおもしろく、
興味はまだまだ尽きないので、編集部では河井さんを囲んで
「日々是ナチュラル」で取り上げられていたことについて、
わいわい話をしてみました。
結構おもしろい話になったので、今回はその話の一部を掲載します。


☆★血液検査と貧血★☆

絵本まや:
これまでの「日々是ナチュラル」を読み返してみて
ながたさんが、いちばん印象に残っているのは何でしょう?

ながたけいこ:
栄養障害があると血液検査で評価されたという衝撃的な原稿があったよね
(月のリズム109 栄養足りてる? 2011/08/14)。
「──総合評価D(要治療)顕著な栄養障害が見受けられます」という。

絵本:あの健康マニアの河井さんが栄養障害!?と思いました!

河井晴菜美:
あのとき受けた血液検査は、特殊な検査で……。
毎年、わたしが、会社の健康診断で受けている血液検査は12項目なのね。
で、この栄養療法のクリニックでは、数えてみたら75項目あった!
何を食べ、どんな生活をしているのか、どこの機能が弱いのかなど、
血液でほとんどのことがわかるということがすごく面白かった。

それに、わたしたちが普段、受けている健康診断は、世の中の人たちの平均値に
くらべて自分はどうか、というように診断しているけど、はたしてそれで本当の
自分の健康状態がわかるのかっていう話だった。

栄養療法というと、不足している栄養素を補うものだと思うでしょ。
もちろんそれもあるのだけど、私たちの細胞の分子のバランスの乱れを改善する
というのが、どうやら、主たる方法らしいの。
だから、普通では考えられない量、一般的な量の100倍とかを摂りなさい、
なんていうことを言われるわけ。

で、自分の健康を改善するためには、このサプリとこのサプリとこのサプリね、
月7万円かかりますという話なわけ。
「え!?」と言ったら、そんなに払えないんだったら、保険でまかなえるところで
こうしましょうか、と言われたんだけど、わたしはそれを断っちゃったの。
要はそのクリニックでの治療はやらなかったというわけ。
なんかさ、サプリメントの前に、まずは食べものを改善してみるかという気持ちに
なったんだよね。

ながた:血液検査で栄養障害と判断されたけど、病気ではないよね。
だから保険のきく治療はできないと。

河井:そこのクリニック自体が、薬ではなくてサプリで治療というやり方を
しているので保険がきかないの。
そこには病院の薬では、どうも症状がよくならないという人たちが来ていて……。
精神とか神経を病むんでいる人が多かったみたい。
それって栄養が足りてないためと、そこのクリニックの先生は解釈していて。

ながた:それはありありな感じがするね。ごはんをちゃんと食べないと生理は
不順になるし、自律神経もバランスが悪くなるし。

絵本:そのクリニックで検査をしてみようと思ったきっかけは、貧血をなんとか
したいと思ったからですよね。

河井:わたし、階段のぼるとき息切れするのよね。

絵本:え! あんなにふだん運動してるのに?

河井:わたし、小学生の頃から健康診断では貧血といわれてたの。
でも朝礼で倒れたり、朝起きられないということは全然なかった。
だから貧血で病院に行くことはなかった。
このクリニックで初めて、今すぐ治療しなさいと言われたわけ。

ながた:こどもの頃から貧血なんだね。でもタップダンス、あんなにやっていて
だいじょうぶなの? ついていけるの?

河井:激しい運動は逆に楽なのかも。脈が弱いから。
スポーツ選手と同じ心臓なわけ。脈が上がるのが遅いの。
わたしが行ってる歯医者さんは治療前に脈測るんだけど、すごくびっくりされる。
脈が遅くて(笑)。

絵本:わたしは、健康診断の血液検査では2度くらい、貧血気味って
言われたことあって、自覚はなかったからびっくりしたことがある。
評価がBとかだった……。

河井:わたし、いっつもそうだ。

ながた:わたしは20歳くらいの時、立ちくらみがひどくて病院に行ったこと
がある。
血液検査をしたら、ヘモグロビン値がどうとかで、
そのまま即入院ってことになって、原因がわからないから、
骨髄も調べましょうということで胸に穴をあけて調べたことがある。

河井:みんな貧血って診断されたことがあるんだね〜。今はどうなの?

絵本:全然だいじょうぶ!

ながた:わたしも今は健康診断の血液検査で引っかからないよ。
でも、河井さんが行ったクリニックによると、それでは本当の健康とは
言えないよという話なんだよね?!
それで河井さんはそのクリニックの検査では何が足りないと言われて、
どんな食事療法をしようと思ったの?

