エコ・リサイクル

月のリズムで暮らす ナチュラル生活初めの一歩“コマンタレブー”

旬を感じながら幸せになれるナチュラルでオーガニックな暮らし方を提案。美味しい・綺麗・気持ちいいが三原則。食の裏側の話や要注意の落とし穴も経験者が語ります。

全て表示する >

【月のリズム68】冬はサトイモ、食するのみにあらず 2009/12/16

2009/12/16

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  インデックス

  1 暦の話 ・・・ 「熨斗(のし)とあわび」
  2 食材ノオト ・・・ 「サトイモ」

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

   暦・・・二十四節気:大雪(たいせつ)〔12月7日〜12月21日〕
             冬至(とうじ)  〔12月22日〜 1月4日〕

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

★暦の話★

「熨斗(のし)とあわび」

前回に続きお歳暮ネタですが・・・。
先日、お歳暮を購入した際に「のしはどうしますか?」と聞かれたので、
「お歳暮でお願いします」と言ったところ、これは間違い!なのだと
教えていただきました。

のしというのは、掛け紙の右上についている変形ひし形のものを
いうのだそうです。

これは、さかのぼること2000年、伊勢神宮では神事に
「のしあわび(熨斗鮑)」を奉納していました。
これにあやかり庶民も慶事の折に、本物の熨斗鮑には手が出ないので、
模した熨斗飾りが作られるようになり、更に簡略化して賭け紙に印刷する
ようになったものがのし紙です。

ですから、先の「のしはどうしますか?」の問いには、
「つけます」「つけません」が正しい答えになります。

のしは海産物の代用ですので、贈答品が海産物の場合は重複することに
なるのでつけないのがほんとうです。
また、慶事の印なので弔事には使わないそうです。

ずいぶん物知りになった気持ち。
のしなしであわび送ってこないかな〜。

                        (ながたけいこ)


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  ■□ 食材ノオト ・・・ ながた けいこ □■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「サトイモ」

冬は意識して旬の野菜・根菜を食べようと思う。

野菜不足と言われている現代人、野菜を食べなくっちゃと思うときに
手が出るのは、手軽な生野菜のサラダ。
それも、緑黄色野菜が身体に良いらしいということで、
トマトとブロッコリーのサラダに黄色のコーンか、かぼちゃが入っていると
完璧!と思うらしい。
コンビニで年間を通じて上位に入る売れ筋商品だという。

でも、これは大間違い。

トマトもコーンもかぼちゃも夏の野菜。身体を冷やす食材の代表格。
それに、ブロッコリーは冬が旬の野菜。両方が一緒に並ぶ献立は不自然。
子供のお弁当も然り、これでは旬のわかる子には育たない(と思う)。

根菜は調理に手間がかかる割には、地味な出来栄えなので敬遠しがち
なのだけれど、寒い時期には身体を温めて体力をつけるといわれる食材。
人参やレンコン、サトイモ、ゴボウ、ヤマイモ等、今は品種改良や、
貯蔵技術の進歩で1年中出回っているが、旬はまさに今!
やっぱり、ちょっと頑張って料理しよう。作りおきもできるし。

冬の根菜の中で、今回スポットを当てたいのはサトイモ。

サトイモの伝来は稲より古いそうだ。
東南アジアから太平洋諸島地域では、タロと呼ばれ主食にしてきたのも、
稲より早くから身近にあった食材ということだと思う。
サトイモは、山に自生するヤマイモ(自然薯)に対して、里で栽培される
イモからこの名がついたという。

サトイモは植えつけた種イモの上部にできる親イモから子イモ、孫イモが
できる。
代表的なパターンは、次の三つ。
親イモがあまり大きくならず、子・孫イモを多数増やす子イモ系、
親イモがよく太り、数は子イモ系よりも少ないけれど子・孫イモを増やす
親子兼用系、そして親イモのみが大きくなり、子イモが少なくてあまり
大きくならない親イモ系だ。
(なんとなく、自分のことと置き換えてしまうのでは?!)

