エコ・リサイクル

月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩“コマンタレブー”

旬を感じながら幸せになれるナチュラルでオーガニックな暮らし方を提案。美味しい・綺麗・気持ちいいが三原則。食の裏側の話や要注意の落とし穴も経験者が語ります。

全て表示する >

【月のリズム147】和を嗜(たしな)み、和を楽しむ 2013/02/26

2013/02/26

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
コ┃マ┃ン┃タ┃レ┃ブ┃ー┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

∴★---月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩☆∴★

2013年 2月26日(満月) 第147号(あたりまえの食卓 Vol.176)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  暦・・・二十四節気 雨水(うすい) 〔 2月18日〜 3月 4日〕
            啓蟄(けいちつ)〔 3月 5日〜 3月19日〕
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  インデックス
  1 暦の話 ・・・ 「梅は咲いたか桜はまだかいな」
  2 和を嗜み・和を楽しむ ・・・ 「雛納め」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

★暦の話★

「梅は咲いたか桜はまだかいな」

「両手に花」というのは、梅と桜のことをいうんですってね!
良い物を両手に持つ、ということで、良いことの上に、さらに良いことが
あるという意味。平安時代の末に編纂された『後拾遺和歌集(ごしゅうい
わかしゅう)』の「梅が香を 桜の花に にほわせて 柳が枝に さかせてしがな」
に由来するそうです。

万葉集では梅を詠んだ歌が118首に対し、桜は44首。
梅が春の美しい花の代名詞だったようです。
東京では梅と桜を一緒に愛でるのは無理ですが、北海道では5月上旬に同時に
開花するそうです。
春まだ浅い北国への旅には、そんなご利益があるのかも。

                       (ながた けいこ)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ★new!★ ■□ 和を嗜み・和を楽しむ ・・・河井 晴菜美 □■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

☆★テーマ変更のお知らせ★☆

いつもメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。
「日々是ナチュラル」というタイトルで、ナチュラルな生活提案を意識し、
書いてきましたが、今年よりテーマを変更させていただきたくお知らせいた
します。

新しいテーマは、日本の文化や行事や風習・習慣の背景に見えるものやこと
について、または日本人の精神や感性について、です。

タイトルは「和を嗜(たしな)み・和を楽しむ」。

私は、日本人の豊かな感性や心のありかたを気づかされ、それを誇りのよう
に思えることが多々あります。

それは、習っている茶道、書道の先生や共に学ぶ方々から、着物を楽しむ
仲間や問屋さんから、日本の食べものやお酒を分かち合う友人らから、
両親から、日々の生活の中から、季節の移ろいから、その他いろんなところ
から、学びと気づきをさせていただいています。

日本の素晴らしさを認識し、私自身がこの国に生まれ、そのDNAを持って
いるという誇りです。

そういったことをもっと知るために、調べながら書くことで、自分の中でも
はっきり再認識したいし、みなさんにも伝えたいと思っています。

どうぞ、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

                           (河井 晴菜美)

----------------------------------------------------------------------

「雛納め」

3月3日は雛祭りです。

みなさんの中にはお雛様を飾られた方もいらっしゃるでしょう。

私にも親に買ってもらった雛人形がありました。
それはそれはいい顔立ちの立派な八段飾りのお雛様でしたが、事情があり
手放してしまいました。

毎年、この時季になるとそのお雛様のことを思い出します。自分で新しい
お雛様を買いたいと思っていますが、「人形は顔が命」だとCMでも、
そして母も言っていましたし、手放したお雛様のお顔がよかっただけに、
なかなかこれと思うものに出会えずにいます。

さて、雛祭りを過ぎたら、お雛様を片付けるわけですが、お雛様にご馳走を
お供えし、それをお雛様と一緒にいただき、その後で、いよいよ箱に納める
のだと人形の町岩槻の人形師である福田東久氏の著書にありました。

そのご馳走は、岩槻では昔から素麺だそうです。

そして、どうやら江戸では、蕎麦を供えたようですし、また、紀州徳川家の
『雛祭の作法』には、「三月四日、朝は膳、昼は蕎麦」とあるとのこと。

いずれも、細く長くということでしょうか?
お雛様は高貴な方なので、私は、どちらかと言えば素麺の方が合うような気
がします。蕎麦なら更科ですかね。

それから、岩槻ではお雛様をしまう箱の中には、昔から乾燥させた赤唐辛子
を虫よけに入れるそうです。
古い人形には袂の中に赤唐辛子が入っていることがあり、昔から用いられて
いた方法だということがわかるとのこと。

樟脳や香袋も虫よけとして古くから使われていますが、ナフタリンのような
化学薬品は衣装の色褪せの原因になるといいます。

お雛様は丁寧に和紙でくるみ、箱に入れます。
人形と人形の隙間にも和紙を詰めて動かないようにし、蓋をして湿気のない
ところに収納するのがよいそうです。

お雛様を片づけることを「雛納め」と言いますが、今年はぜひ、素麺か蕎麦
をお雛様と一緒にいただき、赤唐辛子と和紙を用意して、心を込めてお雛様
を納めてみてはいかがでしょうか。

来年こそは、私もお雛様が欲しいと思います。

参考文献:
『雛まつり 親から子に伝える思い』人形師 福田東久 著(近代映画社)

 ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□ 河井 晴菜美(かわい はなみ)□■
 ■自然体で自己流、無理をするのが嫌い。
 ■面白いことを聞いたり、知ったりすると、人に教えたくなる。
 ■素材からオリジナル料理を発想するのが特技。
 ■一期一会料理(二度と作れない)も得意。薬膳に興味を持ち勉強中。
 ■趣味は書道、タップダンス、ヒップホップダンス。
 ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
□・編集後記・□
実家にお内裏様だけの雛飾りがありました。子供の頃はにぎやかな段飾りが
うらやましかったけど、今思い返すと、母の持ち物だったし、風情があった
ような・・・。押入れの隅にまだあるのかな〜。暖かくなったら探しに行っ
てみよう。寒さの厳しい信州は 雛祭りも月遅れの4月です。(な)
--------------------------------------------------------------------
薄暗くなってから、「ぼんぼり」に灯りをつけるとやけにお雛様がきれいだった
のを覚えています。「ぼんぼり」ということばの響きもいいなあと思います。
大人の雛祭り、来年やりたい!(晴)
--------------------------------------------------------------------
還暦から始まって緑寿、古希、喜寿……をお祝いするお雛様もあるそうな。
長寿祝い? 少子化だけどご老人はまだまだ増えるわけですもんね。(絵)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
次回配信予定日:2013年3月12日(新月)
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
発 行:コマンタレブー編集部 http://www.atarimae.com/
代 表:ながたけいこ
日々是ナチュラル:河井晴菜美
美しさはこころよさ:絵本まや
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
☆月のリズムメールマガジンのバックナンバーは下記へどうぞ。
http://www.atarimae.com/☆ご意見・ご感想はこちらへ。
mm@ atarimae.com☆登録の解除・変更は下記ページでお願いいたします。
まぐまぐ!http://www.mag2.com/m/0000229335.html
melma!http://www.melma.com/backnumber_167535/
☆禁複写・転載☆本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
Copyright(c)2005-2012 atarimaeno-shokutaku. All rights reserved.
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-25  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。