河井:「とにかく、たんぱく質をもっとたくさん摂りなさい」と言われたのね。
もう、全然たんぱく質が足りていないって。
たしかにね、たんぱく質の摂る量は、一般的に見て少なかったと思う(*1)。
卵とか、3日に1個くらいでちょうどいいという業界にいたからね。
(注:ながたさん、河井さんは自然食品を扱う仕事をしていました)

絵本:河井さん、食事は炭水化物と野菜中心で、たんぱく質はかなり控えめって
書いてたでしょ(月のリズム52「健康法はいいかげんに」2009/04/25)。

河井:あ、そういうわけで、今はたんぱく質、がんがん摂ってる。

ながた:自然食品業界にいたとき、お肉や魚は必要ない、玄米、大豆製品を
食べていれば日本人はだいじょうぶという考え(*2)の人が多かったよ。
肉を食べると、話し方に出るとかで、あなたのはっきりした物言いは、
たんぱく質の摂りすぎと言われたことある(笑)。
肉を食べると攻撃的になるという考え方があった。
でも、わたしは朝起きて一番に食べたいと思うのはたんぱく質なの。
朝からステーキやローストチキンとか食べられる。

河井:たんぱく質は血を汚すという考えがあったよね。
だから、たんぱく質はおいしいんだけど、我慢しなきゃという感じだった。
修行みたいだったよ。

絵本:それ、仏教の話し?(笑)
たんぱく質をしっかり食べるようになって、今はどうですか?

河井:今の体調だけど、すごくいいかというと、イマイチだね。
まあ、血液検査した頃よりは、いいけど。
でも、それがたんぱく質のおかげかどうかは、わからない。
先日、会社の項目の少ない血液検査をしたから、そろそろ結果が返ってくると思う。
それによって、また、栄養のこと考えてみようかなと思う。
何を食べもので摂るのか、サプリメントを飲むのかどうかも含めてね。

絵本:じゃあ、結果が出る頃にまたお話を聞かせてくださいね。


*1:たんぱく質;
1日の推奨量は「日本人の食事摂取基準(2010年版)」によると、成人男性は60g、
成人女性(妊婦中期、授乳婦を除く)は50g。
牛ステーキ1枚(200g)あたり、たんぱく質は44g、
卵1個(50g)には6.2g含まれる。
体に取り入れられたたんぱく質は、胃や腸などでアミノ酸にまで分解されて吸収される

吸収されたアミノ酸は、肝臓に蓄えられてから、体の各組織に運ばれて、
体たんぱく質に組み立てなおされる。体たんぱく質は分解と合成を繰り返し、
たえず作り変えられるため、食事から補給する必要がある。
参考:上西一弘『栄養素の通になる第2版 食品成分最新ガイド』
(女子栄養大学出版部)

*2:お肉や魚は必要ない、玄米、大豆製品を食べていれば日本人は
だいじょうぶという考え;
たんぱく質を動物性食品からとろうとするのは近代に入ってからのことで、
歴史が浅い。精製しない穀物はたんぱく質を豊富に含んでいるので、
穀物を丸ごと食べ、豆類を多くとれば植物性たんぱく質がじゅうぶんに摂れるという
マクロビオティックの考え方。
参考:久司道夫『久司道夫のマクロビオティック入門編』(東洋経済新報社)


◆血液検査でわかること
主に貧血、肝臓の異常、腎臓の異常、高脂血症、糖尿病などの病気。
貧血は、赤血球(RBC)、ヘモグロビン、ヘマトクリットなどの値から診断されます。
【参考】日本人間ドック学会
http://www.ningen-dock.jp/public/kensa-menu/ketsueki.html?1

◆貧血って?
めまいや立ちくらみは実は貧血ではなく「脳貧血(起立性低血圧)」の症状。
医学的には、貧血は血液中の赤血球の中にあるヘモグロビン(血色素)が
減少した状態のこと。
【参考】シティリビング「きちんと知る女性のカラダ vol.4貧血」
http://city.living.jp/beauty2/karada/120711/

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
□・編集後記・□
GWは花見仲間とピクニックしました。寒い花見より、こっちがいいね!
ということで恒例になりそうです。(な)
--------------------------------------------------------------------
血液検査したクリニックでは、サプリだけではなく、食事についての指導も
あって、その内容はすごく興味深いので、またぜひ、紹介したいな!(晴)
--------------------------------------------------------------------
GWは九州北部へ行ってきました。おいしい魚を食べて温泉につかって、な
んと佐伯チズさんまでお見かけした! おかげで美肌になったかも?(絵)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
次回配信予定日:2013年5月25日(満月)
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
発 行:コマンタレブー編集部 http://www.atarimae.com/
代 表:ながたけいこ
和を嗜み・和を楽しむ:河井晴菜美
美しさはこころよさ:絵本まや
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
☆月のリズムメールマガジンのバックナンバーは下記へどうぞ。
http://www.atarimae.com/☆ご意見・ご感想はこちらへ。
mm@ atarimae.com☆登録の解除・変更は下記ページでお願いいたします。
まぐまぐ!http://www.mag2.com/m/0000229335.html
melma!http://www.melma.com/backnumber_167535/
☆禁複写・転載☆本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
Copyright(c)2005-2013 atarimaeno-shokutaku. All rights reserved.
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-25  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。