日頃よく食べられているのは、初秋に絹かつぎとして食べる“石川早稲”
“土垂れ”という品種で、ねっとりした食感のもの。
お正月に使われる八頭や京イモ(たけのこイモ)、セレベス等は
ほくほく系。


サトイモは下記のような効能・利点があると『本草綱目』に記されている。
「腸胃をゆるやかにし、肌を充たし、人をして肥えてかつ色を白くする効が
あり、また魚肉とともに煮て食べると甚だしく気を下し中を調え、虚を補う。
産婦これを食すれば血を破る。」

薬膳の知識を加えて、現代人向けに翻訳すると、
「サトイモは、滋養強壮作用があり、消化器系の働きを助け便通を良くする。
水分代謝を良くし、腫瘍を抑える作用がある。ただし、消化不良で胃痛が
ある場合は控える(食べ過ぎると胃が張るので注意)。
血管を拡張させ、血液の循環をよくして、うっ血などを取り除くはたらきがある。
生は有毒物質があるので、必ず加熱調理すること」となる。

サトイモの代表的な料理はイモ煮や甘辛煮等和風のものだけれど、
それに飽きたらこんな食べ方はどうだろう。
シンプルで手間もかからないのにおいしい。

・イモの素揚げに塩または味噌(甘辛)
・ジャガイモの代わりにサトイモを使ったポテトサラダ
・チーズ焼


また、食べるだけでなく、サトイモにはイモ薬として民間療法に使われて
きた歴史がある。代表的なのはシップ薬として使う方法。

サトイモの皮を厚くむいて、おろし金でおろし、これにしょうがのおろした
ものを1〜2割くらい加えてかき混ぜ、それに、おろしたサトイモとほぼ
同分量の小麦粉を加えてよく練り混ぜる。
これを患部にシップして熱や痛みを取る。

民間療法の本によると、関節炎、打ち身、捻挫、打撲、骨折、虫刺され、
耳下腺炎、リューマチ、腹膜炎、中耳炎、臓器の炎症に効果があるという。

そのほかにもサトイモの味噌汁は肺気腫や気管支カタルによいとか、
神経痛には皮の煎じ汁がよいということなので、興味のある方は
下記の本を参考に。

「民間療法 誰にもできる」農文協編(農山漁村文化協会)

「百科 クスリになる食べ物─自宅キッチンでできる食養生」
伊藤 翠監修 日本の民間療法研究会監修 主婦と生活社編(主婦と生活社)

「食生活が人生を変える─細胞が活気づく“自然療法”の知恵」
東城 百合子著(三笠書房)


地味な存在だが、各方面に力を持っているらしいサトイモ。
同じ野菜でも旬のものは味もよく栄養価も高いというデータもある。

ひと手間かけても旬の味を満喫しよう!


 ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□ ながた けいこ □■
 ■有機野菜とオーガニック食品の会社で商品企画と営業を担当、
 ■全国の自然食品店約100店舗をまわる。その後、自然食品店の
 ■アドバイザーや自然素材のお菓子工房の通販に携わる。
 ■生産者と消費者をつなぐ視点で、食のセミナーを企画。
 ■それらの経験を元にメルマガ発行中。
 ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
□・編集後記・□
12月になると時間がさらにスピードアップして過ぎて行くように感じる。
年賀状も大掃除も積み残しのままの新年は、今年こそ脱却! 皆さま、
この1年ご愛読くださりありがとうございました。良いお年を!(な)
--------------------------------------------------------------
手帳を新しくする。今年の手帳をめくり、この一年を振り返りながら、来年
の手帳に予定を書き込む。人・モノ・コトにありがとう!と思う。(晴)
--------------------------------------------------------------
通ってた美容師さんが遠くへ行ってしまうことに! 腕はもちろん、美形で
もあり目の保養にもなってました。ああ、来年の私の髪は目はどうなる!?
今年も皆さんはじめ、いろいろな方にお世話になりました。感謝!!(絵)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

次回配信予定日:2010年1月 1日(満月)
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
発行:コマンタレブー編集部 http://www.atarimae.com/
代表:ながたけいこ
日々是ナチュラル:河井晴菜美
美しさはこころよさ:絵本まや
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆
☆月のリズムメールマガジンのバックナンバーは下記へどうぞ。
http://www.atarimae.com/
☆ご意見・ご感想はこちらへ。 mm@ atarimae.com
☆登録の解除・変更は下記ページでお願いいたします。
まぐまぐ!
http://www.mag2.com/m/0000229335.html
melma!
http://www.melma.com/backnumber_167535/
☆禁複写・転載☆
本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
Copyright(c)2009 atarimaeno-shokutaku. All rights reserved.
☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2007-03-25  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。